« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

Practice makes perfect.

英語に Practice  makes  perfect. ということわざがあり、日本語訳としては「習うより慣れよ」が定着しています。しかし、この訳では誤解を生みかねない。正直言ってあまりうまくない訳です。

「習うより慣れよ」というと、習うことを否定し、まるで独学を奨励しているかのように聞こえます。他に方法がないなら独学もやむなしですが、これほど非効率なものはありません。しかも、間違った考え方を大きく育ててしまいがち。極力避けるべきです。私がもし何か新しいことを始めるとしたら、迷わずその道の専門家に教わることを選びます。

このことわざは文字通り解釈するなら、「練習が完璧な状態をもたらす」という意味です。決して習うことを否定していない。というより、むしろそれを前提としています。「習ったうえで、それだけでは不十分だから完璧になるまで練習しろよ」と言っているのです。

「定着するまで反復練習しろ」ということなら、私は完全に同意します。こちらの意味で広まってほしかったなぁ。

2015年7月30日 (木)

アイデンティティ

アイデンティティ。評論などを読むとよく出てくる言葉です。辞書を引くと「自己同一性」とある。

しかし、それで「あぁ、なるほど!」となる人はまずいません。ふつうはなんのこっちゃわからない。

アイデンティティとは、要するに、自分を定義した場合の「自分は○○である」の「○○」に当たるもの、と考えればわかりやすい。

で、この「○○」が他の人たちとかぶりまくることをアイデンティティの喪失というのです。

アイデンティティ、喪失してませんか?

2015年7月29日 (水)

社会で全国トップの塾生が出ました

昨日、先日行った小6の全国学力テストの結果が届きました。

データを見て良い意味で驚いたのですが、社会で全国トップの塾生が出ました。高得点ではあったのですが満点ではなかったため、そこまでとは正直言って予想していませんでした。

大きな自信にしてよいと思います。これを励みに、さらにステップアップを目指していきましょう。おめでとうございます!!

1skeh161

2015年7月28日 (火)

平泉の仇を甲子園で討つ

全国各地で甲子園に出場する代表校が続々決まってきていますね。今年は夏の甲子園100年。本大会も大いに盛り上がりそうです。

ところで、毎年のように強豪校を輩出する神奈川県が夏の甲子園で唯一勝てていない県があるのですが、どこだかご存知ですか? それは岩手県です。

まさか「平泉の仇を甲子園で討つ」というわけではないでしょうが、不思議なものです。そういえば、無敵を誇った神奈川の明訓高校に唯一土をつけたのも、岩手の弁慶高校でしたね。もっとも、こちらはマンガの話ですが。

Wg9106

2015年7月27日 (月)

一関学習塾の夏期講習が始まりました!

外は暑いですが、頭はクールに。

今日から一関学習塾の夏期講習が始まりました。皆さん、一緒に頑張りましょう!

2015年7月26日 (日)

ピンチをチャンスに変えるメンタリティー

天気予報の常套句に「あいにくの雨」というのがあります。

たしかに雨が降れば通勤・通学が面倒になりますし、外出の予定も狂います。しかし一方で、水不足に悩む地域や花粉症に悩まされている人たちにとっては「恵みの雨」にちがいありません。

このように、同じ現象でも見方によってネガティブにもポジティブにもとらえることができる。だとするなら、ポジティブにとらえた方がよいでしょう。

人は不利な状況に置かれたり想定外の出来事に出くわすと、落ち込みもするし弱音を吐きたい気分にもなります。しかし、もしそういうときでも前向きに考えることができたら、立ち直りは加速するのではないでしょうか。反省は大事ですが、いつまでもマイナスイメージを引きずっていては良いことはないように思います。

2015年7月25日 (土)

センター試験利用入試について

センター試験利用入試とは、センター試験の結果が合否の判定に使われる入試制度のことです。現在、多くの私立大学がこの入試制度を採用しています。

学校によって、試験方式は「センター試験の結果だけで判定をする方式」と「センター試験の結果と大学独自の試験の結果の両方で判定をする方式」の2種類に分かれます。対象となる科目教科は3教科以下が一般的ですが、難関の私立大学の中には、4教科や5教科を対象にしているところもあります。

