« 2015年歴検日本史1級を受けての感想 | トップページ | 最後の公中検模試 »

2015年12月 1日 (火)

水木しげるさん死去

漫画家の水木しげるさんが、11月30日朝、東京都内の病院で多臓器不全のため亡くなりました。93歳でした。

水木さんは大正11年に大阪で生まれ、鳥取県の境港市で育ちました。高等小学校を卒業後、新聞配達などをしながらデッサンの勉強を続けていましたが、昭和18年に徴兵されて南方戦線に従軍し、爆撃のため左腕を失いました。復員後、紙芝居の画家やアパート経営などをへて昭和32年に漫画家としてデビューしました。

長く赤貧時代が続きましたが、幼い頃お年寄りから聞いたお化けや妖怪の話からイメージをふくらませた『悪魔くん』や『ゲゲゲの鬼太郎』などの漫画が大ヒット。妖怪ブームを巻き起こしました。また、自身の戦争体験を元にした『総員玉砕せよ!』や、歴史上の人物を題材にした『劇画ヒットラー』では、戦争の愚かさや人の幸せとは何かを問いかけ、漫画界の第一人者として活躍しました。

水木さんのご冥福をお祈りいたします。

300x286_2 

« 2015年歴検日本史1級を受けての感想 | トップページ | 最後の公中検模試 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水木しげるさん死去:

« 2015年歴検日本史1級を受けての感想 | トップページ | 最後の公中検模試 »