« 明日からセンター試験 | トップページ | センター日本史に手塚漫画 »

2014年1月18日 (土)

一関一高附属中学校入学者選抜検査

今日は、一関一高附属中学校入学者選抜検査の日でした。受検した皆さん、お疲れ様でした。あとは良い結果が出ることを信じて待ちましょう。

これから附属中を受けようと考えている市内の小学生及び保護者の皆さん、適性検査を軽く考えてはいけません。失礼ながら、小学生が受ける試験だからと、少し頑張れば受かるくらいに考えている方が多いように感じます。

学校の授業では物足りなく感じているという方でもない限り、現在の学力にもよりますが、準備に2年くらいは必要というのが嘘偽らざるところです。少なくとも、小6も半ばになってから受検を思い立って、それで受かるようなところではないことだけは確かです。

過去問を見ればすぐわかることですが、適性検査の問題と学校のテストは、レベルも内容も全くといっていいほど異なります。ですから、適性検査を意識して準備を進めてきた人ほど有利なのはいうまでもありません。

もちろん小学生の皆が附属中を目指すわけではありませんし、その必要もありません。しかし、本気で入学を希望されるなら早めにスタートを切ることをお薦めします。

« 明日からセンター試験 | トップページ | センター日本史に手塚漫画 »

塾での日々」カテゴリの記事

一関関連」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一関一高附属中学校入学者選抜検査:

« 明日からセンター試験 | トップページ | センター日本史に手塚漫画 »