受験料を安く抑えることができる、たくさんの試験を受ける手間が省ける、同じ学校にチャレンジする機会を増やせるなどのメリットがありますが、センター試験利用入試の募集人員は一般入試よりも少ないことが多く、出願しやすいために、倍率が高くなる傾向があります。センター試験利用入試を受ける場合は、一般入試より合格ラインが高くなってしまうことを覚悟しておきましょう。したがって、一般入試の準備も並行して行っておくことが肝要です。

 

2015年7月24日 (金)

勝負はもう始まっている

高校入試も大学入試も、長文読解や記述問題の出来が合否を決めるといっても過言ではありません。だからといって、いきなりそれらに着手しても残念ながらうまく いくことはないでしょう。

勉強には「時期」と「段階」があります。そういう意味では、夏休みはこれまで の遅れを取り戻したり、1学期の復習を行う大事な時期。ここでしっかり基礎固めをしておくことが、その後の得点力に大きく影響します。

悔し涙ではなく嬉し涙を流すために、頑張る夏を過ごしてください。勝負はもう始まっています。

2015年7月23日 (木)

力を抜いて

力まずに力を抜いた方が良い結果を出せる。わかっていても難しいものです。意識していてもなかなかできることではありません。

はやる気持ちを抑えて肝心な場面でも力を抜くには、おそらく何千、何万という反復が必要なのでしょうね。

2015年7月22日 (水)

亡命

「命を亡くす」と書いて亡命。だけど、「死ぬ」という意味じゃない。厚切りジェイソンじゃないけれど、疑問に思ったことのある人がいるのではないでしょうか。

実は、亡命の「命」というのは戸籍のことです。戸籍の名前をつけることを命名と言いますよね。あれと同じです。ですから、亡命とは戸籍を失うこと。つまり、自分の国を捨てて別の国に住むことを意味するのです。

そもそも自由に外国に行ける国の人が亡命することはありません。行きたければ行けばよいからです。亡命者が出るというのは自由に外国に行けない国だからこそ。そう、お隣の国のように。

2015年7月21日 (火)

集中力について

集中力を身に付けるにはどうしたらよいか。何でもいいから好きなことを見つけて、それに打ち込むことです。そうすることで自然と集中力が養成されます。

好きなことなら、たぶん何時間でもやれてしまうでしょう。しかし、あまり好きではないこと(たとえば勉強)に取り組む場合は、時間を決めてその時間だけは集中するようにします。初めは10分とか20分でもかまいません。そこからスタートして30分、1時間と、集中できる時間を伸ばしていくようにするのです。

どんな分野であれ、継続的な努力によってのみ上達が可能となります。いくら素質に恵まれていても続けられなければ開花することはありません。まずは、継続的な努力の前提となる集中力を養いましょう。

2015年7月20日 (月)

年をとると記憶力が悪くなる??

年をとると記憶力が悪くなる。よくいわれることですが、はたしてそうでしょうか。

私自身のことをいえば、受験を経験した10代のときよりも今の方が確実に知識量で勝っている自信があります。もちろん職業柄、ずっと勉強を続けてきたからという要因は無視できないでしょう。しかし、私のような職業でなくても、加齢によって記憶力が低下するということはないのではないか、という思いがずっとありました。

実は最近では、ものが覚えられなくなるのは加齢によって記憶力が衰えるのではなく、感情が動きにくくなるからだと考えられています。言われてみれば、とても楽しかったことや悲しかったこと、腹が立ったことは忘れないものですよね。

子どもは感情表現が豊かです。同時に、新しいことを覚えるのも得意。ところが、年齢を重ねるとともに新鮮な感情が湧いてこなくなり、もの覚えも悪くなる。お年寄りが昨日のことは覚えていなくても、若いときのことはよく覚えているというのがその何よりの証拠かもしれません。

加齢は防げなくても感性を若く保つことはできるはずです。新しい知識に出合ったら、「それがどうした」ではなく、「へぇ、そうなんだ!」と素直に思える人が、いつまでも脳を若々しく保てるのではないでしょうか。

Neu_2

2015年7月19日 (日)

全国学力テスト(育伸社模試)を実施しました

一関学習塾では、本日、小6生を対象に全国学力テスト(育伸社模試)を実施しました。受験した皆さん、お疲れ様でした。

附属中志望者のみの受験となったためか、全体的に出来は良かったです。しかし、満点というわけではないので、最後に配布した解答・解説冊子を活用して、できれば今日・明日中に見直しをしておいてください。模試後の復習は一番力がつく瞬間でもあります。ぜひ実行してみてくださいね。

2015年7月18日 (土)

