« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

もともとポルトガル語

現在、リオデジャネイロで柔道の世界選手権が開催されています。日本人選手の活躍が連日伝えられていますよね。次のオリンピックも同じリオデジャネイロで行われます。ここしばらくはブラジルに注目が集まりそうですね。オリンピックはもとより、来年にはサッカーのワールドカップまで開かれるわけですから。

ところで、ブラジルの公用語はポルトガル語ですが、すでに日本語化した外来語の中には、ポルトガル語起源のものが結構あります。普段全く意識していないため、指摘されると、ちょっとした驚きを感じてしまうものもあります。その辺りを突いてきたのが、次の問題です。

問 「ビロード」は、もともとポルトガル語であった言葉が日本語化したものである。その当
 時(安土桃山時代)、日本にもたらされ、日本語のなかにも入った外来語でもともとポルト
 ガル語でないものを一つ選びなさい。(2004年 上智―法)
 a ボタン  b  パン  c ジュバン  d  カルタ  e  カボチャ  f  ジャガイモ

ジャガイモは「ジャガタラ芋」の略。ジャガタラとはインドネシアの首都ジャカルタのこと。16世紀末頃、オランダ商船によりジャカルタから渡来したためこの名があります。したがって、もともとポルトガル語でないものは、f のジャガイモです。

16世紀半ば以降、ポルトガルの宣教師が日本に到来しました。西洋の思想と技術とともに彼らの言語も伝えられ、様々なポルトガル語が外来語としてもたらされることになったのです。

こういう問題を見ると、「上智というのはカトリック系の大学だな」ということを改めて実感します。

2013年8月30日 (金)

井上陽水の歌詞

今日8月30日は、シンガーソングライターの井上陽水さんの誕生日です。

井上陽水は、自身の作詞について、「サビの部分に自分の言いたいことを書き、残りの部分は意味のないことを適当に書く」と語ったことがあります。言われてみれば、「カブト虫こわれた」とか「雪の白アリはわからんム」など、よくわからない歌詞が多いですよね。でも、詩というのは、基本的に「ラララ」「ルルル」の世界なのですから、これでいいんだと思います。よくわからない歌詞の方が「ひっかかり」がありますし。

また、氏は、言葉の響きをとても大切にしているように思います。『少年時代』の中の「風あざみ」という言葉。いかにもありそうですが、氏の造語なのだそうです。

2013年8月29日 (木)

「いい問題」とは? ~その2~

問 下記の銅を素材とする製品のうち、弥生時代から古墳時代にかけての日本には存在
  しなかったものはどれか。1つ選んで該当記号をマークしなさい。(早大―法)
  (あ)朝鮮式小銅鐸  (い)鈴鏡  (う)三角縁神獣鏡  (え)梵鐘  (お)平形銅剣

この問題を見て、「早稲田はこんなことまで覚えなきゃいけないのか!」と思った人は考え方を変えた方がよいでしょう。(え)の梵鐘とは、字を見てわかる通り、鐘(釣鐘)のことです。釣鐘といえばお寺ですよね。ところで、日本で寺院が建立されるようになったのは、飛鳥寺や法隆寺に代表されるように、最初の仏教文化が花開いた飛鳥時代です。中学の歴史で習いましたよね。したがって、弥生時代から古墳時代にかけての日本に存在しなかった銅製品は(え)です。

この問題はパッと見すごく難しそうに見えて、その実、正しいアプローチをしかけすれば、簡単に答えを出すことができます。予備校などの評価によれば難問の部類に含まれるのかもしれませんが、私からすればよくできた「いい問題」だというのが正直な感想です。

あなたは、弥生時代から古墳時代にかけて日本に存在しなかった(あるいは存在した)銅製品をすべて暗記したいですか? もちろん私は暗記を否定しているわけではありません。暗記を否定したら、あらゆる学問は成り立たなくなります。しかし、すべてを暗記で処理しようとするのは、どう考えても無理があります。すべてを覚えるのは不可能であるということを前提にして、どう問題解決を図っていくか。それこそが人間の知恵の見せ所であり、一関学習塾の根本的な考え方の1つでもあるのです。

解答 (え)

 

 

 

2013年8月28日 (水)

「いい問題」とは? ~その1~

問 次の文には、文法または語法上の誤りが1ヵ所ある。それを訂正せよ。(東大)

One way to deal with the problems were to be suggested by the committee.

