« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

体を使って

一関では、来月、中学・高校とも定期テストがあります。中・高生の皆さん、「一夜漬け」をしなくてすむよう、計画的に勉強しましょう。

受験のことを考えるなら、定期テストで出題されるような「お約束の基礎」はきっちり頭に入れておかねばなりません。それらを記憶する際には、手を動かして文字を書いたり、声に出したり、その声を耳で聞いたりと、色々な感覚を利用することをすすめます。その方が忘れにくいですから。教科書を読むだけとかマーカーチエックをするだけではなかなか頭に残りません。文字通り、体を使って身に付けることが大切です。

そういう意味では、エグスプロージョンの「踊る授業シリーズ」も使えるかもしれません。肉体派を自認する方は試してみては。ダンスも必修化されたことですし。

2015年8月30日 (日)

定期テストに向けて塾を開放します!

一関学習塾から中・高生の皆さんへお知らせです。

当塾では、テスト対策の一環として、9月6日、13日、20日、27日にかけ、毎週日曜午後2時から午後6時まで塾を開放いたします。時間内であれば、何時に来て何時に帰ってもかまいません。各学校のテスト日程に合わせて、質問タイムやワーク等の問題演習の時間としてご活用ください。参加は自由で、料金はかかりません。お友達との参加も歓迎いたします。

D3jlximdysa

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2015年8月29日 (土)

君も歴史の海に乗り出さないか

昨日、歴検ニュース及び歴史能力検定受験要綱が自宅に届きました。

150828_151629

私は今回も日本史1級を受験します。今年パスすれば通算5回目で日本史博士。

全国の歴検受験者の皆さん、準備を進め、お互い良い結果が出るよう頑張りましょう!

2015年8月28日 (金)

YDO

「やればできる」という非常に便利な言葉があります。しかし、この言葉を安易に使うべきではありません。言ってもよいのは、実際にやって一定の成果を上げたことがある人のみ。

口ばっかりで何もしない者を増やしても仕方がありません。彼らにとっても不幸です。彼らにかけるべき言葉は「やればできる」ではなく、「やらないのはできないのと同じ」です。

2015年8月27日 (木)

夏ももう終わりだなぁ

夜、生徒が帰った後の教室で聞く虫の声。夏ももう終わりだなぁ。

2015年8月26日 (水)

9月の学力テスト実施のお知らせ

一関学習塾から小学6年生の皆さんにお知らせです。

当塾では、9月20日(日)に、小6生対象の全国学力テスト(育伸社模試)を実施いたします。これまでの積み上げを堅固にし、既習内容の定着をはかる機会としてぜひご活用ください。教科は国、算、理、社の4つ。料金は2,500円です。

塾生や附属中志望者以外も受けられます。席には限りがございますので、受験を希望される方はお早めにご連絡ください。

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2015年8月25日 (火)

勉強を教えることより大事なもの

勉強を教えることも大事だが、それより大事なのは意識改革。

2015年8月24日 (月)

ポンペイ最後の日

西暦79年8月24日、イタリアのヴェスビアス火山が突然噴火し、麓のポンペイの市街が約8メートルの火山灰により埋没。18世紀に発掘されるまでの約1700年間、地中に埋もれることになりました。

Pompei5
ところで、2014年2月2日に実施された立命館大学全学部入試で次のような日本史の問題が出題されました。

次の文章を読み、問いに答えよ。

三ツ寺Ⅰ遺跡や法円坂遺跡は、古墳を築かせた有力者の居館や倉庫と考えられている。一方、当時の庶民が暮らした集落遺跡も数多く発掘されている。特に榛名山の火山灰で埋もれた(   )遺跡は「日本のポンペイ」とも呼ばれ、当時の農村の姿を鮮やかに甦らせた。(以下略)