お笑い界から初の芥川賞

お笑いコンビピースの又吉直樹(35)が小説『火花』で、第153回芥川賞を受賞しました。

これまで芸能界からは、ミュージシャンの辻仁成が『海峡の光』(97年)、同じく町田康が『きれぎれ』(00年)で同賞を受賞していますが、お笑いタレントの受賞は初の快挙。

芥川賞の選考委員代表として会見を行った作家・山田詠美氏(56)は、又吉の作品が最初の投票から候補作の中で最も票を集めており「選考会の時に、彼がどういう職業かというのはほとんど出なかった」と語りました。

この受賞は芥川賞の大衆化、商業主義化という文脈で語られがちですが、そうではなく、実力での受賞なんだと思います。素直に彼の栄誉を讃えましょう。おめでとうございます!

11088740_777712908979803_2147932677

2015年7月17日 (金)

ブルーザー・ブロディ

今日7月17日は、プロレスラーのブルーザー・ブロディが亡くなった日です。死因は、レスラー仲間に刺されたことによる出血多量という衝撃的なものでした。

かつて新聞記者であったブロディは頭が良いはずですが、レスラーとしての自分の見せ方には、正直言って疑問が残りました。

新時代のレスラーを目指せばよいのに、旧世代のディック・ザ・ブルーザーから「ブルーザー」の名を継承したり、アンドレ・ザ・ジャイアントほどびっくりするような巨体というわけでもないのに、自身の「怪物」ぶりを誇示しようとしたり。

彼の本質は、目をむいたり舌を出したり、チェーンを振り回すことではなく、大型でありながら動ける正統派のレスリングにあったように思えてなりません。

ブロディは自身がトレーニングを欠かさなかったこともあって、体力や技術のないレスラー、ルックスだけのベビーフェイスを絶対に認めようとせず、技を受けることもほとんどありませんでした。そういう自分の流儀を貫き通したことが悲劇を生みました。まだ42歳でした。

Img_1_m

2015年7月16日 (木)

派閥

人が三人集まると必ず二対一に分かれる。派閥の始まり。

2015年7月15日 (水)

記録よりも勝利

西武ライオンズの秋山翔吾選手の連続安打記録が「31試合」でストップ。36年ぶりの大記録達成はなりませんでした。

ノーヒットで延長10回に打席が回ってきました。記録を考えれば安打を狙ってもよいケースでしたが、記録よりフォア・ザ・チームに徹しチャンスメーク。安打ではなく四球を選び、それが中村選手のサヨナラ弾を誘発。チームの連敗を4でストップさせました。

個人記録よりもチームの勝利を優先した秋山選手は立派だったと思います。試合後の表情が清々しさにあふれていたのが印象的でした。

G20131202007120950_view_2 

2015年7月14日 (火)

パリ祭

本日7月14日はパリ祭、フランス共和国の成立を祝う日です。

1789年同日、多くの政治犯が収容されていたバスチーユ牢獄がパリ市民によって襲撃され、この事件を皮切りにフランス革命の火ぶたが切られました。

今日のフランス国家「ラ・マルセイエーズ」は、国民議会の呼びかけで各地から集まった国民義勇軍がパリに向かって行進する際に歌った歌です。

この曲の歌詞を見ると、革命に血はつきものだということ、自由や平等は与えられるものではなく勝ち取るものなのだということをつくづく実感します。それにしても、ものすごい歌詞ですね。

2015年7月13日 (月)

本当の「楽しさ」とは

どうせ勉強するなら楽しく。その通りだと思います。

しかし何事もそうですが、上のレベルを目指すなら、「楽しい」だけでは済まないことの方が多いもの。

甲子園を目指す高校球児がワイワイガヤガヤ、キャッキャキャッキャ、野球をしているのを見たことがないでしょう。毎日の厳しい練習を乗り越えていくからこそ、彼らは甲子園に辿り着けるわけです。

もちろん厳しさばかりではいけませんが、厳しさや苦しさから逃げていては本物の実力、本物の強さは得られないというのもまた真実です。

それでも「楽しくやりたい」という方は、たゆまぬ反復練習や難問にチャレンジすることそのものの中に喜びを見出してください。それこそが本当の「楽しさ」だと、私は思います。

2015年7月12日 (日)

