« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

大学受験生の絵馬奉納

ブログに書くのが遅れましたが、冬期講習前に大学受験生の書いた絵馬が湯島天神に奉納されました。東京に住む友人の協力に感謝です。ありがとう!

Img_1614
年が明けたら2週間でセンター試験。私大の入試も約1か月後には始まります。残り日数も少なくなってきましたが、大学受験生の皆さん、最後の最後までできるだけのことをしていきましょう!!

学問の神様は努力する者に必ず味方してくれます。

2016年12月30日 (金)

冬期講習A日程が終了しました

一関学習塾の冬期講習A日程が終了しました。今年はこれで仕事納めです。

A日程は、外部生も含め、特に多くの皆さんが参加してくれました。外は寒かったですが、教室内の熱気はすごいと感じました。一人ひとりがよく頑張っていたと思います。

来年もまた、お互いに元気な姿で会いましょう! ありがとうございました!!

2016年12月29日 (木)

岩手日報「ひと」欄に取り上げていただきました

岩手日報「ひと」欄に取り上げていただきました。 同欄への取材依頼は全く予想していなかったことだったので嬉しかったです。

昨日、記者さんが新聞を塾に直接届けてくださいました。読むと、記事の中で歴検日本史博士のことのみならず、このブログのことなどにも触れていただいており、大変ありがたかったです。

また何かあったらよろしくお願いします!

2016年12月28日 (水)

漢字辞典の引き方

漢字辞典を使うときには、その漢字について「どんなことがわかっているか」によって引き方を使い分けます。

① 音訓さくいん
その漢字の読みが1つでもわかっている場合は、「音訓さくいん」を使います。

② 部首さくいん
部首がわかる場合は、「部首さくいん」を使います。部首は画数の少ない順に並んでいます。

③ 総画さくいん
その漢字の読みも部首もわからない場合に使います。自分でその漢字の画数を正確に数えて調べます。

なお、漢字辞典とは単字の意味を調べるのに使われる辞典のことだが、漢和辞典では単字の意味だけではなく、その単字の使い方も調べることのできる辞典のことを指すという違いがあるようです。参考までに。

2016年12月27日 (火)

整序英作文の手順

整序英作文は、センター試験から難関大学まで多くの試験で出題される問題形式です。その整序英作文の手順について考えてみたいと思います。

1 覚えた熟語や構文を利用して組めるところから組む

2 文型・文法の知識に基づいて全体を組み立てる

3 日本語に訳しておかしくないか確認する

この手順でやれば、センター型の日本語の与えられないタイプの問題も含め、ほとんどのものを解くことができます。できないとすれば、語彙力か構文力か文法力のいずれか、またはすべてに足りないところがあるということ。そのような場合は、まずしっかり基礎力を固めることに専念しましょう。生兵法は大怪我のもとですから。

整序作文攻略のカギは、究極的には英作文の力をつけることに尽きます。選択肢がなくても正しい英文が作れるかどうかを意識しながら、日頃の学習を進めていきましょう。

2016年12月26日 (月)

今日から冬期講習A日程が始まります

今日から冬期講習A日程が始まります。

参加する皆さん、頑張りましょう! 私も最善を尽くします!

Freeillustrationsnowman12_2


2016年12月25日 (日)

ある塾生の保護者の方からいただきました

ある塾生の保護者の方からいただきました。クリスマスだからでしょうか?

これを飲んで、明日からの冬期講習も頑張りたいと思います。ありがとうございました!!

