« うちの塾に見られる現象 | トップページ | 北の鉄人 »

2015年11月21日 (土)

憎らしいほど強かった

20日、直腸がんによる多臓器不全のため、日本相撲協会の北の湖理事長が死去しました。62歳でした。

北の湖は中学生力士として三保ケ関部屋から初土俵を踏み、驚異的なスピードで出世。21歳2カ月の史上最年少で74年名古屋場所後に横綱昇進を果たしました。  

大きな体、器用な取り口で抜群の安定感を誇り、破った相手に手を差し伸べることが少ないふてぶてしい態度もあり、「憎らしいほど強い」と評されました。

通算勝ち星は951勝で歴代4位、横綱として挙げた670勝、在位63場所は歴代1位。同時代には輪島らがいましたが、北の湖の実力は圧倒的で、優勝24回という当時歴代2位の記録を残しました。

北の湖理事長のご冥福をお祈りいたします。

Kitanoumi

« うちの塾に見られる現象 | トップページ | 北の鉄人 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憎らしいほど強かった:

« うちの塾に見られる現象 | トップページ | 北の鉄人 »