« 美人の条件 | トップページ | 勉強を教えることより大事なもの »

2015年8月24日 (月)

ポンペイ最後の日

西暦79年8月24日、イタリアのヴェスビアス火山が突然噴火し、麓のポンペイの市街が約8メートルの火山灰により埋没。18世紀に発掘されるまでの約1700年間、地中に埋もれることになりました。

Pompei5
ところで、2014年2月2日に実施された立命館大学全学部入試で次のような日本史の問題が出題されました。

次の文章を読み、問いに答えよ。

三ツ寺Ⅰ遺跡や法円坂遺跡は、古墳を築かせた有力者の居館や倉庫と考えられている。一方、当時の庶民が暮らした集落遺跡も数多く発掘されている。特に榛名山の火山灰で埋もれた(   )遺跡は「日本のポンペイ」とも呼ばれ、当時の農村の姿を鮮やかに甦らせた。(以下略)

(a) 下線部に関連して、三ツ寺Ⅰ遺跡と法円坂遺跡がそれぞれ所在する都道府県の組み
 合わせとして、正しいものを下から一つ選び、記号で答えよ。
 あ 三ツ寺Ⅰ遺跡―東京都、法円坂遺跡―奈良県
 い 三ツ寺Ⅰ遺跡―群馬県、法円坂遺跡―大阪府
 う   三ツ寺Ⅰ遺跡―奈良県、法円坂遺跡―京都府
 え 三ツ寺Ⅰ遺跡―愛知県、法円坂遺跡―和歌山県
(b) 空欄にあてはまる、もっとも適当な遺跡名を漢字3文字で答えよ。

どちらも立命館らしい難問。どちらかは正解したいところですが、厳しいかもしれません。

解答 (a) い  (b) 黒井峯

« 美人の条件 | トップページ | 勉強を教えることより大事なもの »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンペイ最後の日:

« 美人の条件 | トップページ | 勉強を教えることより大事なもの »