« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

「世俗化」について

一般的には「世俗化」は「俗っぽい」という意味で使われますが、評論では、「宗教的、呪術的な制度・価値観から人々が解放されること」という意味で用いられる場合が多いです。

世俗化の背景には、科学や資本主義の発達、啓蒙思想などがありました。世俗化によって、人々はそれまで自分たちを縛っていた伝統や信仰から解放され、自由に行動するようになっていきます。神様中心主義から人間中心主義への転換。

キリスト教文明における世俗化は、人々の多くが来世や天国より現世、永遠の世界より歴史の世界への志向を促しました。こうしてヨーロッパは、中世から近代へと移り変わっていったのです。

2016年3月30日 (水)

一関学習塾ってどんな塾?⑬

以下は、この春、志望校に見事合格した塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

苦手な教科や分からない単元について、詳しく説明してもらうことで少しずつ苦手をなくすことができ、目標だった高校にも受かることができました。 
                                                                                                     (桜町中 女子)

2016年3月29日 (火)

一関学習塾ってどんな塾?⑫

以下は、この春、志望校に見事合格した塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

苦手なところを次々と減らすことができました。解けないところを何度も繰り返すことで、だんだんできるようになりました。 理科や数学といった自分があまり得意でない教科も点数を伸ばすことができました。 
                                              (桜町中 女子)

2016年3月28日 (月)

一関学習塾ってどんな塾?⑪

以下は、この春、志望校に見事合格した塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

先生との一対一の授業だったため、自分の弱いところや改善点を見つけやすく、すごく良かったと思います。
その他にも、面接練習や、自分が受験する高校の情報を教えてくれたりして、とても勉強になりました。
                                              (一関中 女子)  

2016年3月27日 (日)

一関学習塾ってどんな塾?⑩

以下は、この春、志望校に見事合格した塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

同じような問題を繰り返し解くので、苦手だった問題が解けるようになりました。解説もわかりやすかったです。塾に通うようになって成績が上がりました。                                                                                                                                                (一関中 男子)                    

2016年3月26日 (土)

一関学習塾ってどんな塾?⑨

以下は、この春、志望校に見事合格した塾生の声です。塾の様子を少しでも感じていただければ幸いに思います。

得意教科も苦手教科もどちらも塾に通い始めてからどんどん点数が上がっていきました。過去問演習や面接練習、リスニングなどを行えるので、万全な入試対策が出来、自信を持って入試に臨めました。ありがとうございました。
                                              (桜町中 男子)
                                                        

2016年3月25日 (金)

本日から春期講習が始まります

Illust500本日から一関学習塾の春期講習が始まります。

A・B両日程で申し込んでくれた方、高校合格を確認したその足で申込書を持って来てくれた方、普段は盛岡の高校に通っている方。色々な方がそれぞれの思いで参加してくれます。

春から頑張る皆さんは本当に素晴らしい。皆さんの期待にそえるよう、私も気合を入れていきたいと思います。

2016年3月24日 (木)

インセンティブ・ディバイド

ゆとり教育が学力低下をもたらした。よく言われることです。私もそういう実感があります。

しかし、学力は全体的に低下したのではありません。上位層の学力は下がっていない。ゆとり教育により学校で教わる内容が減った分、親のはたらきかけ次第で子どもの学力に大きな差がつくようになりました。同時に、学業から降りてしまった層には無気力化という特徴がほぼ共通してみられるようにもなりました。あきらめが早いというか、ふんばりがきかないというか。ゆとり教育の一番のまずさはこの点にこそあったと、私は考えます。

勉強ができる、できないよりも、人生に対する意欲自体を失ってしまうことの方が問題です。学習に関する意識・実態調査等から、子どもは親とのコミュニケーションの中で物事への関心・意欲を高め、自分の将来を考える手がかりを見つけていることがわかっています。

ゆとり教育は終わりましたが、依然として親の果たす役割、とりわけ、小・中学生のお子さんを持つ親御さんの果たす役割は大きいと言わざるを得ません。

2016年3月23日 (水)

オーストラリア土産

一関修紅の特進に通う塾生がオーストラリアのホームステイから帰ってきました。

短期間であっても良い経験になったと思います。英語はコミュニケートの手段であり、実技教科の側面もあるのだということがよくわかったのではないでしょうか。

オーストラリア土産もいただきました。ありがとう。でも、今回のホームステイで彼の英語への意欲・関心が高まったのならば、それに勝るお土産はありません。

Australia_map

2016年3月22日 (火)

釜石高校初勝利

第88回選抜高校野球大会2日目の21日、1回戦3試合が行われました。

第1試合は釜石(岩手)と小豆島(香川)の21世紀枠同士の対戦。好投手同士の投げ合いとなりましたが、2対1で釜石が小豆島に勝利。釜石は2度目の出場で、春夏通じて甲子園初勝利をあげました。

釜石高校の皆さん、おめでとうございます!