161224_212924

2016年12月24日 (土)

イチロー杯にて

「人との比較ではなくて、自分の中でちょっとだけ頑張ってみる」

「続けていくと、思ってもいなかった自分になる」

今年も名言が飛び出しました。大リーグで活躍するイチロー選手が大会会長を務める少年野球大会第21回イチロー杯閉会式。

イチロー選手は、199チームから勝ち抜いた上位3チームの選手一人ひとりに声をかけながら、メダルを手渡し、熱く激励しました。

野球をしている人はもちろん、そうでない人にも大いに参考になると思います。

2016122301001297

2016年12月23日 (金)

第4回白ゆりテスト実施のお知らせ

41757672_220x220一関学習塾から中学3年生の皆さんにお知らせです。

当塾では、1月15日(日)に、第4回白ゆりテストを実施いたします。 志望校の最終決定及び入試のシミュレーションの機会としてとしてぜひご活用ください。料金は3,500円です。

塾生以外も受けられますが、席には限りがございます。受験を希望される方はお早めにご連絡ください。

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2016年12月22日 (木)

授業ノートのつくり方

ノートは自分が見直すために使うものです。ですから、「キレイなノート」を目指す必要はありません。それよりも、自分にとって大切なことや覚えておきたいことをしっかりメモしておくことが重要です。板書だけでなく、それらも残し、「使える」ノートを目指しましょう。

オリジナルの書き込みをするためには、行間を空ける、右ページをわざと空けておくなど、余白をとってノートをつくることがポイントです。また、「重要なポイントは☆をつける」「まとめや言い換えは = でつなぐ」など、自分なりのルールをつくっておくと、視覚的にわかりやすくなります。

こうしてつくった授業ノートは、世界に1冊だけのものですから愛着もわくはずです。きっと定期テスト前にあなたの強い味方になってくれることでしょう。

2016年12月21日 (水)

必要ないものは捨てる

志望大学が決まり、入試に必要な教科・科目が決まったら、それ以外は徹底的に捨てましょう。こんなことを言うと怒られるかもしれませんが、必要のない科目にまで手を出すのは、浮気と同じです。

現役生は定期考査がありますから完全に捨てることはできないでしょうが、受験で使わない教科・科目は赤点にならなければそれで十分です。何から何まで力を入れて取り組むことはできません。軽重をつけて、受験勉強の邪魔にならないよう、うまく切り抜けましょう。

志望校が決まったら、合格という目標に向かって、必要なことだけにエネルギーを集中しましょう。後ろめたさを感じる必要は全くありません。入試が終わってから、教養のために他の勉強に手をつけたって遅くはないのですから。

 

 

2016年12月20日 (火)

最後まで望みを捨てなかった者にのみ道は開ける

最後まで望みを捨てなかった者にのみ道は開ける。

いいセリフだったと思う。受験生とともに胸に刻みたい。

2016100200010000dmenueiga000view_3





2016年12月19日 (月)

ヒューマンリレーションの困難さ

手塚治虫はマンガだけでなくアニメにおいても創始者といってよい人です。

が、マンガはともかくアニメ製作では、そんな手塚でさえ苦悩しました。手塚を悩ませたのはヒューマンリレーション、つまり人間関係でした。

マンガは一人でも書けますが、アニメは比較にならないほど大勢の人間が関わります。そして、それに見合った予算を出してくれるスポンサーがつきます。そうなると、いくら作者でもどうにでもなるものとはいかなくなるのです。それはアニメのストーリーにまで影響しました。

ヒューマンリレーションの困難さ。社会で生きていく限り、これとはずっとつきあっていかざるをえないのでしょう。

20081112054454

2016年12月18日 (日)

大学受験生へ応援メッセージ

来年1月14,15日の大学入試センター試験まで約1カ月。いよいよ受験シーズンが近づいてきました。

ラジオ番組で受験生を励ましている女優の広瀬すずさん(18)の応援メッセージを紹介します。同じ内容でも、おじさんの言うことより同世代のかわいい女性に言われた方 O06000600c4ca4238a0b923820dcc509a_3 が心に響くでしょうから。

 受験生の皆さん

 無理しすぎず、だけど、少し無理をして、

 後悔しない日を迎えられるように、今!

 頑張りましょう!

 応援しています!

2016年12月17日 (土)

今日の岩手日報に私の記事を載せていただきました

岩手日日に引き続き、今日の岩手日報にも私の記事を載せていただきました。取材が5日だったので少し間が空きましたが、大きく取り上げていただき感謝です。

19日に「ひと」欄の取材を依頼されました。またよろしくお願いします!

