« 盛りだくさんの3日間 | トップページ | 歴検2級でみる大槻玄沢 »

2015年11月25日 (水)

歴検2級でみる自民党

自民党は今年で結党60年を迎えました。自民党に関して、2010年の歴検日本史2級では、以下のような問題が出題されました。

55年体制下の自由民主党について述べた次の文章を読み、あとの問いに答えなさい。

 1955年、財界の強い要望を背景に(    )と自由党が合流して、自由民主党が結成された。この保守合同により、保革対立のもとでの保守一党優位体制が40年近く続くことになった。いわゆる55年体制である。(略)

問1 空欄にあてはまる政党の名称を、漢字5字で記せ。

問2 下線部に関連して、この時の自由民主党初代総裁を首相とする内閣がおこなった政
  策について述べた文として誤っているものを、次の①~④のうちから一つ選べ。
 ① 再軍備を促進するために国防会議を発足させた。
 ② 憲法改正をとなえて憲法調査会を成立させた。
 ③ 「日米新時代」をとなえ、日米相互協力及び安全保障条約に調印した。
 ④ 「自主外交」をうたって日ソ共同宣言に調印し、国交を回復した。

問1 1955年、改憲を阻止するため、社会党が再統一。それに刺激されて、保守陣営の日
  本民主党と自由党とが合同。自由民主党が誕生した。
問2 自由民主党初代総裁は鳩山一郎。③は岸信介内閣の出来事。

解答 問1 日本民主党  問2 ③

« 盛りだくさんの3日間 | トップページ | 歴検2級でみる大槻玄沢 »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歴検2級でみる自民党:

« 盛りだくさんの3日間 | トップページ | 歴検2級でみる大槻玄沢 »