« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

公中検模試で全国1位が出ました

月曜日、先日塾で実施した公中検模試11月号の結果が届きました。

全員、予想よりも好成績でした。なかでもいい意味で驚いたのが、うちから全国1位の生徒が出たことです。幸いなことに、昨年も学力テストでは全国1位を出すことができたのですが、まさか公中検模試で全国1位が出るとは。

公中検模試は、一関一高附属中のような公立中高一貫校を受ける人用の模試で、形式も難易度も本番のそれに近いものです。したがって、高い理解力や読解力、表現力等が身に付いていないと高得点を取ることは難しい。

この成績は大いに自信にしてよいと思います。私も誇らしい気分です。しかし、模試で合否が決まるわけではありませんし、漢字のミスなど修正すべき点もあります。最後まで気を抜かずに、最善の努力を続けていきましょう!!

2016年11月29日 (火)

2016年歴検日本史1級を受けての感想

今年の歴検1級日本史の感想を述べます。

会長の話によると、今回から山川出版社が問題作成に携わらなくなったそうなのですが、早慶以上、国立二次試験並みという、近年のレベルを保っていたように感じました。とりわけ記述問題に難問がそろっていたように思います。

自己採点をしてみました。論述問題の出来次第ではありますが、昨年と同程度の得点となりそうです。合格点はクリアできていますが、目標には及ばなかったという意味では反省が残ります。

瞬間的に判断しても間違えない力や知識の精度をもっと高める必要がある。世界史を含めた幅広い理解も必要。課題が見つかるということはまだ伸びる余地が残されているということだと前向きにとらえ、今後も勉強を続けていこうと思います。

2016年11月28日 (月)

歴史能力検定修士・博士授賞式

昨日、学習院大学で歴史能力検定修士・博士授賞式がありました。

歴検1級に3回合格すると修士、5回合格すると博士に認定されます。今回、私は日本史博士に認定されました。岩手では初だそうです。

歴検1級は合格率でいうと20~25%くらいですが、年によっては10%台、時には1ケタ台になることもあります。ですから、合格するのはそう簡単なことではありません。

試験は年1回のみの実施なので、博士になるまで少なくとも5年はトップレベルの実力を維持しなければならず、したがって付け焼刃的な勉強では到底届かない。そういう意味ではこの称号には重みがあります。

博士には、塾・予備校の講師(実際、昨日も某有名予備校の先生が表彰式に来ていました。しかも社会科ではない!)、高校教師、経営者、医者が多く、講演活動をなさったり著書を出されている方々もおられます。

全国にはすごい人たちがいる。刺激をもらい、私もまだまだだなぁと心から思えた。そんな一日でした。

161128_144806

2016年11月27日 (日)

帰って来ました

歴検1級受験と博士の表彰式を終え、一関に帰って来ました。

書きたいことがいくつかあるのですが、今日は疲れているのでまたあとで。

2016年11月26日 (土)

久々に東京へ

今日、久々に東京へ行きます。日曜日に歴検と日本史修士の表彰式があるからです。場所は学習院大学。再会できる方もいるでしょうから楽しみです。

というわけで、文書等でお知らせした通り、今日の塾はお休みです。ご了承ください。

Tokyosta_fromshinmarubuilding

2016年11月25日 (金)

定期テストで失敗してしまうという人は

定期テストで失敗するのは、普段から机に向かう時間が少なかったり、机に向かってはいても集中していなかったりと、勉強の習慣がない人が多いです。

たとえば、勉強をするはずだったのに遊びに行ってしまう人。「最低でも〇時から△時までは勉強する」と、守れそうな目標を決めてみるのはどうでしょう。

机に座りはするけれどはかどらないという人は、周りに気が散るものが置いてありませんか? マンガやスマホなどは一時的にでも手の届かないところに封印しましょう。親御さんから勉強の様子が見えるリビングや、周りがみんな勉強している塾や図書館などで勉強するという方法もあります。