2016年12月16日 (金)

待つのも仕事のうちではあるけれど

待つのも仕事のうち。頭ではそうわかっていても、精神的にきつくなるときがあります。

思い通りにならない状況を楽しめる人たちがいますが、彼らが羨ましい。そんな心境に一度でいいからなってみたいものです。

2016年12月15日 (木)

人間が最も恐い

原発事故のため、やむを得ず福島から引っ越してきた子をいじめる。

お化けよりも、ジェットコースターよりも、人間が最も恐い。

2016年12月14日 (水)

夢の背中

試験会場に向かう息子に、「いってらっしゃい」とお母さんがカロリーメイトを手渡す。

歩き出す息子を心配そうに見守るお母さん。そこから息子が頑張ってきた一年間の回想シーンが。息子が終始うしろ姿なのはずっと見守ってきたお母さんの視点ということでしょうか。

「頑張れとは言わない。頑張ってたことは、知ってるから」

私自身も、模試の昼食の定番は缶コーヒーにカロリーメイトでした。思い出すなぁ。昨年のもそうでしたが、カロリーメイトはいいCMをつくりますね。


2016年12月13日 (火)

個人塾のつらいところ

体調がいまいちだったので、病院に行ってから塾へ。早く回復しないと!!

コンディションが優れなくても休めない。個人塾のつらいところ。

2016年12月12日 (月)

小6生の絵馬奉納

一関一高附属中学校を目指す小6生が書いた絵馬を、東京に住む友人にお願いして、湯島天神に奉納してきてもらいました。ご協力に感謝です。ありがとうございました!

その様子がFBにもあがっています。よかったらご覧ください。

小6生の皆さん、願いを叶えられるよう、最後の最後までできるだけのことをしていきましょう!!

7516eac7d2000746a27aab92787530580e3

C431469dd881aab1a09c98f72a7d396f1_2





2016年12月11日 (日)

昨日は公中検模試、今日は学力テスト

昨日は公中検模試、今日は学力テストを塾で実施しました。受験した皆さん、お疲れ様でした。

点数も大事ですが、それよりも、試験を受けて見つかった各自の課題を、本番までに一つでもなくしていくことの方がもっと大事です。得点力は最後の最後まで伸びるもの。あきらめず、気を抜かず、やれるだけのことをやっていきましょう!!

2016年12月10日 (土)

天才とは

一般に、天才とは普通の人の能力にプラスして何かができる人のことだと思われています。しかしそうではなく、天才とは欠落と同義なのではないでしょうか。

モーツァルトなど天才と呼ばれた人たちの生涯をみていると、何かに突出しているということは何かが欠けていることだという思いを強くします。

2016年12月 9日 (金)

新聞に掲載されて以来

塾周辺の店で買い物をすることがあるのですが、新聞に掲載されて以来、店員さんに声をかけられることが多くなりました。

お誉めの言葉をいただくと、私も人間ですから嬉しい気持ちになります。と同時に、下手なことはできないなという引き締まった気持ちにもなります。

地元で塾をやっていくというのは、たぶんそういうことなのでしょう。

2016年12月 8日 (木)

いただいた御著書から

歴検修士・博士授賞式の後に懇親会があり、その際に日本史・世界史ともに博士となられた方から御著書をいただきました。遅ればせながら今それを読んでいます。

予想はしていましたが、その読書量の豊富さ、博識ぶりが伝わってきて、相当勉強された方なんだなぁという思いを新たにしています。著者は現在50代の方ですが、自分も同じくらいの年齢になったときここまでになれているかは疑問です。

「役に立つことのみを重視する考え方は、本来の人のあり方からすれば異質。人間の経済活動において効率ばかりを優先してきた結果が、今の深刻な社会現象や自然環境の破壊につながっているのではないだろうか」というメッセージも明確で、よく理解できました。