動詞に注目します。主語は何でしょうか。 the problems でしょうか。たしかに主語になれるのは名詞だけです。しかし、 the problems の前には前置詞がいます。前置詞つきの名詞は主語にはなれませんよね。主語はOne way です。これが単数なのは明らかですから、動詞は were ではなくwasでなければなりません。

文意は「その問題を解決するための方法の1つが委員会によって提案されることになっていた」ですが、意味がわからなくても、英文を読むときの当たり前の手順を踏んでいけば、答えは自ずと出るわけです。

「いい問題」の定義は人によって様々ですが、正しいアプローチをすれば、一見難しそうでも正解を導くことができる問題が「いい問題」だ、というのが私の考えです。

見当違いの努力はゴールを遠ざけます。せっかく勉強するなら、正しい方針で臨み、正しい方向を向いた努力をしたいものですね。

解答 were → was

 

2013年8月27日 (火)

草野球からプロ野球のエースへ

G20130826006490480_view_224日、プロ野球の東映(現・日本ハム)で投手として活躍し、ヤクルトなどで監督を務めた土橋正幸さんが都内の病院でお亡くなりになりました。77歳でした。

土橋さんは、都立日本橋高校を卒業後、実家の魚屋を手伝う傍ら、浅草「フランス座」の軟式野球チームに所属。作家の井上ひさし氏ともバッテリーを組んでいたという異色の経歴の持ち主です。たまたま東映フライヤーズの入団テストを受けたところ合格。入団4年目に21勝し、以後、1964年まで7年連続で2ケタ勝利(20勝以上5度)を挙げました。

「江戸っ子投法」と呼ばれる、余計な駆け引きをしないテンポのいい投球スタイルで当時のパリーグを牽引した土橋投手は、1958年に9者連続奪三振、1961年には56イニング連続無四球を記録しました。

これだけの成績を残しながら、不思議とタイトルには無縁でしたが、いわゆる草野球のピッチャーがプロ野球のエースとなったケースはこれまでありませんでしたし、これからもないのではないでしょうか。故人のご冥福をお祈りいたします。

2013年8月26日 (月)

日本史はある意味漢字力! ~その2~

2013年同志社大学商・心理・神・グローバル地域文化学部日本史からの抜粋。

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

奴国王や邪馬台国女王は朝鮮半島にあった中国の植民地を介して中国に朝貢し、皇帝の権威を背景に国内統治の強力な後ろだてとした。それはとりもなおさず、中国を中心とした東アジアの支配秩序である冊封体制に組みこまれることを意味した。

設問 下線部の読みを平仮名で記せ。

2011年早稲田大学法学部日本史からの抜粋。

問 平安時代以降、人びとは中国の宇宙観・哲学観である陰陽五行説の影響を受けて成
 立した陰陽道に影響され、具注暦に依拠して、また季節・日や土地・方角の吉凶を気にし
 て生活した。とくに貴族は、陰陽師の指示に従って方違や物忌を行った。
  上の文の陰陽師の読み仮名(平仮名)を、記述解答用紙に記入しなさい。

このように、大学によっては漢字の読みを問うてくるところもあります。繰り返しになりますが、日本史は、最終的には漢字力が勝負。ぜひ、読み・書きともに漢字に強くなってください。

解答 順に、さくほう、おんみょうじ
 

2013年8月25日 (日)

日本史はある意味漢字力! ~その1~

NHKの大河ドラマ『八重の桜』も明治時代に入り、いよいよ新島じょうが登場するようになりましたね。

突然ですが、皆さんは、新島じょうの「じょう」を正しく漢字で書けますか? 尊王じょう夷の「じょう」は? 高峰じょう吉の「じょう」はどうですか? これらの字はすべて異なります。

