« 熟語・会話表現の覚え方 | トップページ | 近代を知る »

2015年1月24日 (土)

一関学院一般入試

昨日、一関学院の一般入試が行われました。受験した皆さん、お疲れ様でした。

学院の入試から1問だけ取り上げてみたいと思います。

問 2009年から、国民が裁判に参加する裁判員制度が始まりました。これは司法制度改
  革の一環として導入された制度です。国民が裁判に参加することで、裁判にどのような
  効果があると期待されていますか。その効果を「国民」の語句を用いて、簡単に説明しな
  さい。

解答 国民の視点や感覚が裁判に反映されるようになる。

一関学院の一般入試は昨年から変わりました。白ゆりテストの教文社と提携して、公立高校入試に近い問題を出すようになったのです。

例にあげた社会の場合でいうと、地理、歴史、公民からそれぞれ1題ずつ記述問題を出すところなど、確かに似ています。これで融合問題も出してくれれば、さらに公立入試に近くなることでしょう。

公立高校を第1志望にしている皆さんは、公立の過去問だけでなく一関学院の問題もやってみることをおすすめします。よい練習になると思いますよ。

 

« 熟語・会話表現の覚え方 | トップページ | 近代を知る »

塾での日々」カテゴリの記事

一関関連」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一関学院一般入試:

« 熟語・会話表現の覚え方 | トップページ | 近代を知る »