96958a9e81818a99e3e2e2e5e18de0e3e2e

   

2016年3月21日 (月)

小説考

かつて阿久悠は、青木雨彦との対談の中で、「小説というのは、よかった、よかったと言って、ここから出ることはないわけです」と語りました。小説の悪口としてこれほど見事なものはありません。

たしかに、小説は娯楽、エンターテイメントの一種。いわば、暇つぶしの手段です。しかし、本当にそれだけのものでしょうか。

人間が最も関心を寄せるもの、それは人間です。人間、何十年と生きていれば、何かしら人間性について真理めいたものをつかみます。真理というものは短い言葉に要約できるものであり、しかも、たいてい月並みなものです。ですから、それをそのままストレートに書いたところで、残念ながら誰も見向きもしてくれません。そこで小説です。真実を効果的に伝えるためにストーリーを用いるのです。

作り話だから肩ひじ張らずに読める。しばし現実世界を離れ物語の世界に没入する。よくできた物語ならば時が経つのを忘れる。よかった。おもしろかった。だが、決してそれだけではありません。ストーリーの背後には、作者のメッセージが込められています。物語として読めば単純におもしろい。よく読み込んでみると、作者の思想なり、メッセージなりが見えてきて二重におもしろい。小説とはそういうものではないでしょうか。

Icon_256_4真実を伝えるために嘘をつく。これが私の考える小説の定義です。

2016年3月20日 (日)

大学合格者高校別ランキングに思う

3月になると、週刊各誌がこぞって大学合格者高校別ランキングを特集します。

もちろんこの手の特集にも一定の意味はあると思います。しかし、それ以上に大きいのが、彼ら、彼女らが塾に通っていたのかいなかったのか。通っていたとすればどこの塾に通っていたかの方。というのは、名門校であっても受験対策らしい受験対策をしない高校が少なくないからです。

中学受験で、合格者がどこの塾で学んだかが話題に上ることはあっても、どこの小学校出身かが話題になることはほぼありません。ところが、大学受験になると、なぜか高校ばかりがクローズアップされる。考えてみれば不思議だと思いませんか?

2016年3月19日 (土)

学歴社会考

日本人ほど学歴に敏感な国民はいないのではないでしょうか。政治家や有名人が学歴詐称をしていたとなると、議員辞職や活動自粛にまで追い込まれることもしばしば。

明治政府は、近代化を大急ぎで進めるため、国を動かす人材(エリート)を官立の学校教育によって作り出しました。つまり、日本は学校教育が社会の序列を作り出してきたわけです。そのため、日本人は学歴に強い関心を持つようになりました。

日本社会の本質は、終身雇用が崩れ、雇用が流動化した現在も変わっていません。転職の度に、履歴書には最終学歴が記され審査を受ける。一般的に、高卒よりも大卒の方が有利なのは言うまでもありません。

エリートには、「官尊民卑」的態度、科学や論理への過信といった悪癖が見られがちなため、「学歴無用論」を唱える識者もいます。そのような説を本で読み、溜飲を下げた人たちも少なくないかもしれません。しかし、学歴社会について議論する際には、好きか嫌いかの感情論を抜きにして、冷静に現実を見つめる視点が必要不可欠です。そうでなければ、現代の日本社会を正確にとらえることはできず、したがって現実を変えることもできないでしょう。

2016年3月18日 (金)

子どもの名前今昔

明治安田生命が発表している「生まれ年別名前ベスト10」を詳しく見てみると、子どもの名前の変遷について、ある傾向が浮かび上がってきます。

戦時中は、勝、勇、武、勲、功などの戦勝や武運への願いを込めた名前が多く見られます。ところが、戦後になるとこれらは少数派となり、代わりに、男の子なら博や修や学、女の子なら智子や理恵といった学歴や学問を志向した名前が増加。これらが下火になった現在は、男子なら陸海空、女子なら花にまつわる名前が多い。

軍国主義から学歴主義、そしてエコロジーへ。子どもの名前はまるで時代を映す鏡のようで、大変興味深く思います。

2016年3月17日 (木)

『仮面ライダー1号』

3月26日に仮面ライダー45周年記念映画『仮面ライダー1号』が公開されます。

先日行われたイベントでは、44年ぶりに本郷猛/仮面ライダー1号として主演を務めた藤岡弘、さんがマスクを脇に抱えた、いわゆる"マスクオフ"状態で登場。放送初期にはスーツアクターを務めた経験もある藤岡さんが今一度ライダースーツに身を包むとあって、イベントに訪れた多くのライダーファンは歓喜の声を響かせました。

未だにライダーを演じられる藤岡さんはすごいと思います。変身!!

