« 小さな名横綱 | トップページ | トキワ荘の兄貴 »

2013年9月23日 (月)

計算ミスを減らすには

計算ミスを100%なくす。これは不可能です。私たちは人間であって、機械ではないのですから。ですが、計算ミスを減らすことならできます。

計算練習をたくさん行う、見直しをする、途中式をきちんと書く等、まずは当たり前のことをちゃんと実践してください。これだけでもかなり改善されるはずです。しかし、何よりも重要なことが他にあります。それは、やらなくてもいい計算をしないこと。計算ミスを減らすにはこれに尽きます。

たとえば、1から50までの和を求めるのに、頭から足していくのではなく、1+49、2+48のように、足して50になる組み合わせをつくっていって、最後に25と50を加えて求めたり、1+50、2+49のように、足して51になる組み合わせが25あることから、51×25で求めたりすることです。

あるいは、a=2、b=-3のとき、3(3a-b)+2(2a+2b)の値を求めるのに、いきなり代入するのではなく、与えられた式を整理し簡単な形に直してから代入することです。

どちらも力技で解こうと思えばできなくはないですが、それだと時間がかかるばかりか、計算量が増えるため、ミスをする危険性まで高まってしまいます。

やらなくてもいい計算をしない。工夫をし、美しさを追求することが、速く解くと同時に、計算ミスのリスクを少なくするコツです。

« 小さな名横綱 | トップページ | トキワ荘の兄貴 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 計算ミスを減らすには:

« 小さな名横綱 | トップページ | トキワ荘の兄貴 »