学問は本質的には「遊び」です。結果的に何かの役に立つ場合もあるでしょうが、本来は学ぶこと自体が目的。そのことを改めて教えられた気がしました。

2016年12月 7日 (水)

荒川博氏死去

プロ野球巨人の元コーチで、王貞治氏に「一本足打法」を指導した荒川博氏が4日午後、心不全のため東京都内の病院でお亡くなりになりました。86歳でした。

昭和37年7月1日。荒川コーチは、その日一本足でホームランを打ったあとのロッカールームで、王にこう言います。

「お前、今日で運をつかんだんだよ。一本足で運をつかんだんだよ。これを絶対に逃しちゃだめだ。この運を逃さないために今まで以上に練習しような。今日帰って、今まで以上に練習しような」

偶然の幸運を必然の運命に変えていく力。「世界の王」誕生の背景には、荒川氏がいたのです。

8d0a9dab82708d5489ac4bb5487c6063300

2016年12月 6日 (火)

かつての教え子からの電話

昨日の新聞を見て、かつての教え子が電話をかけてきてくれました。

当時、私は25歳。電話をくれた現在の彼よりも若かったわけです。そんなに時間がたったのかなぁという感じ。

思いがけない電話に驚きましたが、嬉しかったです。15年以上前の教え子が今でも連絡をくれる。教師冥利に尽きますね。

2016年12月 5日 (月)

今日の岩手日日に私の記事を載せていただきました

今日の岩手日日に私の記事を載せていただきました。思ったよりも大きく取り上げていただき、感謝感謝です。また何かあったらよろしくお願いします!

歴史に興味を持ったり歴検のことを知る人がもっと増えてくれたら嬉しく思います。

2016年12月 4日 (日)

塾生全員の三者面談が終わりました

今日、塾生全員の三者面談が終わりました。

生徒に関する情報交換を行ったり、ご家庭の皆さんと直接お話をすることのできる貴重な機会をいただきました。

ご協力に感謝いたします。ありがとうございました。今後の指導の参考にさせていただきます。

2016年12月 3日 (土)

「三角食べ」をめぐって

私と同世代の方ならご存じでしょうが、小学校の給食指導として、「三角食べ」というものがありました。

「三角食べ」とは、ご飯やパンなどといった主食と、飲み物(汁物や飲料)と、おかずとを、順序よく食べる方法のことで、その軌跡が三角形を形作ることからこう呼ばれます。

個人的な意見を言わせてもらえれば、一品ずつ食べていったとしても、それで体に悪いということはないでしょうし、「三角食べ」をしなくても何の問題もないと思います。

あまり母校のことを悪く言いたくはありませんが、地方の伝統校、進学校には「国公立至上主義」が根強く残っています。 ずば抜けてできる教科があるができない教科もあるという生徒より、ずば抜けてできる教科はなくても全教科が平均を上回るような生徒の方を評価する。言い換えれば、ある分野では突出した能力を発揮するスペシャリストより、与えられた指示は何でもそこそここなせるジェネラリストを養成しようとする傾向が強い。

穿った見方かもしれませんが、長きにわたって「三角食べ」が推奨されてきたのは、学校特有のバランス志向、ジェネラリスト志向のせいなのではないか。そう疑いたくなるほどです。

 

2016年12月 2日 (金)

ホームページに無料体験学習お問合せフォームができました

一関学習塾のホームページに無料体験学習お問合せフォームができました

体験授業は随時受け付けていますが、「いきなり電話するのはちょっと…」という方は遠慮なくご活用ください。

2016年12月 1日 (木)

一関テレビさんに取り上げていただきました

放送はもう終わっていますが、歴検日本史博士の件で一関テレビさんに取り上げていただきました。

テレビに関しては全くの素人なのでどういう風に使われるのかと思っていましたが、予想以上に長く取り上げていただき、編集もさすがプロの仕事だなと感心いたしました。

また何かあったらよろしくお願いします。ありがとうございました!

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »