« 中学の英語の勉強で一番大事なこと | トップページ | 他者意識 »

2015年10月27日 (火)

今日から読書週間

消費税率引き上げに向けて、生活必需品への軽減税率導入が議論されています。

それに関連して、本への軽減税率の適用をぜひ検討していただきたい。

たしかに、「本が生活必需品か」と問われれば、大部分の人にとってはそうではないのかもしれません。何せ100万部で大ベストセラーということは、国民の約99%は、少なくとも新刊では本を買わないということなのですから。しかし、だからといって本の値段を高くすれば、ますます活字離れが進むのではないでしょうか。

新聞や雑誌も含めて、活字文化は単なる消費財ではなく「思索のための食料」という面があります。財源を確保しなければならない事情はわかりますが、政府には思い切った判断を望みます。

今日から読書習慣。皆さんにとって、本とはどのような存在ですか。

Kazuki

« 中学の英語の勉強で一番大事なこと | トップページ | 他者意識 »

学問・資格」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日から読書週間:

« 中学の英語の勉強で一番大事なこと | トップページ | 他者意識 »