« 病気 | トップページ | デジタル教科書では考える力は育たない »

2016年9月 4日 (日)

『こち亀』40年の歴史に幕

1976年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載されている長寿マンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、約40年におよぶ連載に幕を閉じることが発表されました。17日発売の同誌42号で最終回を迎え、同日発売のコミックス200巻が最終巻となります。

『こち亀』は、東京の下町を舞台に、並外れた体力を持ち、人情味あふれる警察官・両津勘吉が巻き起こす騒動を描いたギャグマンガ。テレビアニメシリーズが1996~2004年に放送されたほか、SMAPの香取慎吾さん主演でドラマ化、実写映画化もされました。

読者からのアンケートを最重要視し、人気がなくなれば即打ち切りという厳しい『ジャンプ』の中で、これだけ長きに渡って連載を続けられたことは感嘆に値します。続けようと思えばまだ続けられるのでしょうが、40年で区切りをつける判断をしたということなのでしょう。秋本先生、ひとまずお疲れ様でした!!

Mig_2

« 病気 | トップページ | デジタル教科書では考える力は育たない »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『こち亀』40年の歴史に幕:

« 病気 | トップページ | デジタル教科書では考える力は育たない »