ただ単に「前回は勉強できなかったから今回はがんばろう!」では、いつまでも同じことを繰り返してしまいます。原因を具体的にして、対策を立てましょう。

 

 

2016年11月24日 (木)

中3学力テスト12月号

40105315_220x220_3一関学習塾から中学3年生の皆さんにお知らせです。

当塾では、12月11日(日)に、中3生対象の学力テスト(育伸社模試)を実施いたします。 入試に向けて実戦力を養うとともに、冬休みの学習計画を立てる機会としてとしてぜひご活用ください。料金は3,500円です。

塾生以外も受けられますが、席には限りがございます。受験を希望される方はお早めにご連絡ください。

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2016年11月23日 (水)

公中検模試12月号実施のお知らせ

一関学習塾から小学6年生の皆さんにお知らせです。

当塾では、12月10日(土)に、小6生対象の公中検模試を実施いたします。今回が、一関一高附属中学校選抜検査前最後の模試となります。附中を志望される方は、本番のシミュレーションの機会としてぜひご活用ください。料金は4,700円です。

塾生以外も受けられますが、席には限りがございます。受験を希望される方はお早めにご連絡ください。

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2016年11月22日 (火)

彼女たちの決断

アイドルグループ・乃木坂46の中心メンバー橋本奈々未が、Berryz工房として活動していた“ももち”こと嗣永桃子が芸能界からの引退を発表し、話題を集めています。

基本的にアイドルはその時代の“旬”。一瞬で消費されていき、後ろには次の商品であるアイドルが延々と控えている。その厳しさをよく知っているからこそ、彼女たちは“引退”の決断をしたのかもしれません。

ある意味で、彼女たちはとてもいさぎがいいし、冷静な判断を下したともいえます。元アイドルたちの新たな世界での活躍を祈ります。

2016年11月21日 (月)

金田一

横溝正史の推理小説に登場する名探偵・金田一耕助の名は、岩手出身の言語学者・金田一京助の名がもとになっていることはよく知られています。

横溝は、当初、自身がファンでもある劇作家の菊田一夫から「菊田一○○」とつけようとしていました。ところが、これは菊田に失礼だろうということで取り止めに。代わりに、ちょうどそのころ横溝が住んでいた東京・吉祥寺の隣組にいた「金田一安三」から、「菊田一(きくたいち)」とよく似た「金田一(きんだいち)」が採用されることになったのです。また、安三が著名な言語学者・京助の実弟だということを知ると、「京助」の方も拝借。こうして、かの有名な「金田一耕助」が誕生したのです。

京助の息子である春彦は、生前、「金田」と読み間違えられることが多い「金田一」姓をメジャーにしてくれた横溝に、「千金を積んでもいい」と感謝していたということです。

2016年11月20日 (日)

各教科のバランスを!

受験勉強を進めていく際に大事なのは各教科のバランスをとることです。

たとえば、「数学が苦手だから数学ばかり勉強する」とか、「日本史が好きだから日本史ばかり勉強する」というような偏った時間の使い方をしないようにしましょう。英語は文系、理系どちらにとっても必要ですから、英語を重視するのはかまいませんが、それとて限度というものがあります。

偏った勉強の場合、どれだけ勉強しても、その教科は得意になりますが、勉強していない教科の成績は上がりません。当たり前ですが、入試は1教科で決まるわけではありません。各教科のバランスが悪いと不合格になる危険性が高まります。

受験勉強では、苦手教科をつくらないということが非常に大切です。特に、国公立大学を目指す方は気をつけてください。

2016年11月19日 (土)

ペレの日

ブラジル代表のエース、ペレが1000得点目のゴールの偉業を達成したのが1969年の今日、11月19日です。その決定的瞬間を見守ろうとスタジアムには多くの観客が押し寄せ、偉業を祝うカーニバルも開催。そして6万5千人が見守る中、ペナルティキックを獲得したペレが見事得点。試合は中断し、大歓声の中、ペレへのインタビューが行われたそうです。

ペレは1977年の引退までに通算1281本ものゴールを決め、数々の伝説を残しました。

Imgrc0062168749

2016年11月18日 (金)

本日、東北学院大学推薦入試の合格発表がありました

本日、東北学院大学推薦入試の合格発表がありました。

うちの塾からも受験した生徒がいました。結果は合格。今年度の合格第1号です。私もほっとしました。

この1か月、現代文と小論文を集中的に練習し、仕上げをはかってきた成果が出ましたね。おめでとう!!

