« 無常 | トップページ | ひつじ年に »

2015年1月14日 (水)

その日

一関一高附属中学校の選抜検査の日が近づいてきています。少し早いですが、その日のことを想像してみてください。

校門のところで我が子を見送る。もうかける言葉はありません。無言でうなずくあなた。その瞬間を最後に、我が子はあなたに背を向け、もう振り返りません。ただ前だけを向いて歩み始めます。

塾に通う前はろくに勉強もしなかったあの子が自分から机に向かうようになった。難問にはすぐに音を上げていたあの子が嫌がることなくチャレンジするようになった。

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、会場に向かう子どもの背中が、塾に通い始めたときよりも大きく見えたなら、たとえ結果がどうであろうと、その時点で中学受験は成功なのだ。そう思います。

« 無常 | トップページ | ひつじ年に »

塾での日々」カテゴリの記事

一関関連」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その日:

« 無常 | トップページ | ひつじ年に »