1_2 

2016年3月16日 (水)

悲喜交々

本日、公立高校一般入試の合格発表がありました。

一関学習塾は、これまで中学受験、大学受験を含めて、100%合格を達成してきましたが、今回はできませんでした。1名不合格でした。

他は皆合格でしたが、やはり手放しでは喜べない自分がいます。何が足りなかったのかじっくり考え、来年度は再び全員合格を果たしたいと思います。

合格した皆さん、おめでとうございます!! 今はほっとしているでしょうが、落ち着いたらまた次の目標に向かって、新たな気持ちで頑張っていきましょう!!

残念ながら不合格だった皆さん、これですべてが決まるわけではありません。今日の悔しさを忘れず、3年後には必ず納得できる結果を残してください!! 応援しています!!

2016年3月15日 (火)

見守られている

塾周辺のお店の方々や大家さんに、「頑張っているね」だとか「生徒さんが増えてきましたね」などと声をかけていただくことがあります。嬉しく思う瞬間です。

私は「オジさん」と呼ばれる年代ですが、一関市内の経営者の中では若手の部類に入ります。だから、もしかしたら皆さんは、「育ててあげよう」という親心のような気持ちからお声がけくださっているのかもしれません。

この年で「お兄さん」的に接してもらえるのは気恥ずかしい反面、得難い経験だとも思います。

2016年3月14日 (月)

文法用語は何のためにあるか

英語や古文を学習し始めると、様々な文法用語に出くわします。これらに嫌悪感を示す人が少なくないことでしょう。あなたもそうではないですか。安心してください。文法用語自体が試験で問われることはまずありません。

では、文法用語は何のためにあるのでしょうか。それは、教師と生徒とのコミュニケーションを円滑にするためにあるのです。

日常会話のことを考えてみてください。たとえば「犬」のことを、いちいち「賢く、人に忠実で、嗅覚と聴覚は極めて鋭く、狩猟用、警察用、労役用、愛玩用などとして広く飼育される動物」などと言う人はいないでしょう。そんなバカ丁寧な説明をしなくても、「犬」の一言で共通理解が得られるからです。そのことによって会話がスムーズに進む。

英語学習、古文学習の場合も同じです。まずは話の通じる人になってください。

2016年3月13日 (日)

男のポケットには

男性はあまりバッグを持ち歩かない。ポケットが唯一の入れ物だ。

男のポケットの中身で思い出されるのはトム・ソーヤー。彼のポケットには、ビー玉12個、青いガラスのかけら、糸巻、チョーク、コルクの栓、壊れたカギ、ドアの取っ手、犬の首輪、ナイフのえ、壊れた窓枠が入っていた。

あるいは、ドラえもん。彼もオスネコ(?)だ。そのポケットには、タケコプター、どこでもドアなど、言わずと知れた秘密道具が入っていた。一説によると、その数は2000個近いという。

はたまた、ふしぎなポケット。ビスケット1個が入っていて、たたくと数が増えていくという例のあれである。

男のポケットには夢が詰まっている。

2016年3月12日 (土)

紙の辞書か電子辞書か

私の学生時代は紙の辞書の一択でしたが、今は電子辞書もあります。どちらの辞書がよいのかは一概には言えません。それぞれの違いを整理してみましょう。

紙の辞書は重いし、場所も取ります。持ち運びには不便です。調べるのも、電子辞書に比べればページをめくる手間があり、時間がかかります。しかし、その手間があるおかげで記憶に残りやすいのだと考える人もいるでしょう。また、調べた単語の周辺にも目が行って、それらもついでに覚えてしまうということがあります。電子辞書ではこういうことは起こりません。

一方、電子辞書の一番の特徴は手軽さとスピードです。紙の辞書に比べて、圧倒的に体力や時間を節約しやすい効果があります。しかし一方で、そうした無味乾燥な状態を好まない人がいるのもたしかです。効率がよすぎて、かえって記憶に残らないということもあるかもしれません。いくら効率がよくても、記憶に残らないようでは意味がありません。

