« インプットとアウトプット | トップページ | 「全体から部分へ」という発想 »

2013年9月26日 (木)

型は地味でつまらないもののように思えるかもしれませんが、そこにはその分野のエッセンスが凝縮されています。

型を無視すべきではありません。型を無視したものはオリジナリティーではなく、独りよがりです。

型を徹底して身に付けた人がはじめて型破りになれるのです。

« インプットとアウトプット | トップページ | 「全体から部分へ」という発想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« インプットとアウトプット | トップページ | 「全体から部分へ」という発想 »