« マイナースポーツ、女子スポーツの悲しさ | トップページ | 子どもに本を読ませるには? »

2013年9月 3日 (火)

ドラえもんの誕生

2112年9月3日、マツシバロボット工場で、子守用ネコ型ロボットの1つとしてドラえもんが誕生しました。

ドラえもんの目は顔の中央より上にあります。マンガでは、目の位置が上にいくほど年齢が高いということを意味します。つまり、ドラえもんは子どもではなく大人なのです。そのフォルムは全体に丸みを帯びていて、やや太め。要するに、おばさん体型です。

私はドラえもんから、京塚昌子的日本の昔のお母さんを連想します。少しおっちょこちょいなところもあるけれど、しっかり者の愛すべき母さん。だからこそ、その説教も聞けるのでしょう。

三日ぼうずはいちばんわるい。

苦しみをのりこえてこそ勝利の喜びがあるんだよ。

なやんでるひまに、一つでもやりなよ。

126254429542816307537_2010picdora_2

« マイナースポーツ、女子スポーツの悲しさ | トップページ | 子どもに本を読ませるには? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもんの誕生:

« マイナースポーツ、女子スポーツの悲しさ | トップページ | 子どもに本を読ませるには? »