« 文革から50年 | トップページ | ZARDデビュー25周年 »

2016年5月19日 (木)

公立中高一貫校の問題から

野外活動に向かう途中、バスの窓から見える一面の田んぼは、まるで緑のじゅうたんをしきつめたようです。そのけしきを見た太郎君は、田んぼが米をつくるだけでなく、ほかにも大切な役割を果たしていることを思い出しました。その役割とはどのようなことですか、1つ書きなさい。(青陵中等教育学校)

水を貯えて洪水や土砂くずれを防ぐ。水をきれいにする。生物の生息環境を整える。景観を守る。他にも答えは考えられます。それらのうちからどれか1つを書けばよいでしょう。

この問題から、水田には米をつくる以外にも「環境保全」の役割があること、それは森林にも共通したはたらきであることを学べれば最高でしょう。

これは公立中高一貫校の問題ですが、物事を多面的にとらえたり、一見違ったものの中に共通点を見出すという視点は、小学生だけでなく中学生や高校生、もっと言えば大人にも大切な視点だと思います。 

« 文革から50年 | トップページ | ZARDデビュー25周年 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公立中高一貫校の問題から:

« 文革から50年 | トップページ | ZARDデビュー25周年 »