« 記憶なくして創造なし | トップページ | 同時並行読書 »

2015年8月11日 (火)

文豪たちも愛した三ツ矢サイダー

相変わらず暑い日が続いていますね。一関学習塾では飲み物の持ち込みを許可しています。

生徒たちが持ってくる飲み物は様々ですが、今も昔も人気の炭酸飲料に三ツ矢サイダーがあります。

三ツ矢サイダーの起源は、明治時代に宮内省が、兵庫県多田村平野の平野鉱泉を用いて炭酸水の御料工場を建てたことに始まるという大変古いもの。その後、工場は三菱に払い下げられ、明治屋が権利を得て、1884年に「三ツ矢平野水」として販売されました。

平野水は夏目漱石の『行人』にも登場。また、宮沢賢治は教師時代、給料が出るたびに行きつけのそば屋で大好きな天ぷらそばと三ツ矢サイダーを注文していたそうです。ところで、天ぷらそばとサイダーって合うんでしょうかね?

Img_0

« 記憶なくして創造なし | トップページ | 同時並行読書 »

文化・芸術」カテゴリの記事

塾での日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文豪たちも愛した三ツ矢サイダー:

« 記憶なくして創造なし | トップページ | 同時並行読書 »