« 隙間時間活用の一例 | トップページ | 記憶の干渉作用 »

2014年9月18日 (木)

Kathleen と Ione

一関の人々にとって、昭和22年から23年にかけて甚大な被害をもたらしたカスリン台風とアイオン台風は語り草となっています。小学校の授業で教わった記憶まであり、今でも市内のあちこちで、当時の水位を示すプレートを見ることができます。

日本の気象庁は台風に番号をつけて呼んでいますが、当時はアメリカ軍を主とする連合国軍の占領下にあったため、台風の名前についてもアメリカ合衆国にならって、A、B、C順に女性の名前がつけられていました。

カスリンとアイオン。女性同様(?)、恐ろしい台風でした。

« 隙間時間活用の一例 | トップページ | 記憶の干渉作用 »

一関関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kathleen と Ione:

« 隙間時間活用の一例 | トップページ | 記憶の干渉作用 »