« 小6、高3の三者面談が終わりました | トップページ | かんしん »

2016年11月 1日 (火)

背番号「15」が永久欠番に

今季限りでの現役引退を表明した黒田博樹投手の背番号「15」を永久欠番とすることが決まりました。広島では山本浩二の「8」、衣笠祥雄の「3」に次いで3例目。

松田元(はじめ)オーナーは「成績だけでなく、一般社会にも影響力があったし、これまでの価値観を覆した。球団の歴史、後世にキッチリと残さなければならない」と話しました。

黒田投手は私と同学年。同学年の選手が引退するのは寂しいですが、その雄姿は永遠に語り継がれていくことでしょう。

6

« 小6、高3の三者面談が終わりました | トップページ | かんしん »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背番号「15」が永久欠番に:

« 小6、高3の三者面談が終わりました | トップページ | かんしん »