« 川 | トップページ | 「ググる」習慣を! »

2015年7月 2日 (木)

認識すべきこと

特待生やスポーツ推薦で入学したけれど、運動部をやめ、学校まで中退してしまうケースは、我々が思っている以上に多いようです。

原因は、暴力やいじめ、周りのレベルの高さについていけない等様々ですが、共通しているのは、それまで本人も周囲も、スポーツができればそれで良しとしてきたため、普通に学校生活を送ろうとしても勉強についていけないということ。それで結局、自ら退学を選んでしまう。

退学後には厳しい道が待っています。普通高校への道は限られており、定時制や通信制の高校に入り直してもなかなか続かない。

スポーツ推薦を否定はしませんが、こうした現実があることを本人も周りもはっきりと認識し、勉強を含め、スポーツ以外のことでも、最低限基礎的なことくらいはできるようにしておくことがとても大切です。

これは学生ばかりでなく、プロスポーツ選手のセカンドキャリアについてもいえることではないでしょうか。それに、スポーツ以外のこともしないと技術的進歩にも限界があるでしょうし、人として尊敬されないと思います。

« 川 | トップページ | 「ググる」習慣を! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認識すべきこと:

« 川 | トップページ | 「ググる」習慣を! »