« 化学反応式は原子の数合わせ | トップページ | 『さらば あぶない刑事』 »

2016年2月11日 (木)

五郎丸より対馬丸

「戦後70年」を意識してか、昨年、北海道大学の日本史の入試で、次のような問題が出題されました。

問 下線部(対馬丸)について、なぜ沖縄から九州への対馬丸に沖縄住民が多数乗船していたのか、その理由を30字以内で答えなさい。

対馬丸は教科書掲載頻度が極端に低いため、苦戦した受験生が多かったろうと推察されます。国立大学がこのような出題をするのは珍しい。国立、しかも旧帝大が「対馬丸」を取り上げた意味は大きいと言わざるを得ません。今後、国立、私立問わず、出題する大学が増えるのではないでしょうか。

(解答) 
沖縄戦を前に、沖縄から鹿児島へ非戦闘員を疎開させるため。

20130807_418099

« 化学反応式は原子の数合わせ | トップページ | 『さらば あぶない刑事』 »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五郎丸より対馬丸:

« 化学反応式は原子の数合わせ | トップページ | 『さらば あぶない刑事』 »