« 新年度最初の定期テストに向けて | トップページ | 正確な現状把握のために »

2016年5月 4日 (水)

「中学でできなくなった」のではない

公立小学校出身の子が中学生になった途端に、「中学になって勉強が急に難しくなった」と言い出したりします。小学校の通信簿はほとんど「よくできる」、テストは80点以上だったのにと。

中学に入って急に勉強ができなくなった。本当でしょうか。おそらくそれは間違いです。小学校のテストが簡単すぎるのです。

分数や小数の計算が間違いなくできますか? 割合や速さ、図形の問題は大丈夫ですか? これらは中学校でも出てきますが、小学校でも扱われるものです。小学校の簡単なテストでつまずいているようでは先が思いやられます。

公立小学校出身者のほとんどが中学に入る準備ができていないと言ったら言い過ぎでしょうか。しかし、現実はそれに近いような気がします。「中学でできなくなった」のではなく、「小学生のときからできていない」のです。

中学受験をしない場合でも、小学校のテストは100点が当たり前。そのくらいの高い意識をもって、お子さんも親御さんも学校の勉強をもっと大切にしてほしいと思います。

 

 

« 新年度最初の定期テストに向けて | トップページ | 正確な現状把握のために »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「中学でできなくなった」のではない:

« 新年度最初の定期テストに向けて | トップページ | 正確な現状把握のために »