私は、以前、「歴史の流れ」に関する記事を書いたことがありました。日本史を学ぶ際には、「歴史の流れ」(=言い換え・具体化、逆接・対比、因果関係、並立・累加、5W1H)を意識することがとても大切です。しかし、いくらこれらがしっかり押さえられていても、漢字が書けなければ仕方がありません。

日本史は、最終的には漢字力で勝負が決まります。国立、私立を問わず、記述問題、論述問題を課す大学を受けられる方は漢字力を高めておきましょう。

解答 新島「襄」、尊王「攘」夷、高峰「譲」

2013年8月24日 (土)

ある程度以上勉強してきた人が陥りがちな罠

ある程度以上勉強してきた人が陥りがちな罠があります。それは、自分のよく知っていることに頼って問題を解こうとすることです。

もちろん、ほとんどの場合、自分のよく知っていることに頼って問題を解いても何ら支障はありません。しかし、時にはそれが目を曇らせ、判断を誤らせてしまうことがあるのです。

問 この時期(弥生時代)には水稲耕作以外にも多くの文化の流入があったが、特に金属
 器の流入はそれまでの日本人の生活に大きな影響を与えた。この金属器のうち、刃に直
 角に柄をつけた武器で、細形や広形のものがある青銅器は何と呼ばれるか。下から選
 んで、その番号をマークしなさい。(2013年 青山学院―経営)
 ①銅戈  ②銅剣  ③銅矛  ④銅鏃

ある程度以上勉強してきた人なら、「細形や広形のものがある青銅器」という部分から、北九州の細形銅剣や瀬戸内の平形銅剣を想起するはずです。そして②を選んでしまう。けれど、残念ながら②は正解ではありません。問題文に「刃に直角に柄をつけた武器」だとはっきり書いてあるのですから、正解は①です。

Img_7右の図も参照してほしいのですが、剣は両側に刃があり柄を持って使用する武器、矛は長い柄に刺して使う槍のような武器、戈は鎌のような形状の武器です。だから、いくら「細形や広形のものがある青銅器」と書いてあろうと、①が正解なのです。しかし、たいていの人にとっては、細形銅剣や平形銅剣の方が自分にとってなじみ深いため、つい最大の決め手となる「刃に直角に柄をつけた武器」という記述を見落として、②に飛びついてしまうのです。

自戒を込めて言うのですが、このように、人は物事を見ているようで見ていないことが多いものです。気をつけたいですね。

解答 ①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年8月23日 (金)

藤圭子

A115a51aa5cc5acd8b2c8cc4a71f9e36_2岩手県一関市に生まれ、北海道旭川市で育った、歌手の藤圭子さんが亡くなりました。

私は藤さんが一番活躍している時期を知らず、どちらかといえば、宇多田ヒカルの母親といった方がピンとくる世代ですが、彼女の歌は聴いたことがあります。その独特なハスキーボイスと抜群の歌唱力が印象に残りました。これらの美質は、娘の宇多田ヒカルさんにも受け継がれているように思います。

私は、藤圭子の歌を聴くと、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を思い出します。日本の美は、翳りの中でこそ花開く。そう感じざるを得ません。

藤さんのご冥福をお祈りいたします。

2013年8月22日 (木)

4000本安打

21日、ヤンキースのイチロー選手が日米通算4000本安打を達成しました。4000本安打達成者は、メジャーリーグ約140年の歴史の中で、ピート・ローズ(4256本)とタイ・カッブ(4191本)の2名のみ。考えてみれば、4000本安打とは、年間200安打を20年続けるペースなのですから、どれだけすごい記録か、わかろうというものです。

イチローはかつて日本の野球少年たちに向けて、こう語りました。

夢をつかむことというのは、一気にはできません。ちいさなことをつみかさねることで、いつの日か、信じられないような力を出せるようになっていきます。

結果を出した男の言葉だけに説得力がありますね。

 

 

2013年8月21日 (水)

花巻東敗れる

889de86fs_2夏の甲子園準決勝、花巻東(岩手)は残念ながら敗れてしまいました。

0対0で迎えた6回、延岡学園(宮崎)が2点を先制すると、先発の横瀬が花巻東打線を完封。初の決勝進出を決めました。

ずば抜けたスーパースターがいないなか、ここまでよく勝ち進んでくれたと思います。日大山形も前橋育英(群馬)に敗れ、決勝進出はなりませんでしたが、今大会、東北勢の力を十分見せられたのではないでしょうか。

