« 受験生を対象とした三者面談が終わりました | トップページ | 7月学力テストを実施します »

2016年7月 5日 (火)

歴史は進歩するか

歴史は進歩するという「進歩史観」は、私たちの無意識となっています。学校で教わる歴史がそれを前提としているからです。

たしかに、物質的な面に関していえば進歩してきたのは事実でしょう。時代の経過とともに、私たちの生活は劇的に便利になりました。しかし、全ての面で進歩してきたといえるでしょうか。

たとえば、冷戦が終結したとき、我々の多くは「今度こそ平和な時代が訪れる」と考えました。ところが現実はどうなったでしょう。内戦や地域戦争、テロがあちこちで起こるようになりました。これが果たして進歩といえるでしょうか。

「進歩史観」は絶対ではなく、歴史の見方の一つに過ぎません。コインは真上から眺めれば円形ですが、水平方向から眺めれば長方形です。円形だけが正しい見方ではありません。ボーダレス社会に生きる我々は、歴史を深く学ぶことを通して多様な視点を獲得すべきだと思います。

 

 

« 受験生を対象とした三者面談が終わりました | トップページ | 7月学力テストを実施します »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴史は進歩するか:

« 受験生を対象とした三者面談が終わりました | トップページ | 7月学力テストを実施します »