« ブラック企業の温床? | トップページ | チャンスを逃すな! »

2016年5月22日 (日)

江戸文人の交友録

Theme1_img現在、一関市博物館で、テーマ展「江戸文人の交友録」が開かれています。幕末から明治にかけて名声をうたわれた一関ゆかりの漢学者大槻磐渓に焦点を当て、親しい人物からの書状や絵画などの所蔵品約50点が展示されています。

同展では、戊辰戦争で江戸城無血開城を成功させた幕臣勝海舟が師の磐渓に贈った短歌をはじめ、子供が磐渓に弟子入りしたことに対する礼を述べた信濃松代藩士佐久間象山の書状、漢学者頼山陽ら友人10人の書画を合装した対幅など、磐渓と交流していた約120人に関連する貴重な史料を公開しています。

先日、私も博物館に行ってきました。歴史ファンの皆さん、のぞいてみてはいかがですか。

 

« ブラック企業の温床? | トップページ | チャンスを逃すな! »

学問・資格」カテゴリの記事

一関関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸文人の交友録:

« ブラック企業の温床? | トップページ | チャンスを逃すな! »