(a) 下線部に関連して、三ツ寺Ⅰ遺跡と法円坂遺跡がそれぞれ所在する都道府県の組み
 合わせとして、正しいものを下から一つ選び、記号で答えよ。
 あ 三ツ寺Ⅰ遺跡―東京都、法円坂遺跡―奈良県
 い 三ツ寺Ⅰ遺跡―群馬県、法円坂遺跡―大阪府
 う   三ツ寺Ⅰ遺跡―奈良県、法円坂遺跡―京都府
 え 三ツ寺Ⅰ遺跡―愛知県、法円坂遺跡―和歌山県
(b) 空欄にあてはまる、もっとも適当な遺跡名を漢字3文字で答えよ。

どちらも立命館らしい難問。どちらかは正解したいところですが、厳しいかもしれません。

解答 (a) い  (b) 黒井峯

2015年8月23日 (日)

美人の条件

479pxladies_under_trees_screen4th_6美人を嫌いな人はいないでしょう。ところが、この美人というのが極めて曖昧な存在。時や場所によってその姿を大きく変えます。

たとえば『樹下美人図』。わざわざ「美人図」というくらいですから美人が描かれているはずですが、そこに美人は存在しません。元横綱・大乃国がいるだけです。喜多川歌麿の美人画もこれよりはましですが、下ぶくれの顔に細い目は、やはり美人とは言いがたい。かつての日本ではこのような女性が美しいとされていたのかと思うと、現代の我々は驚きを禁じえません。

また、現代でも、アフリカのような途上国では、太った女性が美しいとされています。アフリカ出身のタレントが口々にそう言っているのをテレビで見たことがある方もおありでしょう。

これらからわかることは、時代が変わり国がだんだん豊かになってくると、美人の条件は「よりスマートに、より小顔に」の方向に向かうらしいということ。つまり、国全体が貧しいときには、太っている人は「豊かさの象徴」となって人々の強い関心や憧れを集めるから美人だということになり、逆に、国全体が豊かになれば、太っている人は「自分の体重も管理できない人」ということになって、美人の対象から外されていくもののようなのです。

美人になるのも楽ではありませんね。

2015年8月22日 (土)

塾長が直接教える

授業だけが塾長の仕事ではありませんが、全教科かどうかは別として、個人塾では、塾長本人が指導に入るべきだと考えます。それが個人塾の強みの1つだと思うからです。

面談をした塾長本人が子どもに教える。シンプルでわかりやすい仕組みですし、当然、言葉にも責任が伴います。

大手塾では、どんな先生が教えるかわかりません。体験授業で教えてくれた先生はわかりやすかったのに、いざ入塾したら、担当の先生は別の人だったというのはよくあるケース。

組織力のある大手塾をさしおいて個人塾を選んでくれたのは、塾長が直接指導してくれるという期待が、多少なりとも含まれているからではないでしょうか。その期待を裏切ってはなりません。

偉そうなのを承知で申し上げますが、個人塾で塾長本人が教えないのは、「〇〇独演会」に〇〇が登場しないようなもの。あるいは、冠番組に当の本人が出演しないのも同然だと思います。

2015年8月21日 (金)

似て非なる二つの考え方

「どうしたら怒られなくて済むか」ではなく「どうしたら喜んでもらえるか」と考えましょう。その方がわくわくしますし、良い結果が得られるでしょう。

2015年8月20日 (木)

愚かなるかな、原音主義

ザビエル、シャヴィエル

ルーズベルト、ローズヴェルト

アテネ、アテナイ

…………………

外国人や外国の地名を、現地の発音通り日本の五十音で表記するなどもともと不可能で、どこまでいっても不完全に終わるだけです。正確を期すなら、外国語で記すほかありません。

なぜそんな微細な違いにこだわるのでしょうか。私にはわかりません。ちなみに、テストならどれを書いても正解です。もし特定の表記でなければ×にするという教師がいるとしたら(いないはずですが)、見識を疑います。

愚かなるかな、原音主義。

2015年8月19日 (水)

君たちの時代

受験生諸君、今しかないぞ君たちがやるのは。

2015年8月18日 (火)

