« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

200勝の価値

練習方法や技術の進歩等により、近年、プロ野球で2000本安打達成者は増加傾向にあります。反対に、200勝投手は出にくくなりました。

なぜ200勝投手は減ってしまったのでしょうか。それは、野球の質が大きく変わってしまったことが一番の原因だと思います。分業制や、先発投手の中6日でのローテーションが確立したことによって、1人の投手に勝ち星が集中する可能性が減り、20勝投手はめったに出なくなりました。

現在の状況で200勝を達成するためには、10年以上にわたって先発投手として一線級の成績を残さなければなりません。また、勝ち星を挙げることは、安打を打つのとは違って、チーム事情や運に左右される要素も大きいため余計に難しい。

野手を貶めるつもりは毛頭ありませんが、現代野球での200勝は2000本安打と等価値だとは到底思えません。

2016年4月29日 (金)

遠くからでも

大東から来ている人がいる。千厩から来ている人がいる。厳美から来ている人がいる。宮城県から来ている人もいる。ありがたいなぁと思う。

遠くからでも来たい。そう思われ続ける塾でありたい。

2016年4月28日 (木)

アウトプットを意識せよ!

テストでも、会話でも、文章でもいい。アウトプットを意識することです。そうすることで、インプットの質と量が確実に変わります。

2016年4月27日 (水)

白くま

アイスのおいしい季節になりましたね。

アイスといえば白くまです。あくまで個人的な見解ですが。

Item4_pct

   

2016年4月26日 (火)

教養とは何か

教養の定義は人によって様々です。

小中学校で習ったことが教養である。

語彙力こそが教養である。

リベラルアーツとは「人を自由にする学問」のことである。

自分自身を知ることこそが教養だ。

……等々。

大人になっても残り、自分の人生を下支えするもの。そのようなものが教養なのではないでしょうか。少なくとも、大学生が「パンキョー」と呼んでいる、一般的な基礎知識でないことだけは確かです。

2016年4月25日 (月)

オバQの気持ちがよくわかる瞬間

ポスティングをしていて、突然、犬に吠えられるとチョービビる。オバQの気持ちがよくわかる瞬間です。

犬は遠目で見るに限ります。 

2016年4月24日 (日)

be made of と be made from

受動態の中には by を使わないものもあります。そういった受動態の中に be made of と be made from があります。

この2つの違いは、過去分詞の made の後ろに付いている of と from のみですが、使い分けることができるでしょうか。

be made of は「~でできている(~で作られている)」という意味で、of の後ろには材料を表す名詞を置きます。一方、be made fromは「~から作られている」という意味で、from の後ろには原料を表す名詞を置きます。

This table is made of wood. このテーブルは木でできています。

Wine is made from grape. ワインはぶどうから作られています。

材料、原料ではわかりにくいかと思いますが、要するに、ぱっと見てそのモノが何でできているかがわかる場合は be made of 、元の素材が加工されて違う形になっている場合には be made fromを使うと覚えましょう。

2016年4月23日 (土)

極めて日本人的

家から最も近い釣山の桜です。

夜桜も悪くない。極めて日本人的感覚かもしれませんが。

77d159cb_2

2016年4月22日 (金)

囲碁界初の7冠

囲碁の第54期十段戦5番勝負第4局が20日、東京都千代田区の日本棋院で打たれ、挑戦者の井山裕太6冠(26)=棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖=が勝利し、対戦成績3勝1敗で十段位を奪取。囲碁界初の7冠制覇を成し遂げました。

10の360乗の局面変化を見せる囲碁の世界。そんな凡人には想像することすら困難な戦いの頂点を極めた井山棋士。次は、ぜひ世界一を目指してください。

7_2

2016年4月21日 (木)

