« 速読考 | トップページ | 近年の西武ライオンズについて »

2014年10月 8日 (水)

世界を変えた青い光

省エネで長寿命、環境にも優しいとされる青色発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)のノーベル物理学賞受賞が決まりました。  

日本人のノーベル賞受賞は、2012年の医学生理学賞の山中伸弥京都大教授以来2年ぶりの快挙。これで日本人のノーベル賞受賞者は22人、物理学賞受賞は10人となり、日本物理学の高い実力を示しました。

受賞者の皆様、本当におめでとうございます。

« 速読考 | トップページ | 近年の西武ライオンズについて »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を変えた青い光:

« 速読考 | トップページ | 近年の西武ライオンズについて »