岸信介とその時代

戦後70年というのも多少関連しているかもしれませんが、安倍内閣の安保関連法案反対の動きが各地で起こっていますね。一関でも反対デモが何度か行われました。賛成派、反対派に関わらず、節目の年に改めて戦争と平和について考えてみるのは大切なことだと思います。歴検でも10年前にそのような意図で出題された問題がありました。

岸信介について述べた次の文章を読み、あとの問いに答えよ。(2005年 日本史1級)

1957年2月、岸内閣が成立した。同内閣の最大の課題は、いうまでもなく片務的で不備な規定をもつ日米安全保障条約(旧安保条約)の改定である。この作業が安保闘争という空前の大衆的政治運動を生みだしていく過程を簡潔にまとめておこう。
まず岸内閣は、安保改定への布石として、日本の立場の強化をめざす東南アジア歴訪や将来の政治的混乱をにらんだ( ア  )改正などにとりくんだ。外交面では比較的順調であったが、内政面では(   )改正失敗に象徴されるように、社会からの反撃にしばしば直面した。この過程で、東条内閣閣僚・A級戦犯容疑者という岸のもつ負の印象が人々の記憶に呼びおこされていく。(以下略)

問1 下線部に関連して、サンフランシスコ平和条約・日米安全保障条約の締結(講和・独
  立)により在日米軍の性格はどのように変わったか、また、岸内閣が改定をめざした、
  日米安全保障条約のもつ「片務的で不備な規定」とは何か。合わせて80字以内で説明
  せよ。
問2 空欄(   )にあてはまる法律の名称を、漢字8字で記せ。

問1は歴検日本史1級で繰り返し出題されているテーマ。難関大でも出題の可能性大。問2も歴検日本史1級頻出。2013年にも同じく記述で出題されています。

(解答)
問1 在日米軍の性格は占領軍(進駐軍)から駐留軍に変わったが、日本を防衛する義務
  はなかった。また、期限も定められていなかったため、岸内閣は改定をめざした。
問2 警察官職務執行法

 

1960_2_3

2015年8月17日 (月)

中3生対象の学力テストを実施しました

一関学習塾では、昨日、中3生を対象に全国学力テスト(育伸社模試)を実施しました。受験した皆さん、お疲れ様でした。

最初の模試だったため、実際に受験してみて衝撃を受けた人もいたと思います。しかし、「早いうちに自分の弱点に気づけて良かった!」と前向きにとらえ、今後の取り組みに活かしていきましょう。まだ本番まで半年以上あります。これだけあれば十分立て直すことはできますよ。

塾でも模試の復習をやりますが全部はできません。配布した解答・解説冊子を活用して、個人的にも復習をしてください。できれば今日・明日中に。

2015年8月16日 (日)

バットを振らずに凄みを感じさせた男

夏の甲子園100年。これまで数々の強打者が大会を盛り上げてきました。

しかし、長い甲子園の歴史の中で、ただの一度もバットを振らずに凄みを感じさせたのは松井秀喜しかいないのではないでしょうか。

5打席連続敬遠。1992年の第74回全国高等学校野球選手権大会2回戦で、マンガのような出来事が現実に起こりました。

結果、松井選手の星稜は敗れ、明徳義塾が勝利。当時、この作戦に対して賛否両論が巻き起こりました。私は松井選手と同学年のため、特によく覚えています。

普通の高校生なら取り乱してもおかしくないほどの事件でしたが、試合後のマスコミ対応も含め、松井選手は大人でした。

のちに連続敬遠した明徳義塾のピッチャーと再会したときの彼の言葉がまた振るっています。

「僕を全国区にしてくれてありがとう」

私には、その後のプロでの活躍もその高い人間性によるところが大きかったように思えてなりません。

Photo_2

2015年8月15日 (土)

講和問題

今年は戦後70年。節目の年に改めて戦争と平和について考えてみるのもよいかもしれません。10年前にもそのような意図で出題された問題がありました。

次の史料を読み、下記の問いに答えよ。(2005年 早大―政経)