合否には関係ないのですが、彼はセンター試験も受けます。今度はそれに向けて、塾に残って勉強を続けます。

合格したら勉強をやめてしまうのではなく、合格後も勉強を続ける。ひいき目もあるかもしれませんが、このような人こそ真に大学生になるにふさわしい人物だと、私は思います。

3068_02_2

2016年11月17日 (木)

どれだけ史料を読み込んでいるか③

歴史の「史」とは史料の「史」。したがって、本来、史料学習を無視した歴史学習はありえません。このことは、歴検はもちろん大学入試にもいえることです。

問 下線部(御成敗式目)に関して述べた次の文X・Yについて、その正誤の組合せとして正しいものを、下の①~④のうちから一つ選べ。(2012年 センター本試)

X 頼朝以来の先例や、当時の武士たちの間で重視されていた道理にもとづいて制定された。
Y 律令や公家法を否定すべきものとして制定された。

①X 正 Y 正  ②X 正 Y 誤  ③X 誤 Y 正  ④X 誤 Y 誤 

教科書にも記載されている「式目制定の趣旨」(泰時消息文)を読み込んでいれば易しい。御成敗式目は律令や公家法を否定していないので、Yは誤り。

解答 ②

2016年11月16日 (水)

どれだけ史料を読み込んでいるか②

歴史の「史」とは史料の「史」。したがって、本来、史料学習を無視した歴史学習はありえません。このことは、歴検はもちろん大学入試にもいえることです。

問 下線部(豪族の田荘・部曲を廃止)に関連して、田荘・部曲のかわりに「大夫」以上の豪族に給付すると「改新の詔」に規定されたもの名称を、漢字2字で記せ。(2011年 歴検日本史1級)

646年正月に出された「改新の詔」をどこまで読み込んでいるかをダイレクトに問うた問題。「改新の詔」は基本史料かつ頻出史料でもあるため、これは難問の部類には含まれません。むしろ、1級を受けるくらいの人にとってはサービス問題だったといえるでしょう。

解答 食封

2016年11月15日 (火)

どれだけ史料を読み込んでいるか①

歴史の「史」とは史料の「史」。したがって、本来、史料学習を無視した歴史学習はありえません。このことは、歴検はもちろん大学入試にもいえることです。

 

7世紀における倭(日本)の対中国外交方針について述べた次の文章を読み、あとの問いに答えなさい。(2014年 歴検日本史1級)

 

607年に派遣された遣隋使が提出した国書には、「(  )」と記されていた。記録によれば、(a)隋の皇帝煬帝は「無礼なる有らば、復た以て聞する勿れ」という反応をみせたという。しかし、倭はそのまま引き下がったわけではなく、翌年、ふたたび隋に送った国書の文面は次のようになっていた。

 

  東の天皇、敬みて西の皇帝に白す。使人鴻臚寺の掌客(  )等至りて、久しき憶ひ、 
  方に解けぬ。季秋、薄に冷し。尊、何如に。想ふに清悆にか。此は即ち常の如し。今、
  大礼(  )・大礼乎那利等を遣して往でしむ。謹みて白す。具ならず。
                                              (『日本書紀』)

 

(以下略)

 

問1 空欄(  )に当てはまる史料文として正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
① 自ら使持節都督倭・百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓七国諸軍事安東大将軍倭国王と称す
② 昔より祖禰躬ら甲冑を擐き、山川を跋渉して寧処に遑あらず
③ 日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無きや、云云
④ 夫れ天下の富を有つ者は朕なり。天下の勢を有つ者も朕なり