紙の辞書には紙の辞書ならではの、電子辞書には電子辞書ならではの特徴があります。大切なことは自分に合った辞書を選ぶこと。両方の辞書を経験し、手応えを確認してみましょう。

 

2016年3月11日 (金)

釜石と神戸

釜石と神戸は共通点が多い。

新日鉄釜石、神戸製鋼とも、ラグビー日本選手権で7連覇。製鉄所もあり、2019年のラグビーワールドカップの開催都市となっています。そして、釜石も神戸も震災を経験しました。

東日本大震災から今日で5年。釜石の復興とラグビーワールドカップの成功を祈ります。

List_iwate

2016年3月10日 (木)

新しいアマチュアリズム

今年はオリンピックイヤーです。

今ではオリンピックにプロが参加するのは普通のことになっていますが、比較的最近までオリンピックはアマチュアのための大会でした。しばしばこのことに関する是非が話題となりますが、私はオリンピックにプロが参加するのは当然の流れだと思います。

あらゆるスポーツにおけるチャンピオンを決める大会に、プロが参加しないのはどう考えてもおかしい。プロのないスポーツや、プロとアマでは競技の質が異なるものは別ですが、それ以外はプロが参加すべきです。そうでなければ、真の国際競技大会とは呼べないでしょう。

加えて、アマチュアリズムは一種の差別思想でもあります。産業革命以前には、王侯貴族に抱えられて賭博の対象となる職業競技者(プロ)が存在しました。産業革命によって新たな支配者となった資本家(市民)は、旧制度の象徴である彼らを排除すると同時に、余暇に体を動かすのではなく、日頃から体を動かしている者(労働者)をも排除することによって、自らを貴族に代わる特権階級(アマチュア)と規定しました。アマチュアという言葉にエリートの香りが漂うのはこうした歴史があるためです。

しかし一方で、昨今の行き過ぎた商業主義やドーピング問題等を見ていると、オリンピックのプロ化も良いことばかりとは言えません。「スポーツで金銭を得るなんてとんでもない」というアマチュア原理主義は時代錯誤だとしても、それに代わる「新しいアマチュアリズム」が求められているのかもしれません。

2016年3月 9日 (水)

もうすぐ本当の春

本日は公立高校一般入試の日でした。受験した皆さん、お疲れ様でした。

一関も春めいてきました。もうすぐ本当の春がやって来ます。

2016年3月 8日 (火)

明日は公立高校一般入試

明日はいよいよ公立高校の一般入試です。中3の塾生は全員、3月に入ってから直前講習も含め、毎日塾に来ていました。よく頑張ったと思います。明日はこれまでやってきたことを信じ、普段通りの力を発揮してきてください。

入試に満点はいりません。取れるところで確実に得点するということを積み重ね、それぞれの志望校の合格点を超えられればそれで十分なのです。恐れることはありません。

嬉しい報告を待っています。

2016年3月 7日 (月)

この仕事をする上での最低限の資格

組織はリーダーの力量以上には伸びない。

これは4球団で監督を務めた野村克也氏の言葉です。まさにその通りであり、組織の大小にかかわらずあてはまることだと思います。もちろん塾も例外ではありません。

子ども達に言うだけでなく、自らが学び続け、常に成長しようという気持ちを失わないこと。これがこの仕事をする上での最低限の資格だと、私は考えます。

2016年3月 6日 (日)

子どもの貧困対策待ったなし

日本財団は4日、「子どもの貧困による社会的損失推計」の都道府県別推計を公表。貧困問題の深刻さと対策の度合いを明らかにし、偏差値などを織り交ぜて初めて指標化しました。

推計は、子どもの貧困対策を行わずに教育や所得格差が継続する場合と、対策を行い、教育や所得格差が改善された場合の両シナリオで、現在15歳の子どもが64歳までに得る所得や税、社会保障費の純負担額を算出。それによると、両者を比較すると、約4兆円の損失が出ることがわかり、なかでも最も深刻になるおそれがあるのが沖縄県と発表されました。

子どもの貧困や、いわゆる「負の連鎖」は、もはや身近な問題です。平等を重視しすぎた教育はかえって格差を拡大させるという研究結果もあります。学校教育は、全員に同じ教育を行うことにこだわらず、教員の数や質、宿題などの配分を考え直すときに来ているのではないでしょうか。

