« 学年のカベ | トップページ | キツネがぼくらに教えてくれたこと »

2014年6月28日 (土)

サラエボ事件から100年

1914年6月28日、セルビア人青年プリンチップは、オーストリア皇太子フランツ・フェルディナントとその妻ゾフィーを殺害。これをきっかけに第一次世界大戦が勃発しました。世にいうサラエボ事件です。

ところで、事件の舞台となったバルカン半島と、『ウルトラマン』に登場するバルタン星人は似ています。名前が似ているだけでなく、バルタン星人が自分たちの星を失い、地球を住処にしようとしたところも、オーストリアやロシアといった大国に翻弄され続けてきたスラブ人の歴史をみるよう。オーストリア皇太子の妻の名が、ウルトラマンの兄と同名なのも偶然ではないのかもしれません。

E0157252_23234215

« 学年のカベ | トップページ | キツネがぼくらに教えてくれたこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サラエボ事件から100年:

« 学年のカベ | トップページ | キツネがぼくらに教えてくれたこと »