 

問2 下線部(a)に関連して、隋の皇帝煬帝がこのような反応をみせた背景について述べた文として正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
① 隋は、周辺諸国の国王の派遣する使節が朝貢してきた場合にのみ貿易を許し、一方で一般の中国人による海上貿易などを禁止する政策をとっていたが、倭の主張はこれに反するものだった。
② 中華を自認する隋は周辺諸国を文化の劣った野蛮な国とみなし、それらは諸蕃・夷狄などと総称されていたが、倭の主張は、そうした華夷思想に従ったものとはいえなかった。
③ 倭の使節は、古くからずっと新羅は倭の朝貢国であると主張し、隋の皇帝の眼前で催された儀式の場で席次をめぐって新羅と激しく争った。
④ 国家の保護・統制を受けていた当時の仏教は、仏教理論の研究をつうじて国家安泰の要求にこたえることが重要だったにもかかわらず、倭はそうした理解が不十分なまま、mん館への布教を容認していた。

 

問3 空欄(  )に当てはまる人名を、漢字3字で記せ。

 

問4 空欄(  )に当てはまる人名を、漢字3字、もしくは漢字4字で記せ。

 

どの問題も、どれだけ史料を読み込んでいるかが問われています。歴検受験者は、少なくとも教科書に載っているような基本史料は深く読み込んでおくべきです。ただし、問4は漢字4字で答えられれば十分。小野妹子の中国名まで覚えておく必要はないでしょう。

 

(解答) 問1 ③  問2 ②  問3 裴世清  問4 蘇因高(小野妹子)

 

 

 

 

 

 

2016年11月14日 (月)

続・年号

年代を表すのに、日本には西暦の他に年号がありますよね。ですから、歴検日本史ではこんな問題が出題されたことがあります。

次の文章は、2010年12月2日付夕刊の『朝日新聞』に掲載された、二つの「倭寇図巻」に関する記事(渡辺延志執筆)の一節である。これを読み、あとの問いに答えなさい。(2014年 日本史1級)

Tky201012020278_3…(略)…二つの絵巻の冒頭に出てくる倭寇船は、中国国家博物館本が「(  )三年」、東京大学本は「(  )四年」の旗を掲げていた。( ア )は日本の年号で、四年は1558年、……中国では倭寇の被害が最も激しかった嘉靖30年代に当たる。

問 空欄(  )にあてはまる年号として正しいものを、次の①~④のうちから一つ選べ。     
① 文保  ② 応永  ③ 天文  ④ 弘治

「( ア )は日本の年号で、四年は1558年」の部分が最大のヒント。文保の和談(1317)、応永の乱(1399)、天文法華の乱(1536)などから、④が正解だと推測したいところです。

( ア )を覚えておく必要はありませんが、有名な事件や出来事に関しては年代とセットで押さえておくべきでしょう。

解答 ④

2016年11月13日 (日)

公中検模試11月号を実施しました

本日、塾で公中検模試11月号を実施しました。受験した皆さん、お疲れ様でした。

これまでも練習してきましたが、直前講習・冬期講習を含め、これからさらに本格的に作文や総合問題に取り組んでいきます。繰り返す中で時間配分や答案作成のコツを体得していきましょう。

各自の課題をクリアしていきながら、皆が合格に一歩でも二歩でも近づていくことを願っています!

2016年11月12日 (土)

高校生は今、テスト期間です

一関市内の高校は、今週から来週にかけてテスト期間。

したがって、高校生には今、授業というよりは自習という形でテスト勉強をさせていますが、それでも十分成立する。

質問や要求があればしてくるし、なければ黙々と必要な勉強に集中している。

本来自立型学習とはこういうものだし、さすがだなぁと思う。これで結果もよければ何も言うことはありません。

2016年11月11日 (金)

