« 裏山に咲く花 | トップページ | 目標は高い方がよい »

2014年5月16日 (金)

憲法の解釈

安倍晋三首相によれば、解釈は勝手に変えてもいいものらしい。

「『必要最小限の実力』に集団的自衛権も含まれる」というのは、どう考えても無理があります。もし集団的自衛権の行使を容認したいのなら、正々堂々と憲法を改正すべき。憲法改正が難しそうそうだからといって、「解釈自体を変えてしまおう」というのは、あまりにも乱暴です。

安倍首相は歴史に名を残したいのかもしれませんが、国のあり方を根底から変えるようなことが「拙速」であっていいはずがありません。

20140516k0000m010025000p_size5

« 裏山に咲く花 | トップページ | 目標は高い方がよい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 憲法の解釈:

« 裏山に咲く花 | トップページ | 目標は高い方がよい »