東北勢同士の決勝。いつか実現することを信じます。

 

 

2013年8月20日 (火)

変な真面目さやこだわりは捨てましょう

スポーツでも音楽でも、上手な人やプロの姿をよく見て、「ああなりたい」と思いながら技術を取り入れると上達が早まることを、皆さんもご存じでしょう。広い意味で、「学ぶ」とはそういうことなのです。

特に数学にあてはまりますが、どの教科であっても、5分程度考えてわからないときはさっさと解答・解説を参照するようにしましょう。その方が早いですし、見られる問題の数も増えます。結果、得点も上がります。

もしかしたら、「まねはよくない」とか「何でも自力でやるべきだ」と考えている人もいるかもしれません。

ただ、冷静に考えてほしいのですが、テストは美術展ではありません。解答に「独創性」だとか「美しさ」は求められていないのです。それらにこだわるのはもっと後でかまいません。

申し分ない成績で余裕があるなら別ですが、そうでないのなら、変な真面目さやこだわりは捨て、解答・解説を見ましょう。その代わり、復習をしっかり行って自分のものにできれば、それでよいのです。

2013年8月19日 (月)

定期テストはできるのに、模試になると点が取れない人へ

定期テストはできるのに、模試になると点が取れない。ありがちなことです。

定期テストだけでなく、模試でも点数を取れるようにするためにはどうしたらよいでしょうか。

授業で学んだことをしっかり暗記する。このことさえできれば、定期テストの点数を上げていくことは可能です。範囲も比較的狭いため、しっかり準備さえすれば、定期テストで高得点を取ることはそれほど難しいことではありません。

一方、模試では、授業内容を覚えているだけでは不十分です。模試で点数を取るためには、それにとどまらず、応用できるぐらい深く理解しながら勉強をしていく必要があります。範囲も広いため、付け焼刃的な勉強では何ともなりません。

入試を意識した勉強をどれだけしてきたかが重要なのです。そのためには、まず入試の過去問を研究して、どのようなことが問われているか、どのような力を身に付ける必要があるかを知らなければなりません。もちろん、その上で、普段の取り組みを変えていかなければならないでしょうし、腰を据えた、ある程度長期間の勉強も必要になってくるでしょう。

過去問研究をする時間がないだとか、自分を律して、長期的、計画的な勉強をしていく自信がないという人は塾の力を借りるというのも一つの手です。そのような場合は、ぜひ一関学習塾にお問い合わせください。

2013年8月18日 (日)

夏休み最終日

一関市内の学校は今日までが夏休み。明日からはまた学校が始まります。

受験生の皆さん、受験勉強は予定通り進められましたか? 

予定通りあるいはそれを上回ることができた人は素晴らしい。明日からもその調子でやるべきことを淡々と進めていってください。

どんな予定を立てたかにもよりますが、思惑通りいかなかった人。こちらの方が多いと思います。夏休みですべてが決まるわけではないのですから切り替えて。受験日から逆算し、それまでにやるべきことをペースを上げて1つ1つこなしていってください。あくまで第一志望校合格を目標に最後まで走りきってほしいと思います。志望校を下げるのはいつでもできるのですから。

1・2年生の皆さん、受験勉強は3年生になってからスタートする必要は全くありません。いつ始めてもよいのです。特に難関校を目指すという方には早めのスタートをお薦めします。すでに始めている人たちもいるのですよ。

2013年8月17日 (土)

「朝三暮四」と「朝令暮改」

「朝三暮四」と「朝令暮改」とは、何となく字が似ているためか、意味を勘違いするケースが多いようです。鳩山由紀夫氏も総理時代に間違えたくらいですから。

「朝三暮四」とは、「目の前の違いに心を奪われ、結果が同じになることに気がつかない愚かな様子」あるいは「うまい言葉で人をだますこと」という意味で使われます。

飼い主が、猿に毎日木の実をやっている。経済的に苦しくなってきたので、与える木の実を減らすことになり、猿たちに説明する。「今日から与える木の実を、朝に三つ、夕方に四つにする。」猿たちは怒る。「じゃあ、朝に四つ、夕方に三つやろう。」すると、もらえる数は変わりないのに猿たちは大喜びした。