史料
 今や講和の確立及び占領の終結は、一切の日本国民の切迫した必要であり要求である。けれども講和が真実の意義を有し得るには、形式内容共に完全なものであることを要し、然らざる限り、仮令名目は講和であっても、実質は却って新たに戦争の危機を増大するものとなろう。この意味に於いて、講和は全面講和たるべきものである。

問 史料は、1950年に発表された、講和の形式をめぐる知識人のアピールの一部である。
 当時の政府が、実際に、どのように講和を実現したかを、120字以内にまとめ、記述解答
 用紙に記しなさい。その際に、例にしめされるように、内閣の名称を明記しなさい。
 〔〕 当時の○○内閣は、……

冷戦激化を背景に日本が単独講和を結んだことは必須ですが、それだけでは字数を満たしません。平和条約と同時に締結された安保条約もふまえ、吉田茂内閣が独立後の日本のあり方に関してどのような道を選択したのかについても記すべきでしょう。

(解答)
冷戦が激化する中、当時の吉田茂内閣は、全面講和ではなく、アメリカを中心とする西側諸国と単独講和を結んだ。また、サンフランシスコ平和条約と同時に日米安全保障条約も締結し、再軍備の負担を避けて経済発展を優先する道を選んだ。

1

2015年8月14日 (金)

かいしん

「かいしん」に相当する漢字はいっぱいあります。

「会心」とは、「心にかなうこと、期待通りいって満足すること」という意味です。ドラクエの「かいしんのいちげき」の「かいしん」がこれです。また、「納得すること、会得すること」という意味も持ち合わせているので覚えておきましょう。

「改心」とは、「悪い心を改めること」という意味です。今までの考え方を変えて、心を入れかえることを意味する言葉です。

「回心」とは、「神の道へ心を向けること」を意味します。社会生活で反省し心を改める「改心」とは異なり、神の世界や信仰の世界にまで目を向け、生き方そのものを見直して心を入れかえることを「回心」といいます。

「会心」はわかりやすいですが、「改心」と「回心」は意味が近いものがあるので、使う際には注意しましょう。

2015年8月13日 (木)

宿題について

宿題は必要です。

しかし、宿題が出なければ勉強しない生徒というのも情けない。一方、大量の宿題を出すことで親の批判をかわそうとする教師も情けない。

2015年8月12日 (水)

同時並行読書

読書に決まったやり方はありませんが、読書の習慣を身に付けたい人やたくさんの本を読む必要に迫られている人には「同時並行読書」をすすめます。

「1冊の本を読み終えてから次の本に移る」というスタイルだと、つまらない部分や難しい箇所に出くわしたとき、本を読むこと自体をやめてしまうということになりかねません。しかし、「同時並行読書」なら、そんなときは本を変えてしまえばよい。別の本なら読み進められるかもしれないからです。

また、同じ本を続けて読んでいると、どうしても飽きが来たり疲れたりするもの。しかし、本を変えれば気分新たに読み続けられるということもあるでしょう。限られた期間でたくさんの本を読むなら「同時並行読書」に限ります。

「それでは頭が混乱しそうだ」という不安のある人は、できるだけ異なるジャンルの本を選ぶようにするとよいでしょう。そうすれば興味は新鮮に保たれ、内容がごっちゃになることもないはず。

同時に複数の女性と付き合うのは非難を浴びたり、いろんな意味でそれこそ混乱を招きますが、読書ならそんな危険性はありません。これまで1冊ずつ読み終えることを旨としてきた人は、複数の本を同時に読み進めるというやり方をぜひ試してみてください。

2015年8月11日 (火)

文豪たちも愛した三ツ矢サイダー

相変わらず暑い日が続いていますね。一関学習塾では飲み物の持ち込みを許可しています。

生徒たちが持ってくる飲み物は様々ですが、今も昔も人気の炭酸飲料に三ツ矢サイダーがあります。

三ツ矢サイダーの起源は、明治時代に宮内省が、兵庫県多田村平野の平野鉱泉を用いて炭酸水の御料工場を建てたことに始まるという大変古いもの。その後、工場は三菱に払い下げられ、明治屋が権利を得て、1884年に「三ツ矢平野水」として販売されました。

平野水は夏目漱石の『行人』にも登場。また、宮沢賢治は教師時代、給料が出るたびに行きつけのそば屋で大好きな天ぷらそばと三ツ矢サイダーを注文していたそうです。ところで、天ぷらそばとサイダーって合うんでしょうかね?