『聖の青春』

将棋は病院のベッドで生活する少年にとって、限りなく広がる空であった。

少年は大きな夢を思い描き、青空を自由にそして闊達に飛び回った。それははるかな名人に続いている空だった。その空を飛ぶために、少年はありとあらゆる努力をし全精力を傾け、類まれな集中力と強い意志ではばたきつづけた。

強くなりたい。勝ちたい。名人になりたい。その純粋な気持ちだけが彼を支える原動力だった。

病というハンデを背負いながら、あの羽生善治と互角に渡り合い、A級に在籍したまま逝ってしまった村山聖。

彼の生涯を描いた『聖の青春』が19日から公開される。

Mig

2016年11月10日 (木)

まさかの

201611090820070000w_2
クリントン有利が伝えられたアメリカ大統領選でしたが、終わってみれば、まさかのトランプ氏勝利。

クリントン大統領なら現状は大きく変わらなかったでしょうが、これでアメリカのみならず、世界が大変化に晒される可能性が出てきました。

トランプ氏は日本に対して駐在米軍の負担を求めるほか、円安で日米貿易で米国側で大きな損失を被ったと批判しました。TPPにも否定的です。

トランプ大統領の誕生で、日本政府は日米外交、軍事、経済、貿易などの政策の大幅な見直しと転換が迫られます。

トランプ氏が勝利したということは、劇薬を使ってでも現状を変えたい。そう強く望むアメリカ国民が多かったということなのでしょう。

2016年11月 9日 (水)

2016~17年冬期講習のお知らせ

Illust1949_2一関学習塾の冬期講習のお知らせがホームページ上にUPされています。

塾生には来週から案内を配布します。塾生以外でも興味のある方がいらっしゃいましたら、ホームページをご覧いただくか、直接お問い合わせいただければ幸いです。

席には限りがございますので、希望者はお早めにご連絡ください。よろしくお願いいたします!

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2016年11月 8日 (火)

「全く/決して/少しも~ない」

他の語とセットと使う副詞を、呼応の副詞または陳述の副詞といいます。

古文における呼応の副詞で、打消とセットで使い、「全く/決して/少しも~ない」と訳す語を以下に示しました。覚え方もぜひ参考にしてください。

あへて、おほかた、かけて、さらに、

すべて、たえて、つやつや で、

ゆめゆめ、つゆ、よに 打消 で、

全く/決して/少しもない

これらは、ヨドバシカメラのCM(ごんベさんの赤ちゃん・おたまじゃくしは蛙の子)のリズムで覚えられます。何回も歌って覚えましょう。

 

2016年11月 7日 (月)

大変悲しく思います

Kot8

大部分は異なりますが、残念ながら、「まだ教えていないから」という理由で不正解にしたり、塾で習ったやり方を使うとキレる学校の先生が一定数存在します。

みんなが知らない方法を使うのはむしろほめられるべきことですし、子どもが興味を持って勉強を先取りすることは悪いことどころか喜ばしいことです。

こんな当たり前のことすらわかっていない教師がいることを大変悲しく思います。

2016年11月 6日 (日)

それが重要だ

学校と塾は異なる。

学校にいかに似せないか。それが重要だ。

2016年11月 5日 (土)

「高い壁」でありたい

子どもはなかなか大人の思うようにはなってくれません。しかし、それがむしろ自然な姿だとも思うのです。いつの時代も、新しい価値は、古い価値を踏み越えた先に生まれるものだからです。

思い通りにならないからといってほったらかしにするのではなく、思い通りにならないのを覚悟した上で、大人は子どもの「壁」になるべきです。目の前に「壁」があるからこそ、子どもは必死でそれを乗り越えようとします。

我々が子どもだった頃、大人は「壁」であり続けてくれた気がします。少なくとも、昨今の友達のような親子関係といったものは皆無でした。

今度は、我々の世代が「壁」になる番です。そして、どうせなるんなら「高い壁」でありたい。最終的には越えられることを望みつつも、簡単には超えられない、そんな「壁」でありたいと思うのです

2016年11月 4日 (金)

