« 遠くからでも | トップページ | 野球がうまくなりたかったら、宿題を一生懸命やりなさい »

2016年4月30日 (土)

200勝の価値

練習方法や技術の進歩等により、近年、プロ野球で2000本安打達成者は増加傾向にあります。反対に、200勝投手は出にくくなりました。

なぜ200勝投手は減ってしまったのでしょうか。それは、野球の質が大きく変わってしまったことが一番の原因だと思います。分業制や、先発投手の中6日でのローテーションが確立したことによって、1人の投手に勝ち星が集中する可能性が減り、20勝投手はめったに出なくなりました。

現在の状況で200勝を達成するためには、10年以上にわたって先発投手として一線級の成績を残さなければなりません。また、勝ち星を挙げることは、安打を打つのとは違って、チーム事情や運に左右される要素も大きいため余計に難しい。

野手を貶めるつもりは毛頭ありませんが、現代野球での200勝は2000本安打と等価値だとは到底思えません。

« 遠くからでも | トップページ | 野球がうまくなりたかったら、宿題を一生懸命やりなさい »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 200勝の価値:

« 遠くからでも | トップページ | 野球がうまくなりたかったら、宿題を一生懸命やりなさい »