« その日 | トップページ | 読書と国語力について »

2015年1月15日 (木)

ひつじ年に

O0339050011020733457今年はひつじ年です。羊と村上春樹の関係は深い。氏の作品には、しばしば羊男と呼ばれるキャラクターが登場しますし、初期作品は『羊三部作』と呼ばれているくらいなのですから。

私は、村上作品の中では『中国行きのスロウ・ボート』という処女短編集が好きです。とりわけ『午後の最後の芝生』という作品が好きで、何度か読み返したほど。

いまや国民的作家となった村上春樹ですが、実は、ベストセラーを連発するようになってからの氏の作品は読んでいません。たとえ売れてはいても、それらの中に初期作品を越えるような傑作は見当たらない、という予感がするからです。

私は、性と死を主要テーマとする日本近代文学を否定した初期作品の、あの大胆な試みが好きでした。

« その日 | トップページ | 読書と国語力について »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひつじ年に:

« その日 | トップページ | 読書と国語力について »