古典の効用

かつて立花隆氏が、「古典とは人類がプリマティブな状態にあるときに書かれた書物だから、あえて読む必要はない」という趣旨の発言をしていましたが、それはある意味で正しい。現代人にとって、古文・漢文はもはや外国語。本当の外国語ならまだ実用性もあるでしょうが、古語を日常で使う機会はまずありません。そういう事情からか、入試に古典を課さない大学が増えてきました。しかし、私はそれでよいとは思いません。理由は主に三つあります。

第一に、過去の遺産を無視するのは単純にもったいないと思うからです。何かを行う際に先人の業績を参考にできるなら、これほどありがたいことはありません。有利な地点からスタートできるし、リスクも最小限に抑えられます。

第二に、「オリジナリティー」の問題が挙げられます。「オリジン」とは「起源」のこと。自国の歴史や文化を知らない日本人に国際社会の中でのオリジナリティーはありません。外国語が使えても、話すべき内容を持たないのでは本末転倒です。

第三に、古典を読めば「昔から人間は変わっていない」ということを確認できることが挙げられます。「悩んでいるのは自分だけではなかった」とわかるだけでも、気持ちはずいぶん楽になるものです。

古典を読めば必ずピンとくる一節に出合えるにちがいありません。古典はとっつきにくいかもしれませんが、実はとってもいい奴ですよ。

2016年11月 3日 (木)

アクティブ・ラーニング考

新学習指導要領の実施に向けて、教育界の現在のトレンドキーワードとなっているのが「アクティブ・ラーニング」です。

文部科学省によると、 アクティブ・ラーニングとは「課題の発見と解決に向けた主体的・協働的な学習・指導方法」なのだそう。これは生徒にとっても教師にとってもハードルが高いと言わざるを得ません。

「課題の発見・解決」というアウトプットを行う前提となるのはもちろんインプットですが、アクティブ・ラーニングを積極的に進めるとなると、インプットにばかり時間をかけてはいられなくなるでしょう。

しかし、現状はどうでしょうか。ほとんどの生徒がインプットすらままならない、という状況です。

一部のインプットのできている生徒が、アウトプットによって、より理解を深めていく。これは良いことです。しかし、そうでない大半の生徒は置いてけぼりを食らう。私は、学力の二極化が決定的なものとなり、学力の格差が希望格差へつながっていくことを懸念します。

文科省の役人は「できない子」の気持ちや「現場の状況」がわからない。アクティブ・ラーニングの理念は素晴らしいですが、それが「絵に描いた餅」に終わらないことを願います

2016年11月 2日 (水)

かんしん

意外と、「感心」と「関心」の区別ができていない場合が多いように感じます。この際、しっかり区別できるようにしておきましょう。高校入試で出題されることもありますから。

「感心」とは、「立派なものを見て心が動かされること」という意味です。

簡単に言えば、他の誰かの素晴らしい態度・姿を見て「すごいなぁ」「偉いなぁ」と感じることが「感心」です。

(例)・礼儀正しい小学生の態度に感心した。
   ・震災時の日本人のマナーのよさに感心する外国人が多かった。

これに対して、「関心」とは、「心をひかれ、注意を向けること」という意味です。

簡単に言えば、興味を持つということ。多くの場合において「関心」は「興味」という言葉に置き換えることができます。

(例)・若者の政治に対する関心の低さが問題視されている。
   ・日本の歴史に関心がある。

 

 

 

 

 

 

2016年11月 1日 (火)

背番号「15」が永久欠番に

今季限りでの現役引退を表明した黒田博樹投手の背番号「15」を永久欠番とすることが決まりました。広島では山本浩二の「8」、衣笠祥雄の「3」に次いで3例目。

松田元(はじめ)オーナーは「成績だけでなく、一般社会にも影響力があったし、これまでの価値観を覆した。球団の歴史、後世にキッチリと残さなければならない」と話しました。

黒田投手は私と同学年。同学年の選手が引退するのは寂しいですが、その雄姿は永遠に語り継がれていくことでしょう。

6

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »