« 中国大返し | トップページ | 自己流の限界 »

2014年7月15日 (火)

10番の復権

ブラジルW杯は、ドイツの優勝で幕を閉じました。

今回のW杯では、守備のしっかりしたチームがベスト4に残りました。その一方で、「新しい潮流」を予感させる大会でもありました。それは10番の復権です。背番号10はチームの顔であり、サッカーの華。チャンスメイクからフィニッシュまで請け負うエースにこそふさわしい背番号です。しかし、現代サッカーでは、この10番の存在感が薄れていたことも事実でした。

ところが、今大会では、メッシやハメス・ロドリゲス、ケガをする前のネイマールなど、南米勢を中心に、背番号10が輝きを見せました。やはり、10番不在の、相手の弱点をつくだけのサッカーはつまらない。サッカーというのは、攻撃的で美しくあるべきです。

この「新しい潮流」が、世界のスタンダードに返り咲くことを私は望んでいます。

« 中国大返し | トップページ | 自己流の限界 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10番の復権:

« 中国大返し | トップページ | 自己流の限界 »