漢文で習った人も多いと思いますが、こんなエピソードからできた四字熟語です。

なお、「朝令暮改」とは、「命令や方針が次々に変わり一定しないこと」という意味です。「朝(あした)に令(れい)し、暮(くれ)に改(あらた)む」と訓読すればわかりやすいかと思います。区別しましょう。

2013年8月16日 (金)

時事問題

近年の国内、国外における大きなニュースに関する問題を時事問題といいます。公立高校ではまず出題されませんが、国立・私立高校ではよく出題されます。新しい話題すぎて教科書に載っていないことも出題されることがあるため、差がつきやすい問題だということができます。

実例をいくつかあげます。

1 日本はアメリカとの条約によって、日本の領土が攻撃されたときにはアメリカと共同で
 防衛にあたることになっている。このように、複数の国が共同で防衛措置をとる権利を何
 というか、漢字6字で答えなさい。(宮城学院)

2 司法に関する説明として誤っているものを、次の①~④のうちから1つ選びなさい。(東
 京学芸大附属)
 ① 日本で2009年から始まった刑事裁判における裁判員制度では、裁判員は有罪か無
  罪かの判定のみを行い、量刑の判断は裁判官が行う。
 ② 強制的な取り調べと虚偽の自白によって刑事事件でえん罪が起こるのを防ぐため
 
  に、取り調べの場面を録画したり監督する試みが始まっている。
 ③ 憲法では、すべて司法権は最高裁判所と下級裁判所に属するとして、特別裁判所を
  設けることを禁じている。
 ④ 裁判所は、国会の定めた法律や行政機関の行う命令・行政処分などが、憲法に違
  反していないかどうかを判断する違憲立法審査権を有している。

3 「働く貧困層」のことを一般には何といいますか。カタカナで答えなさい。(洛南)

解答  1 集団的自衛権  2 ①(量刑の判断も行う)  3 ワーキングプア

どうでしたか? 難しかったですか? 国立・私立高校で時事問題が出題されるといっても、大量に出題されるわけではありません。それ以外の問題をきっちり正解できれば合格点には十分達するわけです。ですから、無視するのも1つの手です。しかし、少しでも合格の可能性を高めたいというのなら、対策を立てた方がよいでしょう。

対策といっても、特別なことが必要なわけではありません。ニュースに接することを日常化すればよいだけです。新聞やテレビのニュースが難しすぎる場合は、『池上彰の学べるニュース』や、年末の報道番組(今年を振り返る系の)などを参考にするとよいでしょう。ちなみに、入試だけに関していうなら、11月には入試問題の作成は終わっていますので、12月以降の話題は気にしなくてもかまいません。
 
 
 
 
 

2013年8月15日 (木)

戦争について

私は「戦争を知らない子供たち」の子供たちの世代です。ですから、戦争についてあれこれ語る資格はないかもしれません。しかし、戦争について考えることは、今を知るためにもとても大切なことだと思います。

私たちはもっと歴史を学ぶべきです。歴史を学んでいると、戦争とはどういうものなのか、おぼろげながらもつかめてきます。

1 政治が従来通りのやり方ではもうこれ以上先へは進めないと判断したとき、途上に横
 たわる障害を一掃するために戦争が起こる。

2 戦争には、本来、正しいも正しくないもないのだが、勝った方が正しくなる。

3 始めるのは簡単だが、終わらせるのは非常に困難。

2013年8月14日 (水)

オープンキャンパスについて

オープンキャンパスに参加することで、その大学のことを詳しく知ったり、大学生活を具体的にイメージすることができます。それによって、受験に対するモチベーションを高めることもできるでしょう

