« 世界を変えた青い光 | トップページ | 体調管理も受験勉強の一環 »

2014年10月 9日 (木)

近年の西武ライオンズについて

私は子どものころから西武ライオンズのファンです。しかし、近年のライオンズには何か違和感のようなものを感じています。

西武というチームは、「何だかわからないけど勢いで勝ってしまった」というようなチームではありませんでした。黒江ヘッドコーチの辞任以来、西武本来の、隙のない緻密な野球から遠ざかっていっているように思えてなりません。

また、強いチームほど、暗黙のルールがきっちりしているもの。首脳陣が口にせずとも、ズボンの裾を引きずるようなユニフォームの着こなしや、長髪や茶髪、ヒゲやピアスをしている選手など見当たらないのが普通です。プロ野球の選手には、少年野球をしている子どもたちの手本となる役割もあるのですから。

黄金期の西武が当然のように持っていた美点が失われてきたと感じるのは、私だけでしょうか。ライオンズが優勝からしばらく遠ざかっているのは、これらのことと無関係であるとは思えません。

単に強いだけでなく、他球団から目標とされていた、あの西武ライオンズの復活を望みます。

Seibulions1

« 世界を変えた青い光 | トップページ | 体調管理も受験勉強の一環 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近年の西武ライオンズについて:

« 世界を変えた青い光 | トップページ | 体調管理も受験勉強の一環 »