« 東大初の推薦入試 | トップページ | 日本史論述を必要とする方に »

2015年11月 4日 (水)

「センス」という言葉を気軽に使ってはいけない

試験の点数が伸びないとすぐ「自分はセンスがないから」と言い出す人たちがいます。この手のセリフを聞くと、とても残念な気持ちになります。

「センス」という言葉を使ってよいのは、満点に近い点数を取っているものの、いつもあと一歩でそこに届いていない人や、学者を目指そうというレベルの人であって、そうでない人が気軽に使うべきではありません。

ほぼすべての人にあてはまると思いますが、試験の点数が伸びないのは、センスの問題ではなく、努力の方向性が間違っているか、努力が足りないかのどちらかです。

自分なりの効果的な勉強法が見つかっていないのなら、学校の先生なり塾の先生、あるいは成績優秀な友達に相談してみましょう。ネットで検索したり、勉強法に関する本を読んでみるのもよいかもしれません。努力が不足しているなら、勉強のペースを上げるなり勉強量を増やせばよいだけですから、やろうと思えばすぐ実行できるはずです。

基本的な単語も覚えていなければ、1冊の問題集すら完璧に仕上げていないような状態で、点数が上がらないのは当たり前です。勉強に限りませんが、楽をすれば楽をしたなりの成果しか得られないもの。安易に「センス」という言葉を使っていなかったか、これまでの自分のことを振り返るきっかけにしていただければ幸いです。

 

« 東大初の推薦入試 | トップページ | 日本史論述を必要とする方に »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「センス」という言葉を気軽に使ってはいけない:

« 東大初の推薦入試 | トップページ | 日本史論述を必要とする方に »