« ポンペイ最後の日 | トップページ | 9月の学力テスト実施のお知らせ »

2015年8月25日 (火)

国語の読解問題の勉強について

国語の読解問題というのは勉強してもすぐに結果は出ません。語彙力やそれまでの読書経験など、総合力が必要となってくるからです。ですから、成績は徐々に上がるのではなく、それらがそろったとき、突然ポンと上がります。

よほど国語が得意でもない限り、ほとんどの人が点数アップまでには時間がかかります。なかには、半年以上かかる人もいることでしょう。それまで投げずに続けられるかが重要なのです。

国語の読解問題で最初にやった方がいいのは、しつこいくらいに解答の根拠をチェックすることです。正解したからそれでよしとしないこと。何となく解いているうちは成績は安定しません。特に初めのうちは、人に説明できるくらいになるまで何度も根拠を確認するようにしましょう。

読解力は入試を突破するのみならず、大人になっても役に立ちます。しばらくは地べたを這いずり回るような勉強が続きますが、そこから逃げないでください。

 

 

« ポンペイ最後の日 | トップページ | 9月の学力テスト実施のお知らせ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国語の読解問題の勉強について:

« ポンペイ最後の日 | トップページ | 9月の学力テスト実施のお知らせ »