全国学力テストに「ふるさと」

19日に実施された全国学力テスト中3国語Aに、童謡「ふるさと」を題材とした問題が出題されました。

七 次は、「ふるさと」の歌詞の一部です。これを読んで、あとの問いに答えなさい。

  ふるさと

  うさぎ追ひしかの山
  小ぶな釣りしかの川
  夢は今もめぐりて
  忘れがたきふるさと

1 「追ひし」を現代仮名遣いに直し、全てひらがなで書きなさい。

2 「忘れがたき」の意味として最も適切なものを、次の1から4までの中から一つ選びなさい。

 1 忘れたい  2 忘れられない  3 忘れてしまった  4 忘れそうな

個人的には、詩を国語の問題として出題することに反対ですが、このような設問なら迷いなく答えが一つに決まるので全く問題ありません。

それにしても、日本人として常識とも思えるようなこれらの問題、間違える人はいたのかなぁ。いたんだろうなぁ……

解答 1 おいし  2 2

2016年4月20日 (水)

尾田栄一郎氏からのメッセージ

19日、大人気マンガ『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏が、熊本地震の被災地に向けたメッセージを公式サイト「ONE PIECE.COM」で公開しました。

主人公・ルフィのイラストと直筆のメッセージに励まされた方も多いのではないでしょうか。

地震関連の残念なニュースが続いています。善意の輪が広がっていくとよいですね。

2016041900000012mantan0004view_2

2016年4月19日 (火)

漱石先生かく語りき

今年は、夏目漱石没後100年目に当たります。

主人公と同じ年ごろに読んだせいか、私は、漱石作品の中では『三四郎』が一番好きです。

その『三四郎』の中にこんな言葉があります。

文芸は技術でもない、事務でもない。より多く人生の根本義に触れた社会の原動力である。

英文学者にして作家の、漱石ならではの言葉だと思います。

昨今は文系学問への風当たりが強いようですが、「人生の根本義」を忘れた学問、技術がどんな結果をもたらしたかは、東北に住む我々が最もよく知っているのではないでしょうか。

201312161058_2_3



2016年4月18日 (月)

力を入れるべきは予習より復習

予習も復習もできるならそれに越したことはありません。しかし、時間的にあるいは能力的に予習が難しいなら、力を入れるべきは予習より復習です。

復習には予習の何倍もの時間をかけましょう。一度で覚えるのではなく、復習を重ねることで繰り返し覚えるという姿勢が大切です。というか、一度で完璧にするのは無理です。何度も復習することではじめて定着が図れるのです。

予習をして授業に臨むのが理想ではありますが、本文を書き写すとかだけの予習なら、しなくてもよいです。その分、復習に集中しましょう。できなかったことができるようになればそれでよいのですし、それが勉強なのですから。

2016年4月17日 (日)

早稲田はとっても数字好き③

問 下線部(金壱分)は、幕府の公定交換比率によれば、銭何文に相当するか。(2012年 早大―政経)
 〈 a 〉 500  〈 b 〉 1000  〈 c 〉 1500  〈 d 〉 2000  〈 e 〉 2500

貨幣の交換比率を押さえているかどうかがすべて。

    ↓

金1両=4分=16朱
金1両=銭4貫
銭1貫=1000文     

いくら文系でも、このくらいの計算はできなくてはいけません。

解答 〈 b 〉

2016年4月16日 (土)

早稲田はとっても数字好き②

日本における地域・地域社会に関する次の文章を読んで、問に答えなさい。(2016年 早大―文化構想)

(略)
 さらに時代が進むと、武士にとどまらず、地域社会におけるさまざまな勢力が一揆を結ぶ。国一揆や一向一揆といわれるものである。たとえば、有名な山城の国一揆について、『大乗院寺社雑事記』では、文明17年12月11日に「上は( B )歳、下は( C )歳」の山城国人が「集会」し、また一国中の土民等が「群集」したと記しており、年齢にしても階層にしても幅広い人びとが参加していたことがわかる。……

問 空欄B ・ Cに該当する漢数字の組み合わせのうち、正しいものはどれか。1つ選び、マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。
  ア B=五十 ・ C=十二・三  イ B=六十 ・ C=十五・六  
  ウ B=七十 ・ C=十七・八  エ B=五十 ・ C=十五・六  
  オ B=六十 ・ C=十七・八

良問が多く、高得点が狙える文化構想学部の問題の中では難問の部類に含まれるでしょう。基本史料をどこまで読み込んでいたかがポイント。

解答 イ

2016年4月15日 (金)

早稲田はとっても数字好き①

次の文を読んで、問に答えなさい。(2015年 早大―文)

(略)
 口分田は、戸籍などにもとづいて班給された。しかし、課役負担を逃れ、口分田を不正受給する目的などのために戸籍の内容が偽られるようになり、班田収授制は次第に困難になりつつあった。そこで、桓武天皇は、班田を一紀一班に改めるなどの施策を打ち出したが、その後、ほぼ1世紀を経て、班田は途絶えた。……

問 下線の語句は何年を意味するか。1つ選びなさい。
 ア 3年  イ 6年  ウ 10年  エ 12年  オ 14年

「一紀一班」という用語を知らなくても、桓武天皇の律令制再建について学んでいれば正解できますが、早大志望者なら知っておいた方がよいでしょう。

解答 エ

早大日本史では学部を問わず、数字がよく問われます。早稲田を目指す方には、教科書の脚注や史料集をよく読み込んでおくこと、志望学部以外の過去問もできる限り解いてみることをすすめます。 

2016年4月14日 (木)

一関一高・2016年大学入試合格状況

一関一高の2016年大学入試合格状況がまとまりました。

結果は、東大に4名(1名推薦)現役合格、東北大に20名、医学部医学科に5名、早稲田に6名合格など、素晴らしいものでした。

附属中を置いた成果が着実に出ていると感じます。今後も、高校からの入学組も含め、高い目標を持ってチャレンジを続けていってほしいと願います。

54758_tokyo_university4

2016年4月13日 (水)

英文法は問題集でマスターせよ

高校生なら、文法書の類を持っていると思います。

英文法の勉強をする際には、間違っても、文法書を1から覚えていくというやり方はとるべきではありません。あの分厚い文法書をことごとくマスターしようとすると、量が量だけに泥沼にはまります。

手持ちの知識が0ではないでしょうし、文法問題の配点はそれほど高いわけではないのですから、文法問題は問題集で覚えることにして、試験によく出るところだけを集中的にものにした方がよいでしょう。そして、問題集の解説ではよくわからないところがあった場合や苦手な項目がある場合のみ、文法書の関連するところを読むようにする。このように、文法書は辞書的に使うべきであって、あれを頭から覚えていくというやり方では時間がかかりすぎてしまいます。

英語が大得意だったり、研究者を目指すなら別かもしれませんが、ほとんどの人はそうではないのですから、英文法は文法書ではなく問題集でマスターするようにしてください。その方が短い時間で確実な得点力が身に付けられます。

 

 

2016年4月12日 (火)

隙間時間

ちょっとした隙間時間をどう活用するか。長い目で見ると、それが大きな違いを生むような気がします。

私の場合、予習をしたり、本を読んだり、文書を作ったり。結構色々できています。

2016年4月11日 (月)

4月学力テストを実施しました

昨日、小6生の学力テストを実施しました。附中志望者1名のみの受験でしたが、4月から模擬試験にチャレンジする意欲には感心しました。

彼女はきっと成功するでしょう。この調子で1年を乗り切ってほしいと思います。

2016年4月10日 (日)

敷衍

敷衍。読めますか? 意味がわかりますか? 

読みは「ふえん」です。「意義・意味を押し広げて説明する」という意味ですが、場合によっては、「わかりやすく説明する」という意味で使ったりもします。

たとえば、「食の問題を生活全般に敷衍して論じる」のように使われる場合が多いですが、「教授の抽象的な説明を学生が敷衍する」のような形で使われることもあります。

評論にしばしば登場する用語であると同時に、読みが問題になることもありますから、知らなかった人はぜひ押さえておきましょう。

 

 

 

2016年4月 9日 (土)

北島、五輪出場ならず

競泳のリオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権第5日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、5大会連続の五輪出場を狙った北島康介(33)は男子200メートル平泳ぎ決勝に出場。5位に終わり、100メートルに続き代表権を獲得できず、5大会連続となる五輪出場を逃しました。

非常に残念ですが、30歳を超えてなおトップレベルで勝負できた北島選手はすごいと思います。長い間お疲れ様でした!!

A0032944_1405187

2016年4月 8日 (金)

「緊急ではないが重要なこと」に注力しよう!!

「緊急ではないが重要なこと」に、できるだけ多くの時間やエネルギーを使うべきです。

「緊急ではないが重要なこと」とは、たとえば、自己のスキルアップ、読書、お役立ち情報の発信、人間関係づくり、体を鍛える、こういった類のことです。学生の皆さんなら、受験学年でないときの日々の学習などがこれに含まれるでしょう。

「緊急ではないが重要なこと」に注力していくと、「緊急かつ重要なこと」に割く時間をなくすか、なくさないまでも負担を少なくすることができます。

「緊急かつ重要なこと」とは、たとえば、期限のある仕事、危機への対応、病気・けが、学生の皆さんなら、テスト勉強などのことです。

「緊急ではないが重要なこと」に注力し、「緊急かつ重要なこと」に割く時間が減っていくことを、人は「充実」と呼ぶのではないでしょうか。

現代に生きる我々は、どうしても即効性のあることばかりに目が向きがちです。しかし、それらは麻酔みたいなもので、一時的には効果がありますが、本当の意味での問題解決にはつながりません。結局、「緊急ではないが重要なこと」を地道にやり続けていくことが、長い目で見たときに最も大切なことなのです。

 

 

2016年4月 7日 (木)

先取り学習について

その子に学ぶ意欲と能力があるなら、先取り学習をしても一向にかまわないと、私は考えます。

たとえば、今年、一関一高附属中学校に合格した塾生には、順列や組合せ、等差数列の基本的な考え方を教えました。これらは高1の内容ですが、彼らは無理なく吸収していました。

「発達段階を無視するな」等の反論があるかもしれませんが、せっかく伸びようとしているのに、低いレベルに留め置くことの方が問題なのではないでしょうか。

2016年4月 6日 (水)

わかっていただきたいこと

生徒の皆さんとは自分の身内くらいのつもりで接しています。だからこそ、少しでも良くなってほしいですし、最終的にはそれぞれの夢を叶えてもらいたい。心からそう願っています。

単なるお客さんではなくそういうつもりで接しているので、時には厳しく、耳が痛くなるようなことを言うこともあります。

私も間違いを犯す人間ですから、言いすぎだと感じたり、反発を覚えるような場面もある(あった)かもしれません。

でもわかっていただきたいのは、期待しているからこそ、できると思うからこそ厳しいことも言うのであって、期待も可能性も感じていなければそういうことは一切ないということです。

君たちのお父さん、お母さんが、時に説教や小言を言うのも同じ気持ちからだと思いますよ。

2016年4月 5日 (火)

ジキルとハイド

ジキル博士は二重人格で、薬を飲むことで性格がガラッと変わります。薬を飲む前のジキル博士はいい人なのに、飲んだ後のハイド氏は殺人鬼です。

こういった多重人格物をテレビや本で見聞きすると、人は少なからぬショックを受けます。しかし、ある人間をたった一つの人格だけで語ることができるのでしょうか。

ジキル博士とハイド氏の例は極端かもしれませんが、人は皆、場面や役割に応じて、人格を使い分けています。会社にいるときと家でくつろいでいるときの人格が全く同じだという人がいるでしょうか。

犯罪で捕まった人について、「そんな風に見えなかった」とか「真面目でおとなしかった」とかいうインタビューの受け答えを聞くことがありますが、これなど、人を一つの人格で語ることはできないよい例だと思います。

他人を自分のイメージにあてはめたり、こういうタイプと決めつけてつき合った方が楽かもしれませんが、人は多重人格が当たり前だという認識をどこかに持っておくべきでしょう。

2016年4月 4日 (月)

たんぽぽ

写真は、塾の入り口付近に咲いたたんぽぽです。

160323_1446551
踏まれても 咲くたんぽぽの 笑顔かな

今年度も頑張ります!!

2016年4月 3日 (日)

春期講習終わって明日から通常授業

本日で、一関学習塾の春期講習が無事終了しました。参加いただいた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

春期講習が終わり、明日から通常授業の開始です。春のうちに勢いをつけた者は強い。最初の定期テスト等、各自の目標達成に向けて、また頑張っていきましょう!! 

Illust677

2016年4月 2日 (土)

品詞がわからないと瀕死の状態になる②

ネイティブ並みの英語力のある人でない限り、品詞がわかっていることが、英文解釈をしたり英文法の問題を解く上で決定的に重要です。

たとえば、次の空所に入る適当な関係詞をそれぞれ補ってみてください。

1 India is the country  (      )  I have wanted to visit for a long time.

2 India is the country  (      )  I used to live.

先行詞 the country が場所だから、どちらも関係副詞の where が入ると思った人がいるのではないでしょうか。

1の文は、他動詞 visit の目的語が欠けています。目的語になれるのは名詞だけ。先行詞が人ではない。したがって、1の文には関係代名詞 which が入ります。

それに対し、2の文で用いられている live は自動詞で目的語をとりません。先行詞は場所。したがって、こちらは関係副詞 where が入ります。

関係詞の問題を考える場合、先行詞だけで答えを判断するのではなく、空所の後ろをまず見てください後ろが不完全な文(どこかしらに名詞の欠落がある)なら関係代名詞が、後ろが完全な文(副詞は欠けていますが、文型という意味では完全)なら関係副詞が入ります。後ろが完全文なのを確認し、その上で、先行詞が場所だったら where、時だったら when、理由だったら why を選ぶのです。加えて、こういう手順を踏んでいれば、〈前置詞+関係代名詞〉が関係副詞に置きかえられる理由も納得できると思います。

以上のように考えれば、この手の問題に引っかかることはなくなるわけですが、それができるようになるためには、品詞やそれと関連した文型の正確な理解が欠かせません。繰り返し述べますが、勉強の出発点をくれぐれも間違えないようにしてください。

2016年4月 1日 (金)

品詞がわからないと瀕死の状態になる①

ネイティブ並みの英語力のある人でない限り、品詞がわかっていることが、英文解釈をしたり英文法の問題を解く上で決定的に重要です。

たとえば、次の2つの文を日本語に訳してみてください。

1 He went there.

2 He went ill.

there は副詞なので、1の文は第1文型(S V)です。第1文型の動詞は、基本的に「いる・ある」か「移動する」と解釈できるので、「彼はそこに行った」という意味だとわかります。

それに対し、2の文の ill は形容詞です。形容詞は名詞を修飾して M (修飾語)になるか、C(補語)になるかのどちらか。この場合、修飾したくても相手がいないので C になるしかありません。ということは、2の文は第2文型(S V C)に決まります。第2文型は、基本的に「SはCだ」か「SはCになる」と解釈できるので、「彼は病気になった」という意味だとわかります。

今述べたようなことが自明のこととなれば、ここまで分析的な読みはいらなくなります。ですが、初心者のうちは意識的にこういう読みをする必要があります。でないと、近い将来、英語の成績が必ず頭打ちになるでしょう。出発点が間違っているからです。出発点が間違っている努力は、残念ながら実を結ぶことはありません。

中学までの英語なら知っている単語のメジャーな意味だけをつないでいっても何とかなったかもしれませんが、高校ではそうはいきません。単語を覚える際には品詞も意識するようにしてください。品詞がわかっていることで色々なことができるようになるのです。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »