« もともとポルトガル語 | トップページ | マイナースポーツ、女子スポーツの悲しさ »

2013年9月 1日 (日)

防災の日に

Torahiko_5今日9月1日は防災の日。今年は関東大震災から90年の節目の年に当たります。「防災」という言葉の生みの親といわれる物理学者の寺田寅彦は自らも大震災を経験し、地震に関する多くの言葉を残しました。彼の言葉とされる「天災は忘れた頃にやってくる」はあまりにも有名です。

私は、本当に優れた理系は文章表現も巧みである、ということを寅彦から学びました。伝える言葉を使うのではなく、伝わる言葉を使うことのすごさと素晴らしさを寅彦から学びました。その言葉は当時の人々だけではなく、東日本大震災を経験した現代の私たちの胸にも十分響きます。

« もともとポルトガル語 | トップページ | マイナースポーツ、女子スポーツの悲しさ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災の日に:

« もともとポルトガル語 | トップページ | マイナースポーツ、女子スポーツの悲しさ »