« できなかった問題をできるようにすることが勉強です | トップページ | 広島カープ、25年ぶりの優勝 »

2016年9月10日 (土)

テクストとコンテクスト

テクストとは、狭義には文章表現、広義には表現されたもの全般を指します。

コンテクストとは、狭義には文章の流れの中にある意味のつながり具合(文脈)のことですが、広義には背景や状況等を含みます。

テクストの意味は単独では決まりません。テクストの意味はコンテクストの中で決まります。たとえば、同じ「バカ」という言葉でも、ケンカしている二人のそれととデート中の二人のそれとでは、当然意味が異なります。

常に字義通りにしか受け取れないようでは知性があるとはいえません。齋藤孝先生の著書に『「頭がいい」とは、文脈力である。』というのがありますが、この本はそのあたりの事情を述べたものでしょう。

コンテクストを捉える力がないと、下手をしたら全く正反対の意味で解釈してしまいかねません。誤読の自由は許されていますが、できることなら正確に意味を読み取りたいものです。

 

« できなかった問題をできるようにすることが勉強です | トップページ | 広島カープ、25年ぶりの優勝 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テクストとコンテクスト:

« できなかった問題をできるようにすることが勉強です | トップページ | 広島カープ、25年ぶりの優勝 »