« 身勝手な願い | トップページ | 情報と知識の違い »

2016年5月 8日 (日)

友情のりんご

セザンヌは対象を1点から見て絵を描くというルールを破った画家です。

下の絵を見てください。よく見ると、様々な視点からりんごが描かれていることがわかります。

セザンヌには、こんなエピソードがあります。

セザンヌは幼少の頃いじめられていた友達を助けに入り、袋叩きにあいました。次の日、助けた友達からりんごをもらいます。この友達こそゾラでした。

「りんごでパリを驚かせてみたい」と語ったというセザンヌ。彼がりんごをさかんに描いた背景には、ゾラとの友情があったのではないでしょうか。

「友情のりんご」は、パリどころか世界中を驚かせ、絵画の歴史を変えたのです。

 

S01

« 身勝手な願い | トップページ | 情報と知識の違い »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 友情のりんご:

« 身勝手な願い | トップページ | 情報と知識の違い »