Img_0

2015年8月10日 (月)

記憶なくして創造なし

「アイデアが出ない」と嘆いたことはありませんか。それはおそらくインプットの量が不足していることが原因です。

エジソンは記憶を大事にしていたそうです。自ら百科辞典の記述を暗記したり、入社試験に記憶問題を出題したり。

エジソンといえば、世界中の誰もが知る「発明王」です。世界で最も多くのアイデアを出した人物が記憶を重視した。なかなか示唆に富んだ話です。

エジソンの数々の発明は記憶が支えていた。まさに「記憶なくして創造なし」ですね。

Egison

2015年8月 9日 (日)

受験勉強は不毛??

受験勉強に悪いイメージを持っている人たちが少なからず存在します。曰く、「受験勉強は何の役にも立たない」「受験勉強は子どもの成長を阻害する」等々。彼らの言うことは本当に当たっているのでしょうか。

社会に出れば、当然のことながら、身内での言葉遣いや友達同士のルールは通用しません。自分が生きてきたのとは別の考え方なり体系を受け入れ、それに従って思考し、動くことが求められます。受験勉強はその最もよい訓練になります。

また、社会に出てからぶつかる問いには正解があるかどうかわからない。よく言われることです。しかし、歴史をみれば明らかなように、人間の選択には、やはり正しいものと間違ったものとがある。少なくとも、後悔する確率がより低い選択というのはあり得るように思います。だとするなら、事前に、必ず正解のある受験という世界で、思考、判断の練習を繰り返し積んでおくことは無駄でも何でもない。それどころか、大いにプラスに作用します。

自らも受験勉強を経験してきただろうに、不毛と言って批判する人たちはよほど残念な前半生を歩んできたにちがいありません。お気の毒に。

2015年8月 8日 (土)

「核」となる1冊を持とう!

何かを学び上達を目指す際、私たちはつい色々な本に手を広げがちです。量をこなすことはそれはそれで大切ですが、大きく飛躍しようと思ったら、自分にとって「核」となる1冊を持つことです。「核」となる1冊とは、何度も読み込み、完全に血肉化した本という意味です。

もちろん、1冊にじっくり取り組めばそれなりに時間もかかります。しかし、1冊を完全にものにできれば自信になりますし、その後の進歩も早くなります。まさに「急がば回れ」の世界です。

たとえば、中学社会の教科書に書かれている内容をきちんと理解する。それさえできれば、大学受験における日本史の論述問題の基礎は完成します。これは大げさではなく、普段、中・高生とも指導している私の実感です。

向上心のある皆さんは、だまされたと思って(だますつもりはありませんが)、ぜひ実行してみてください。

1247063711

2015年8月 7日 (金)

幸甚

できないことをできるようになりたいと望まない人。

少しでも気に入らないことがあるとすぐ投げ出してしまう人。

何でも誰かのせいにする人。

楽なことばかり求める人。

このような方々には、一関学習塾は支持されません。だからこそ幸運でもあるのですが。

2015年8月 6日 (木)

同じ文章を何回も読む

現代文の勉強法で効果的なのが同じ文章を何回も読むことです。

内容を知っているから意味がないと考える人もいるでしょうが、内容を知っていることとそれを文章から読み取れるかは全く別です。よって、すでに解いた文章を使って読み直した方が読み方の練習を集中して行えるため、次々と別の文を読むより成績を伸ばしやすいのです。

解き終わった文章があるなら、それをもう一度解き直し、自分で答えを出せる読み方ができるか確かめましょう。

解答のプロセスを自分でもう一度たどることと文章の読み直しを行うかどうかで、現代文の成績はかなり違ってくると思います。やりっぱなしはよくない。というか、もったいないです。特に評論は、小論文のネタになったり、他の評論を読む際の理解の助けになりますので、ぜひ実行してみてください。

2015年8月 5日 (水)

一関学習塾の夏期講習が終わりました

振替のある人を除いて、本日、一関学習塾の夏期講習が終了しました。

せっかく暑い中頑張ったのですから、講習でやったことを今後に活かせるよう、反復練習を怠らないようにしましょう。

ともかく無事に終えられたことに感謝いたします。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!!

2015年8月 4日 (火)

『水戸黄門』の誕生

1969年8月4日、テレビドラマ『水戸黄門』の放送が始まりました。

黄門様といえば、白髭と頭巾姿で諸国を行脚してお上の横暴から民百姓の味方をする、というイメージが確立しています。

しかし、よく知られていることですが、実際の徳川光圀はほぼ関東から出たことはなく、諸国行脚とはほど遠い。おそらく『大日本史』の編纂に必要な資料収集のために家臣を諸国に派遣したことや、隠居後に水戸藩領内を巡視した話などから諸国漫遊のイメージが作り上げられていったと思われます。

幕末から明治にかけて、水戸黄門の講談が生まれ、黄門物がもてはやされた背景には、実在の光圀が天皇を敬ったり楠木正成を忠臣として称えたこと、いわゆる水戸学が尊王論に多大な影響を及ぼしたことがあると考えられます。

ちなみに、「黄門」とは中納言の唐名のことです。参考までに。

Photo

2015年8月 3日 (月)

8月は鉄砲と花火の季節

1543年8月、ポルトガル人によって種子島に鉄砲が伝来しました。やがて、日本は鉄砲の国産化に成功。それは戦のあり方を根本から変え、戦国時代の終息を速めました。

ヨーロッパでは火器の普及以後ずっと戦争に明け暮れましたが、我が国は天下泰平の江戸時代を迎え、近代まで刀の時代に戻っていきました。

しかし、刀の時代に回帰した江戸時代の日本は、それによって技術の発展が止まったわけではありませんでした。たとえば、火薬の用途は弾薬から花火へと転じていったのです。

そう考えると、日本の夏の夜空を彩る花火は軍縮の象徴であるのかもしれません。

Nagaokahanabi2007_2

2015年8月 2日 (日)

「ほめて伸ばす」考

「ほめて伸ばす」という教育法があります。このやり方は、中程度にできる人をそれよりも上のレベルに引き上げるのには効果があるかもしれません。しかし残念ながら、できないことをできるようにするのには全く適していない。

全員をほめたいのはやまやまですが、できていないことはほめようがありません。もしほめたとしたら、それはかなり無理がある。無理があるということは嘘くさいということです。嘘くささの漂う指導者を信頼できますか?

あなたが「ほめられて伸びる」タイプだと自認しているなら、まずは当たり前のことを当たり前にできるように早くなることです。そうすればほめられる機会が増えるでしょう。でもそこまで行けば、ほめられたからやる、ほめられないからやらない、という段階ではもうなくなっているでしょうが。 

2015年8月 1日 (土)

パイナップル

今日8月1日はパインの日だそうです。

パイナップルは英語で「pineapple」と書きます。名前の由来は、見た目が松ぼっくりに似ていることと、リンゴのような味がすることから「pine=松」「apple=りんご」を合成して命名されたといわれています。

一方、英語の“apple”という語は、かつては「リンゴ以外をも含む果実一般」を指すものとしても用いられていたことから、松の果実(松ぼっくり)から名付けられたともいわれています。

どちらにしても、英米人の発想が垣間見えるようでおもしろいですね。

3992439263_0b844817d5

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »