« 早稲田はとっても数字好き③ | トップページ | 漱石先生かく語りき »

2016年4月18日 (月)

力を入れるべきは予習より復習

予習も復習もできるならそれに越したことはありません。しかし、時間的にあるいは能力的に予習が難しいなら、力を入れるべきは予習より復習です。

復習には予習の何倍もの時間をかけましょう。一度で覚えるのではなく、復習を重ねることで繰り返し覚えるという姿勢が大切です。というか、一度で完璧にするのは無理です。何度も復習することではじめて定着が図れるのです。

予習をして授業に臨むのが理想ではありますが、本文を書き写すとかだけの予習なら、しなくてもよいです。その分、復習に集中しましょう。できなかったことができるようになればそれでよいのですし、それが勉強なのですから。

« 早稲田はとっても数字好き③ | トップページ | 漱石先生かく語りき »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 力を入れるべきは予習より復習:

« 早稲田はとっても数字好き③ | トップページ | 漱石先生かく語りき »