« 言語は思考であり感情だ | トップページ | 消しゴムの減り具合 »

2014年5月 9日 (金)

二者択一ではない

サッカーの世界でしばしば、「強化すべきは個の力か、それとも組織の力か」といったことが議論されます。この問題は二者択一ではなく、両方とも大事だ、というのが私の結論です。

個の力は組織の中で活きてこそ価値があり、組織の力は組織の中で機能する個の力によって引き出される。組織と個は「どちらか」ではなく、互いに支え合う形でサッカーを形成しなければなりません。

これと似たようなことが勉強にもいえます。「重視すべきは暗記か、理解か」という問いです。

理解できれば暗記の負担を大幅に軽減できる。と同時に、断片的ではあっても知識を身に付けていたからこそ、ある日、それらがふとしたきっかけでつながって体系的な理解を得られる。どちらも真実です。

「暗記か、理解か」の二者択一ではありません。勉強にはどちらも欠くことができないのです。

« 言語は思考であり感情だ | トップページ | 消しゴムの減り具合 »

スポーツ」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二者択一ではない:

« 言語は思考であり感情だ | トップページ | 消しゴムの減り具合 »