2016年3月 5日 (土)

共生

塾を何かと目の敵にし、「学校があれば十分」と考える人たちが一定数存在します。特に上の世代になるほど多いような気がします。

その人たちの言うように、もし塾をなくしてしまえば、元々頭の良い人しか上の学校に進学できなくなり、今以上に二極化が進むおそれがあります。学校が荒れるかもしれません。

塾をなくすということは、学校が受験指導の全てを担うことを意味します。そうなると、「体育や音楽をやる暇があるなら、英語や数学の授業を増やしてください」「土・日に部活をするんなら補習をしてください」などと、学校に訴える父兄が出て来かねません。

つまり、学校が学校らしくいられるのは塾があるから、ということも言えるわけです。現状でさえいっぱいいっぱいの教員が多いのに、きめ細かい受験指導まで課すというのは酷な話です。

学校がゼロから教える場であるからこそ、塾はポイントを絞った指導ができるという面があります。要するに、学校と塾は持ちつ持たれつの関係なのであって、どちらかをなくすことはできないでしょう。

2016年3月 4日 (金)

『六三四の剣』杯少年少女剣道大会

3月13日、北上総合体育館で、『六三四の剣』杯少年少女剣道大会が開催されます。同大会は今年で3回目。

岩手は漫画『六三四の剣』の舞台。加えて、 北辰一刀流を創始した千葉周作の故郷でもあります。剣道大会を行うのに、これほどふさわしい場所はありません。

少年剣士、少女剣士の活躍を祈ります!

B8254_320

2016年3月 3日 (木)

複眼思考

佐藤信夫氏の『レトリックの記号論』という文章の中に、こんな話が引かれています。

いわく、私たちはいつもコインを真上から眺め、「コインは丸い」と表現する。ところが、水平方向から眺めてみると、それは長方形なのだ、と。

コインに限らず、私たちはいつも同じように物を見、同じ面を見落としてしまいがちです。

グローバル化が進んだ今日、複数の視点を持つことの重要性がますます高まっているように思います。思考の幅を広げるだけでなく、無用な衝突を避けることにもつながるからです。

グローバル化の進展は格差を拡大します。そして、格差の拡大は精神的空白を生む。その空白を埋めるのがナショナリズムや宗教的原理主義です。

ナショナリズムや宗教的原理主義が危ういことはご承知の通りです。我々はその暴走を阻止するためにも、複眼思考を心がけるべきだと思います。

2016年3月 2日 (水)

成果を出せる人とはやめなかった人とほぼ同義

何かに取り組んで望ましい結果が出ないと、やっていることに意味がないのではないかと思ってしまいがちです。この「無意味感」がやる気の低下を招きます。

こういう場合は、失敗に価値を見出すことが大切です。成功とは、失敗を繰り返した後にしか手にできない果実です。また、あなたが望む成果が出なくても「小さな成果」は出ているはず。小さな成果にフォーカスし、無理にでも喜ぶ癖をつけてください。

「無意味感」によって、やる気が出ない人は思考の癖が足を引っ張っています。すぐに無意味だと決めつけてしまう。小さな成果を喜ばない。失敗をネガティブに捉えすぎるなどの思考習慣を改めることが大切です。

簡単に大きな成果が得られるものではないと覚悟を決めて、今できることを続けていきましょう。成果を出せる人とはやめなかった人とほぼ同義なのですから。

2016年3月 1日 (火)

早大文学部日本史の特徴②

早大文学部日本史の特徴は、考古学分野と文化史の出題にあります。

今年の入試の大問6番から、文化史の出題例を示します。

7 下線部 d (さまざまな歴史上の英雄、政治家、軍人、学者らの銅像が設置された)に関して。図3の銅像の作者は代表作「墓守」で知られており、東京の谷中に彫塑塾を開いた。この人物は誰か。1つ選び、マーク解答用紙の該当する記号をマークしなさい。
ア 朝倉文夫  イ 荻原守衛  ウ 新海竹太郎  エ 辰野金吾  オ 平櫛田中

20080614093112

                          図3

問題文は長目ですが、代表作「墓守」だけでわかります。

文学部の場合、大問6番が文化史という傾向は一貫しています。なかでも美術史は頻出で、本年度と同様に図版が用いられることも多い。対策としては、用語集や図版集も併用しながら人物名や作品名を記述できるようにしておくことが挙げられます。文学部での高得点獲得には文化史の学習が欠かせません。

解答 ア

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »