« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

会長からの電話

昨日、歴史能力検定協会の会長から電話をいただきました。

昨年、岩手日報に掲載された私の記事が協会の方に送られて、それで連絡をくれたようでした。

歴検を広めてくれてありがとう。これからもよろしくとのこと。会長自らわざわざご連絡いただき、こちらこそありがとうございました!

2017年1月30日 (月)

大きな「物語」

自分にとっての大きな「物語」を描け。それが生きる希望となり活力となる。

2017年1月29日 (日)

今日から公立高校入試直前講習

今日から公立高校入試直前講習が始まります。入試直前の3月5日まで各日曜日を使って行っていきます。

公立高校の推薦入試を経験した人、志望校変更を決断した人。今月は色々なことがありましたね。残すは公立高校の一般入試のみ。

過去問演習、リスニング、面接練習、そして弱点の修正。得点力は最後まで伸びるものです。 中3生の皆さん、後悔のないようできるだけのことをやっていきましょう!! 

2017年1月28日 (土)

部員10人の野球部に吉報

部員10人の野球部に吉報が届きました。岩手県立不来方(こずかた)高校の21世紀枠での選抜高校野球大会出場が決まったのです。

岩手県からは一般選考枠で盛岡大附属高校が出場することが決まっています。岩手県勢の2校同時出場は史上初とのこと。

盛附とともに不来方高校も甲子園で暴れてほしいですね。応援しています!

Aff9387a68fd47095c8c71b3f966288a

2017年1月27日 (金)

セルフイメージと成績の伸び具合との関係

セルフイメージと成績の伸び具合との間には深い関係があります。セルフイメージとは、自分自身に対して持っているイメージのことです。

生まれ持った能力差がそこまで大きいとは思えません。しかし、実際には成績に大きな差がつく。

結局、覚えられる子は、「自分は覚えられる」と思っているから覚えるまでやれる。逆に、覚えられない子は、最初から「そんなに覚えられるわけがない」と思っているからやれない。

成績に関しては、頭の良し悪しというより、セルフイメージの高い低いがかなり大きな割合を占めているという気がしてなりません。

セルフイメージは生まれた時から少しずつ周りの環境によって育まれてきたものですから、そう簡単には変えられません。

成績が振るわない子たちに対して、教える側は、ただ単に勉強を教えることに留まらず、いかにして意識改革を図れるかが問われています。

2017年1月26日 (木)

第5回白ゆりテスト実施のお知らせ

200x200_2一関学習塾から中学3年生の皆さんにお知らせです。

当塾では、2月12日(日)に、第5回白ゆりテストを実施いたします。 これが本番前最後の試験となります。入試本蕃のリハーサルの機会としてとしてぜひご活用ください。料金は3,500円です。

塾生以外も受けられますが、席には限りがございます。受験を希望される方はお早めにご連絡ください。

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2017年1月25日 (水)

「名は体を表す」というけれど

「名は体を表す」といいますが、受験の世界には明らかにネーミングがよくないものが存在します。

その筆頭は英語の「現在形」でしょう。「現在形」といってしまうと、現在のことしか表せないという印象が拭えません。しかし、少し英語を勉強した人ならご承知のように、「現在形」は過去や未来のことを表すこともできます。誤解を生みやすい「現在形」というネーミングは正直言ってよくありません。

助詞、助動詞を指す「付属語」もそうです。「付属」というと、おまけというイメージを持たれがちですが、助詞、助動詞の攻略なくして、正しい文章読解、とりわけ古文の読解は不可能です。あまり重要でないかのような印象を与える「付属語」というネーミングもうまくありません。

名前というのはよく考えてつけなければなりませんね。

2017年1月24日 (火)

塾に来る前に

小学生のうちに勉強習慣をつけることができれば、中学生になって「勉強しなさい」と言わなくても勉強をするようになります。

逆に習慣がなければ、中学になってから「勉強しなさい」と言い続ける羽目になりかねません。言い続けることで勉強をしてくれればましですが、言っても勉強をしない可能性すらあります。

これはお願いでもあるのですが、塾に来る前に勉強の習慣だけはつけさせてあげてください。「勉強はしなければならない」という漠然とした感覚はほぼすべての子どもが持っています。小学生のうちに親御さんが上手に導きさえすれば、必ず机に向かうようになります。

自分の意志ではなく「やらされている」と思いながら勉強を続けていては、勉強をする意味を見出せず、「高校に合格すること」だけが目的になり、合格してから勉強をしなくなることも考えられます。こうなってしまっては、これからの時代に社会で活躍することは難しいでしょう。

 

2017年1月23日 (月)

サボテンの花

170121_213235_2

何かを信じて生きてゆこう
この冬が終わるまで

2017年1月22日 (日)

横綱の品格

大相撲の横綱は別格の存在で、単に強いだけでなく品格が求められます。それは、大関までが人間であるのに対し、横綱は神に近い存在だからだといえるでしょう。

本来、相撲の勝ち負けに品格は全く関係ありません。勝負に役に立たない、場合によっては不利にさえなる品格を兼ね備えて、その上で勝ち続ける。それが横綱。

久方ぶりに日本人横綱が誕生しそうです。新横綱の活躍に期待します。

 

09843505

 

 

2017年1月21日 (土)

嬉しい報告メール

昨年、「大人の日本史講座」を受講していた大学4年のS・K君からメールが届きました。就職が決まったとの報告メールでした。

今後は岩手を離れ、新天地で頑張っていくとのこと。彼は今時珍しい律儀な人物です。お礼の言葉とともに、「岩井先生の下で、歴史を学べてよかったです」とも書いてありました。お世辞でも嬉しいものですね。

彼なら新しい世界でも十分やっていけると思います。就職内定おめでとう!! 成功を心より願っています!!

2017年1月20日 (金)

手放しでは喜べない

本日は、一関一高附属中学校の合格発表の日でした。

幸いなことに、うちの塾から2年連続で合格者を出すことができました。しかし、今年は昨年のように100%合格というわけにはいきませんでした。ですから、手放しでは喜べないというのが正直な気持ちです。

気休めにしかならないかもしれませんが、残念ながら不合格になってしまった全6年生に、ニクソン大統領の次の言葉を贈ります。

人間は負けたら終わりなのではない。やめたら終わりなのだ。

うまくいかないことや失敗してしまうことは誰にでもあります。 違いはその後どうするか。くじけてもうダメだとあきらめてしまう人と、その教訓をもとにどうできるかを考え、再チャレンジする人。皆さんは後者であってほしいですし、そうであることを信じます。

2017年1月19日 (木)

山頂に登った少年

長嶋茂雄さんといえば、「球場に息子を連れて行って、帰りに忘れてきた」など、そのドジや間違いだけで一本の番組が作れるほどの「伝説」の持ち主です。そのため、我々より下の世代では、長嶋さんを単なるおもしろいオジサンだと思っている人もいるくらい。

しかし、これらのエピソードは天然ボケによってではなく、野球に集中するあまり、その他のことが見えなくなってしまったために引き起こされたものだったのではないでしょうか。つまり、「長嶋伝説」は長嶋さんの凄まじい集中力の副産物だったのではないか。

アメリカの作家ジョン・スタインベックは、「天才とは、蝶を追っていつのまにか山頂に登った少年である」と語りました。

長嶋さんもきっと「山頂に登った少年」ではなかったかと思うのです。

040_2

2017年1月18日 (水)

自己評価は常に難しい

「隣の芝生は青い」ではないですが、とかく私たちは人を見て「すごい!」と思いがちです。と同時に、「この人に比べたら自分なんて」とも思いがち。しかし、実は私たち自身も別の人の目から見れば、憧れの対象になっていたりもする。

自分のことを高く評価しすぎると、他人はその人のことを高慢だと見ます。しかし逆に低く見積もりすぎると、それはそれで嫌味。

自己評価とは常に難しいものです。

2017年1月17日 (火)

V6

170117_134601昨日、歴検日本史1級の結果通知書が自宅に届きました。合格でした。

合格率は25.7%と例年並み。今回から山川出版社が問題作成に携わらなくなったのですが、1級のレベルは保たれた格好です。

個人的には6回目の合格こそ果たしたものの、90点に届いていないため、満足のいくものとはいえませんでした。日本史はそんな浅いものではない。まだまだ勉強が足りないということなのでしょう。

今後も歴検にはチャレンジしようと思いますが、博士取得で一区切りついたことですし、今年はどうするか考え中といったところです。

2017年1月16日 (月)

日本史Aに妖怪登場

2017年大学入試センター試験日本史Aの第1問に、漫画家の水木しげるさん(故人)が描いた妖怪や、アニメ「妖怪ウォッチ」のキャラクターが登場しました。

Img_946e4806eb136e66b3732917cbdf4_2

a Ⅰの妖怪のもととされている家庭電化製品が普及していく時期には、スーパーマーケットが各地に広がり、消費や生活の変化が進んだ。
b Ⅱの妖怪が登場する条件とされている電化製品が普及しはじめた頃、日本の国内産業は空洞化に悩まされていた。
c Ⅲの妖怪が発生した背景とされているバブル経済の時期には、株価が高騰した。
d Ⅳの妖怪はロボットとされているが、企業が減量経営につとめた高度成長期には、ロボットの技術の導入が進められた。

① a・c    ② a・d    ③ b・c    ④ b・d

 冷房(クーラー)の普及は60年代後半以降。一方、産業の空洞化はプラザ合意以降。
d 「減量経営につとめた高度成長期には、ロボットの技術の導入が進められた」の部分が誤り。

漫画・アニメの図版とその当時の経済動向を関連させて問う意欲的な出題。本問では、漫画・アニメに描かれた妖怪が登場する経済的背景が問われていますが、高度経済成長終焉後の経済史は受験生の学習が行き届きにくい分野であるため、センター試験にしては難しかったかもしれません。

解答 ①

2017年1月15日 (日)

第4回 白ゆりテスト

本日、塾で白ゆりテストを実施しました。受験した中3生の皆さん、お疲れ様でした。

伸びてきたとはっきりわかる人もいますが、それほど変わっていない人もいます。結果の如何にかかわらず、テスト後に配布した解答冊子を使って見直しをしておきましょう。復習を通じて、入試本番までに弱点を1つでもなくしておくことが大切です。

次回は2月12日。これが最後の試験になります。ここで自己ベストが出せるように、最後の最後まで日々の学習を抜かりなくやっていきましょう!!

2017年1月14日 (土)

小4、小5学力テスト

本日、塾で小4と小5の学力テストを実施しました。受験したのはいずれも一関一高附属中学校を志望する生徒。今から模擬試験を受ける意欲は大変素晴らしいと思います。

来年、再来年は君たちが当事者です。余裕をもってその日を迎えられるよう、これからもしっかりやっていきましょう! 私も全力でサポートします!

2017年1月13日 (金)

明日は

明日はセンター試験の初日です。と同時に、一関一高附属中学校の選抜検査の日でもあります。どちらも、うちの塾から受ける生徒がいます。

塾生の皆さん、君たちはどこに出しても恥ずかしくないだけのことをやってきました。明日は、今の自分を普通に表現してくればそれで十分です。吉報を待っています。

頑張れとは言わない。頑張ってたことは知ってるから。

2017年1月12日 (木)

入試本番が近づいてくると

入試本番が近づいてくると、口には出さずとも、ヒリヒリした緊張感が漂ってきます。そういう雰囲気が苦手だという人もなかにはいますが、私はずっとそういう中で過ごしてきたせいか、逆にダラ~ッとした空気感の方が堪えられません。

彼ら、彼女らの真剣な眼差しにふれていると、大げさに言えば、「生きている」と強く感じることができる。

もうすぐセンター試験が始まります。皆の成功を願ってやみません。

2017年1月11日 (水)

3学期とは

これから3学期が始まります。

中2生や高2生は新年度から受験の当事者になるわけですが、春からいきなり受験生モードに切り替えるのは困難です。しかし、受験にフライングはないのですから、早くスタートすればするほど有利なのは明らか。ですから、今のうちから来年度を見越して徐々に準備を始めてほしいのです。また、小学校から中学校、中学校から高校など、環境が変わる方も心構えを含め、その準備をしておいた方がよいでしょう。

3学期をただ単に短い学期とするのは常識的な考え方です。しかし、常識的な考え方では常識的な結果しか出せません。「下剋上」や「スタートダッシュ」を狙っている方は、ぜひ3学期を新年度のための準備期間ととらえ直してみてください。

2017年1月10日 (火)

小さな店であることを恥じることはない

Img18817936zik4zj_2小さな店であることを
恥じることはないよ
その小さなあなたの店に
人の心の美しさを
一杯に満たそうよ
 

この詩を知ったのはたしかびっくりドンキー。入り口付近に掲げてあった色紙が目に入り、妙に心に残りました。

経営者には、拡大志向の人とそうでない人の二種類あるように思います。

私は典型的な後者型ですが、もちろん前者を否定しようとするものではありません。商売は儲からないといけませんし、いくら志が高くても潰れたら意味がありません。

多店舗展開、一部上場、大いに結構だと思います。しかし、利益追求が何にもまして優先されるようでは危ない。美しい心をなくしたくないものです。

2017年1月 9日 (月)

私が客観式の試験から学んだこと

私が客観式の試験から学んだことは、ベターなものを選ぶ姿勢が肝要だということです。それが結果的にベストなものになるのです。

これは何も客観式の試験だけに限ったことではないと思います。

2017年1月 8日 (日)

冬期講習B日程が終了しました

一関学習塾の冬期講習B日程が終了しました。欠席者もなく、無事終えられたことに感謝申し上げます。ありがとうございました!

この後の夜の時間帯、私立高校の推薦入試を受ける生徒が面接練習にやって来ます。もう少しだけ頑張ろう! 

2017年1月 7日 (土)

古文は現代文と異なるから古文という

古文は現代文と異なるから古文というのです。現代語と同じ意味なら問題にはなりません。

したがって、「ありがたし」を「感謝する」、「おどろく」を「びっくりする」、「こころざし」を「あることをしようとする気持ち」だと思っているようでは話にならない。

ゆめゆめお忘れなきよう。

2017年1月 6日 (金)

「正しいものを選べ」と「誤っているものを選べ」

正しいものを選ぶのも誤っているものを選ぶのも大差ないように思うかもしれませんが、正しいものを正しいというのは、実はかなり大変なことです。反対に、正しくない点を指摘することは易しい。ですから、「誤っているものを選べ」よりも「正しいものを選べ」を解くときの方がより慎重さが求められます。

問3 下線部ⓒ(日本経済の不況が慢性化)に関連して、第一次世界大戦後の日本経済について述べた文として正しいものを、次の①~④から一つ選べ。(2014年 センター日本史)
① 金融恐慌に際して、モラトリアム(支払猶予令)が発せられたが、恐慌は沈静化しなかった。
② 鈴木商店が経営破綻し、これに巨額の融資を行っていた台湾銀行が経営危機におちいった。
③ 首相の失言をきっかけに、銀行への取付け騒ぎがおこり、昭和恐慌がはじまった。
④ 浜口雄幸内閣が断行した金解禁の結果、輸出が増大して景気が回復した。

問5 下線部ⓔ(アジア太平洋戦争)に関して述べた文として誤っているものを、次の①~④から一つ選べ。(2014年 センター日本史)
① 沖縄戦では、ひめゆり隊など女子生徒の看護要員から多くの死者が出た。
② 未婚女性からなる女子挺身隊が、軍需工場に動員された。
③ 鈴木貫太郎内閣のもと、諸政党が解散し、大政翼賛会が結成された。
④ サイパン陥落以後、そこを基地とした本土空襲が本格化した。

問3 ①誤。モラトリアムによって収拾した。③誤。首相を蔵相に、昭和恐慌を金融恐慌に置き換えると正文となる。④誤。輸出は減少し、景気は悪化した。

問5 ③誤。大政翼賛会が結成されたのは、第2次近衛文麿内閣のとき。

解答 問3 ②  問5 ③

2017年1月 5日 (木)

センター試験までのわずかの時間で何をすればよいか

センター試験まであとわずか。今からの時間で何をすればよいでしょうか。

「今さらやることはない」というのはよほど余裕のある人でない限り、本番で失敗してしまうパターンです。最後までできるだけのことをやりましょう。

おすすめは本試験の見直しです。当然すでに過去問は解いているでしょうが、もう一度見直しをしてください。 理由は二つあります。

一つは、類題がまた出題される可能性があることです。もう一つは、間違った問題を丁寧に分析することが得点力の底上げになるからです。

単なる○×式の勉強に終わることなく、過去に出題された設問及び選択肢の周辺知識を再確認してください。加えて、「なぜ間違ったのか」をきちんと分析してください。間違った理由は知識不足だけとは限りません。これらをしっかり行っておけば、各教科で5点前後は変わるはずです。

2017年1月 4日 (水)

今日から冬期講習B日程が始まる

今日から冬期講習B日程が始まる。

毎年のことだが、ここから高校入試が終了するまでの間、私の休みはない。

2017年も頑張っていきまっしょい!!

Illust434_2




2017年1月 3日 (火)

私の誇り

中学受験をするわけではない。あるいは私立高校専願だけど、うちの塾に通ってくれている生徒たちがいる。このことは私の誇りです。

上位校を目指すことだけがすべてではないですし、それだけが塾の役割だとも思いません。

受験以外のところに勉強の意味を見出す。ある意味、それは理想の姿なのかもしれません。

2017年1月 2日 (月)

早稲田大学競争部

あまり知られていないかもしれませんが、早稲田大学競争部は毎年、一関市花泉町で合宿を行っています。また、早稲田大学では長く歴史検定やその表彰式が行われてきました。

近年、「大学駅伝といえば青学」という時代が続いていますが、主に上記の理由から、私は早稲田大学に親近感を抱いています。今年の箱根はぜひ早稲田に総合優勝してほしい。個人的にはそう願っています。

Inst_logo

2017年1月 1日 (日)

2017年新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

今年も一関学習塾をよろしくお願いいたします。

                                  代表  岩井 竜

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »