« 欲というのは使いよう | トップページ | 第58回有馬記念 »

2013年12月22日 (日)

クラブワールドカップ決勝

96958a9c93819499e0e0e2e2e18de0e0e3e21日、サッカーのクラブワールドカップ決勝がモロッコのマラケシュで行われ、ヨーロッパ王者のバイエルン・ミュンヘンが開催国代表のラジャ・カサブランカを2対0で下し、初優勝を果たしました。

地元サポーターの後押しを受け勢いに乗っていたラジャ・カサブランカでしたが、やはりバイエルンの牙城は崩せませんでした。バイエルンはさすがの強さだったと思います。

これで欧州勢は過去7大会で6回目の優勝。サッカーにおける世界とはヨーロッパのことなのでしょうか。スーパースターをそろえたヨーロッパのチームが魅力的なのは認めますが、優勝が特定の地域に偏るのはちょっと残念な気がします。

« 欲というのは使いよう | トップページ | 第58回有馬記念 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラブワールドカップ決勝:

« 欲というのは使いよう | トップページ | 第58回有馬記念 »