« 自己目的化について | トップページ | その日 »

2015年1月13日 (火)

無常

Yjimage_3「無常」とは、形あるものはいつか必ず壊れる、生き物はいつか必ず死ぬといったように、「一切のものは変化するという考え」のことです。

元々は仏教の教えでしたが、日本人の美意識にも取り入れられ、無常観は多くの和歌や物語を通して表現されてきました。『平家物語』や『方丈記』などはその代表格です。

世界では、永遠的なものを教える宗教が多いのに対して、仏教では、永遠の存在を否定し、万物の無常を教えます。この思想が四季の移り変わりへの情感などと重ねられ、無常観は日本独特の美意識を育むことになったのです。

なお、「無情」は、「思いやりや感情がない」ことを意味します。区別しましょう。

 

« 自己目的化について | トップページ | その日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無常:

« 自己目的化について | トップページ | その日 »