« 本 | トップページ | 自信が過信になってはいけない »

2014年4月27日 (日)

哲学の日

今日4月27日は、ソクラテスが亡くなった日ということで、哲学の日と定められています。

私より少し上の世代に、「現代のソクラテス」とでも呼ぶべきロックシンガーがいました。尾崎豊です。

たとえ優等生であっても、一度くらいは、教師や大人に対して理不尽なものを感じたことがあるのではないでしょうか。そんな思春期の、中・高生の気持ちを代弁していたのが尾崎でした。

学校の先生は「校則を守りなさい」「規則正しい生活をしなさい」といったことを語ります。一方、尾崎は「生きるとは」「自由とは」といったことを語りました。

多くの若者達が教師よりも尾崎豊を支持したように、アテネの青年達もソフィストよりもソクラテスを信じ、愛しました。しかし、ソクラテスは若者に悪影響を及ぼしたとして死刑判決を言い渡され、自ら毒を飲んで死んでしまいます。尾崎もまた悲劇的な最期を遂げたのでした。

尾崎豊はソクラテス。二人の亡くなった日がほとんど同じなのも、私には偶然のようには思えないのです。

« 本 | トップページ | 自信が過信になってはいけない »

学問・資格」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 哲学の日:

« 本 | トップページ | 自信が過信になってはいけない »