尊敬語と謙譲語の使い分け

敬語で難しいのは尊敬語と謙譲語の使い分けではないでしょうか。

尊敬語と謙譲語を正しく使い分けるには、省略されている場合も含めて(日本語は主語の省略が多い)その動作が、だれの動作か(主語が誰か)を考えます。

相手や目上の人、偉い人の動作の場合は尊敬語、自分や身内の動作の場合は謙譲語を使いましょう。

■尊敬語…話す相手や目上の人、偉い人を敬う言い方。

・「〜れる・〜られる」を使う。
[例] お客様が来る。 → お客様が来られる。

・「お(ご)〜になる」という言い方を使う。
[例] 先生が書く。 → 先生がお書きになる。

・特別な言い方を使う。
[例] 先生が家に来る。 → 先生が家にいらっしゃる。

■謙譲語…自分や身内のことを謙遜して言うことで、話す相手や話題になっている人を敬う言い方。

・「お(ご)〜する」という言い方を使う。
[例] お客様に会う。 → お客様にお会いする。

・特別な言い方を使う。
[例] 先生から本をもらう。 → 先生から本をいただく。

特別な言い方については少しずつ慣れていくしかありません。敬語は日常生活でも使いますから、間違えないようにしたいものですね。

2015年7月11日 (土)

古川学園高等学校の教頭先生が塾に見えられました

昨日午後3時頃、古川学園高等学校の教頭先生が、学校説明のため塾に見えられました。遠方からのお越し、お疲れ様でした。

古川学園の進学コースといえば、高い実績を誇り、近県はもちろん全国的にも知られた存在となっています。そのような学校から、しかも教頭先生自ら塾にいらしたことに本気度を感じました。古学はきっとこれからも伸びていくことでしょう。

残念ながら、一関市内の高校はどこもここまでの取り組みをしていません。生徒減を嘆く前に色々することがあるのではないでしょうか。

2015年7月10日 (金)

「自我」とは何か?

「自我」とは、デカルトの『方法序説』の中に出てくるあまりにも有名な言葉「我思う、ゆえに我あり」の「我」のことです。

デカルトは、学問というものは絶対確実なものから出発しなければならないと考えました。絶対確実なものを見出すためにデカルトがとった方法は、あらゆるものを疑ってかかるという方法でした。すなわち、あらゆるものを疑ってみて、それでも疑えないものこそ絶対確実なものだと考えたのです。

たとえば、目の前にあるリンゴも、もしかしたら夢の中で見ているものかもしれない。そうなると、リンゴの存在は確実ではなくなります。そうやってすべてを疑いつくしても、「その存在を疑っている自分」がいることだけは否定できません。この疑いつくした末に残る自分の意識こそ「自我」なのです。

なお、自我のみが実在し、その他すべてのものは自己の意識内容にすぎないとする立場を「独我論」といいます。

 

2015年7月 9日 (木)

少しの遅れはかなりの遅れ

自分への評価は常に甘いものになりがちです。ですから、「自分と同じ」もしくは「自分より少し上」と思う相手には、まず間違いなく負けています。

勉強にも同じことがいえます。自分で「やばいかな」と思ったときは相当まずい状況である場合がほとんど。「まだ大丈夫」と思えているうちに手を打ちましょう。じゃないと、後でものすごく苦労することになりますよ。

2015年7月 8日 (水)

全国学力テスト(育伸社模試)実施のお知らせ

Shiken_2一関学習塾から小学6年生の皆さんにお知らせです。

当塾では、7月19日(日)に、小6生対象の全国学力テスト(育伸社模試)を実施いたします。現在の自分の学力を知り、夏休みの学習計画を立てる際の参考にしてほしいと思います。教科は国、算、理、社の4つ。料金は2,500円です。

塾生や附属中志望者以外でも受けられます。席には限りがありますので、受験を希望される方はお早めにご連絡ください。

【連絡はこちらへ】
一関学習塾 0191-48-3897
        一関市大町7-7ニューよこや1F 

2015年7月 7日 (火)

産業革命遺産の登録決定

5日、日本が推薦した釜石市の「橋野鉄鉱山・高炉跡」を含む「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の世界文化遺産への登録が決まりました。

幕末から明治にかけ、重工業の近代化を成し遂げた日本の歩みを示す資産の歴史的価値が認められた形。

Hashinokouroato

産業革命遺産の登録を受けて、「日本近代製鉄業の父」といってもよい、岩手出身の大島高任(たかとう)の名がもっと知られるようになるかもしれません。日本史の用語集には記載されていませんが、私大のどこかが出題するかも。

2015年7月 6日 (月)

偏差値について

偏差値とは、あるテストを受験した集団の中で、平均点をとった人を「50」として、自分の位置を示してくれる数値のことです。小学生や中学生の頃に模試を受験し、偏差値を出された経験のある人が大半だろうと思います。

中学入試や高校入試は基本的に都道府県規模で行われるため、偏差値を算出する模試の集団の数は多くても数千人程度となります。ところが、大学入試の場合は、全国規模の競争になるため、偏差値を算出する集団の数は高校入試と比べるとぐっと増えます。大学入試に向けた模試の場合、実際の大学入試受験者の集団に近い人数、学力レベルであるほど、その模試の偏差値は信頼性が高くなります。受験した集団の人数・レベルが違うテストの偏差値を比較することにはあまり意味がないということになります。

偏差値の意味は以上の通りですが、これはあくまでそのときの実力の目安にすぎません。偏差値を気にしすぎることなく、計画的に淡々と受験勉強を進めていきましょう。それが最も大切なことです。

2015年7月 5日 (日)

今の時代、ホームページを持っている塾は多いけれど

今の時代、ホームページを持っている塾はたくさんあります。しかし、ホームページを見ただけでは費用がどのくらいかかるかわからない所が思いのほか多い。そのことに驚きます。

おそらく意図的なんでしょう。仮にそうでなかったとしても、私ならホームページに料金が示されていないだけで敬遠します。

良心的な塾を探す際の参考にしてください。

Illust2031

2015年7月 4日 (土)

伽藍配置の変遷

寺院の主要建造物の配置の仕方を伽藍配置といいますが、時代によって少しずつ変わってきています。

まずは名称と順番を覚えましょう。覚え方を紹介します。

あすなにしてんの? ほう東大大安売りか」

名称と順番を覚えたら、次は配置。初めは仏舎利(釈迦の骨)を納める塔が中心でしたが、次第に本尊を祀る金堂が中心となっていく様を押さえましょう。

名称と順番、配置ともに、早慶をはじめとする私立大学でよく出題されるので、ぜひ覚えておいてください。

Image

 

 

 

 

2015年7月 3日 (金)

「ググる」習慣を!

特に英語学習で、「知らない単語はいちいち調べなくていい。文脈の中で自然に理解できるから」といわれることがあります。たしかにそういう場合もあるのかもしれませんが、決して多くはありません。初心者ほど推測が働かないのだから、未知の単語はちゃんと調べて覚えるべきだと考えます。

あなたは一日に何回ググっているでしょうか。「ググる」というのは「Googleで検索する」という意味です。「自分で調べる」という行為ほど知識が定着するものはありません。「調べる」といっても、インターネットを使えばそれほど時間はかかりませんし、自分で調べれば印象にも残りやすい。

小さい子なら仕方ありませんが、そうでないなら、自分なりに調べたけれどもどうしてもわからなかったという場合のみ、人に聞くようにしましょう。それが礼儀ですし、結局、自分のためにもなるのです。

2015年7月 2日 (木)

認識すべきこと

特待生やスポーツ推薦で入学したけれど、運動部をやめ、学校まで中退してしまうケースは、我々が思っている以上に多いようです。

原因は、暴力やいじめ、周りのレベルの高さについていけない等様々ですが、共通しているのは、それまで本人も周囲も、スポーツができればそれで良しとしてきたため、普通に学校生活を送ろうとしても勉強についていけないということ。それで結局、自ら退学を選んでしまう。

退学後には厳しい道が待っています。普通高校への道は限られており、定時制や通信制の高校に入り直してもなかなか続かない。

スポーツ推薦を否定はしませんが、こうした現実があることを本人も周りもはっきりと認識し、勉強を含め、スポーツ以外のことでも、最低限基礎的なことくらいはできるようにしておくことがとても大切です。

これは学生ばかりでなく、プロスポーツ選手のセカンドキャリアについてもいえることではないでしょうか。それに、スポーツ以外のこともしないと技術的進歩にも限界があるでしょうし、人として尊敬されないと思います。

2015年7月 1日 (水)

一関一高の裏には河原があります。

高校時代、学校を抜け出して時間潰しをしたものです。

ぼんやり川を眺めていると、自分の気に病んでいることなど、実にちっぽけでくだらないことのように思えてくるのでした。

だから、内陸出身ということもありますが、今でも海よりも川を見ている方が落ち着きます。

03209ab2040126415_1 

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »