« ハイブリッド | トップページ | 熟語・会話表現の覚え方 »

2015年1月22日 (木)

一関修紅一般入試

昨日、一関修紅の一般入試が行われました。受験した皆さん、お疲れ様でした。

修紅の入試から1問だけ取り上げてみたいと思います。

問 景気を左右する要素として、通貨(貨幣)の流通量が大きな要素となります。通貨の説
 明として適当なものを、次のア~エから一つ選び、その記号を書きなさい。

 ア 日本銀行の発行する紙幣や、財務省の発行する硬貨だけが通貨である。
 イ 日本銀行は、景気が悪くなったときは各銀行の資金量を減らし、逆に景気が過熱して
  いるときには反対のことを行い、通貨の量を調節する。
 ウ 紙幣や硬貨は通貨全体の1割以下にすぎない。大半は預金通貨である。
 エ 政府は市場での売買にまかせ、景気の調節を行うことはない。

社会(公民)の知識が乏しかったとしても、一見して、アかウのどちらかが答えだということがわかります。なぜならアとウが同時に成り立つことはあり得ないからです。あとは、通貨には、銀行預金や小切手のような預金通貨や、最近では電子マネーなども含まれるということさえ知っていれば、ウを正解として選べるはずです。

解答 ウ

私も麻生一関(現・一関修紅)を受けましたが、当時、例にあげたのと同じ社会の問題で、「スタグフレーション」が出たという記憶があります。それを考えれば、今は大分無理のない出題になったと思います。

 

« ハイブリッド | トップページ | 熟語・会話表現の覚え方 »

塾での日々」カテゴリの記事

一関関連」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一関修紅一般入試:

« ハイブリッド | トップページ | 熟語・会話表現の覚え方 »