« その日まで待てるか | トップページ | 多読が生きる条件 »

2014年4月30日 (水)

「制度」について

「制度」の辞書的意味は、

1 社会における人間の行動や関係を規制するために確立されているきまり

2 国家・団体などを統治・運営するために定められたきまり

です。

しかし、評論で登場する「制度」は、「人間が暗黙のうちに従っているもの(暗黙の了解)」という意味で使われることが多いです。

「暗黙のうちにしたがっている」ということは、「根拠もなく縛られている」という考えにもつながります。したがって、評論の中では、「制度」という語は否定的な意味合いで使われることが多い。

受験生諸君は、辞書的な意味よりも評論の中でどう使われるかを知っておいた方が役に立つでしょう。知らなかった人はぜひ覚えておいてください。

« その日まで待てるか | トップページ | 多読が生きる条件 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「制度」について:

« その日まで待てるか | トップページ | 多読が生きる条件 »