« 歴史をつくる | トップページ | 北極と南極 »

2014年9月 6日 (土)

逃げないチャンピオン

5日、WBC世界フライ級のタイトルマッチが東京・代々木第二体育館で行われました。

挑戦者のローマン・ゴンサレスは39戦全勝。うち33KOの元世界2階級王者。八重樫東がこの強打者の挑戦をあえて受けた理由は単純でした。「強い人に勝ちたい」

思えば、一連の亀田騒動を含め、最近のボクシングには「潔くないこと」が多すぎる中で、最強の挑戦者を逃げずに指名し、打ち合いを演じた八重樫選手は素晴らしかったと思います。

残念ながら敗れてしまいましたが、久しぶりに気持ちのいいボクシングを見た思いでいっぱいです。八重樫選手、お疲れ様でした。

Box14090522520008m1

« 歴史をつくる | トップページ | 北極と南極 »

スポーツ」カテゴリの記事

岩手県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃げないチャンピオン:

« 歴史をつくる | トップページ | 北極と南極 »