また、ほとんどの大学がオープンキャンパスで入試説明会を実施しています。推薦入試と一般入試くらいしかなかったかつての大学受験とは異なり、現在の私立大の入試方式は多様化・複雑化が進んでいるため、各方式の特徴がわかりにくくなっています。

入試説明会では専門のスタッフが、各入試方式のメリットや最新の入試変更点をわかりやすく解説しています。第1志望大が決まっている場合、入試方式をよく知ることで「得意科目をいかした入試方式を利用する」「複数学部を一度の試験で併願する」など、現役合格の可能性を高める作戦を立てることができます。

高校生の皆さん、ぜひ一度オープンキャンパスに行ってみてください。

2013年8月13日 (火)

四万十市41.0度

日本一といえばたいてい喜ばしいことですが、日本最高気温となるとありがたくありません。

12日、高知県四万十市で、観測史上最高の41.0度が記録されました。1933年以来、ずっと日本最高気温は山形市の40.8度でした。理科で習うフェーン現象と日本最高気温の話はセットでした。それが崩れたのが2007年。埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市が40.9度を記録したときは驚きましたが、それからたった6年でまた記録更新となったわけです。

暑い日々が続いています。四万十市に比べれば楽ですが、一関市も暑いです。皆さん、熱中症等に十分気をつけましょう!

2013年8月12日 (月)

見直す前提で解くのをやめよう

定期テストなら別ですが、基本的にテストで見直す時間はとれないと考えておくべきです。入試ならなおさらです。そのくらいのつもりで慎重に、集中して取り組まなければならない。

何が言いたいかというと、見直すことを前提にして解くのをやめようということです。見直さないとミスを防げないような計算力ではいけませんし、焦って問題を読み飛ばすようなことがあってはいけません。

速く解くことにこだわって時間を余らせようとするくらいなら、落ち着いて時間3分前くらいに終わる方がずっといい。時間内に解けるスピードさえあれば、正確性の方が肝心なのは言うまでもないことなのですから。

余った時間で見直せるのは、記号や漢字を書き誤っていないか、単位を書き忘れていないか、みたいな形式面のミスがないかのチェックくらい。時間配分を失敗しないためにあえて飛ばした問題を再度考える時間がとれたらラッキー。そう思っておいた方がよいでしょう。

 

 

2013年8月11日 (日)

われ太平洋の架け橋とならん

0001157nitobe岩手出身の農学者で教育家の新渡戸稲造は、五千円札の肖像にもなった人物です。にもかかわらず、「何をした人?」状態。下手をすると、岩手の人でさえそうなのです。

新渡戸稲造は、世界的ベストセラーとなった『武士道』を著し、日本文化を欧米に紹介しました。1901年には、台湾総督府技師に就任。台湾製糖業の基礎を築きました。その後、京大教授、東大教授、東京女子大学初代学長などを歴任。1920~26年、国際連盟事務局次長として、ヨーロッパの国境紛争の防止や和解に活躍しました。

稲造は札幌農学校に学びました。二期生であるため、クラーク博士に直接教わったわけではありません。しかし、「青年よ、大志を抱け!」という博士の精神は、最も色濃く稲造に受け継がれたのでした。

2013年8月10日 (土)

臥薪嘗胆

中国春秋時代、呉王夫差(ふさ)が、父の仇である越王勾践(こうせん)を討つために薪の上に寝て復讐心をかきたて、長い艱難の末にこれを破った。一方、会稽山で夫差に敗れた勾践は、苦い胆を寝所に掛けておき、寝起きのたびにこれをなめてその恥を忘れまいとし、のちに夫差を滅ぼした。「臥薪」「嘗胆」ともに越王勾践の故事とする説もある。

これが「臥薪嘗胆」の由来で、「復讐または目的達成のために苦難に耐える」という意味の故事成語です。

反骨心や敵愾心というものは志を立て、努力をするきっかけになりえます。しかし、えてして時間とともに最初の気持ちを忘れてしまいがちで、それだけ努力を継続するというのは難しい。

志を立て、偉大なことを成し遂げるのも人間ですが、志を貫き通せない弱さを持つのも人間です。ですから、薪の上に寝たり、胆をなめる必要はありませんが、日々自分を励まし、決意を新たにしていくということが、ある意味、志を立てる以上に大切な心がまえだと思います。

 

 

2013年8月 9日 (金)

夏期講習終了

一関学習塾の夏期講習が、無事終了しました。生徒の皆さん、ご父兄の皆さんに心より感謝申し上げます。今後とも、何卒よろしくお願いいたします。

2013年8月 8日 (木)

子どもが質問してきたら

子どもは親に色々きいてくると思います。そんなとき、うっとおしがったり、無視したりしてはいけません。

なかには答えられない質問もあるかと思います。また、答えがわかっている場合でもすぐ答えを与えるのではなく、「どう思う?」「なんだと思う?」ってきいてあげてください。そうやって、子ども自身に考えさせることがとても重要です。正解が出なくてもいいんです。「考える」という行為が重要なのです。

大げさに言えば、コミュニケーションの取り方によって、子どもは賢くもなれば愚鈍にもなります。忙しいかとは思いますが、親御さんはぜひ意識していただきたいと思います。</p

2013年8月 7日 (水)

のび太の迷言と名言

今日8月7日は、『ドラえもん』の主人公・野比のび太の誕生日です。

のび太には迷言がたくさんあります。そのいくつかを紹介しましょう。

道具にたよらずにすむ道具はないかしら。

今もってる自転車はきらいだ! 乗れないから。

わかった! そのぬすんだやつが犯人だ。

思わず笑ってしまったり、あきれてしまったりしますが、時折、のび太はいいことも言うのです。

自信を持て! ぼくは世界一だと!

ほんとのファンなら、落ち目の時こそおうえんしなくちゃ。

いちばんいけないのは、じぶんなんかだめだと思いこむことだよ。

Photo

2013年8月 6日 (火)

広島平和記念日

今日は68回目の広島平和記念日です。被爆者の高齢化を受け、若い世代による「伝承」の動きが始まっています。原爆の記憶は語り継いでいくべきもの。その記憶は風化させてはいけません。

近いところでは、震災による原発事故で、福島の方々が放射能の恐怖にさらされましたよね。一関に住む私たちにとっても決して他人事ではありません。

2013年8月 5日 (月)

三毛作と応永の外寇

「三毛作」という経済のテーマと「応永の外寇」という外交上の事件をつなぐのが、宋希璟(そうきけい)とその著作『老松堂日本行録』(ろうしょうどうにほんこうろく)です。

1419年、朝鮮軍が対馬を倭寇の根拠地とみなし襲撃しました。これが応永の外寇です。事件の翌年、その外交処理のため、朝鮮から宋希璟が来日しました。この宋希璟の日本での見聞をまとめた紀行文が『老松堂日本行録』です。その中に、近畿地方で三毛作が行われていたことがわかる記述がみられるのです。

問 次の文の(  )に入れるのに最も適当な語句を答えなさい。(2013年 関西大―文・
  経済・社会・政策創造<改>)

  『老松堂日本行録』は「耕地一年三たび穀を刈る」と述べ、近畿地方の農家が三毛作
を行っていたことを紹介している。その著者である宋希璟は、(  )の翌年、その外交処
理のために来日した朝鮮の文官である。

答えはもちろん「応永の外寇」です。実際の入試では語群が与えられていたため、正解者はかなりたくさんいたと思われます。

難関私大を目指す方は、宋希璟とその著作『老松堂日本行録』をブリッジにして、「三毛作」と「応永の外寇」をつないでおくとよいでしょう。

2013年8月 4日 (日)

文法からのアプローチ

「英語の問題を解くこと=意味を考えること」という拭いがたい思い込みがあります。

もちろん意味を考えることが悪いわけではありません。しかし、意味だけ考えていても解けない問題、あるいは、解けたとしても必要以上に時間を食ってしまう問題があるというのも事実なのです。

たとえば、次の問題を考えてみてください。

問 次の英文の(  )にあてはまるものを1つ選びなさい。

We  (  )  the  matter.

ア referred  イ talked    ウ mentioned  エ discussed  about 

この問題は、意味だけ考えていたら永久に解くことはできません。何しろ選択肢の単語はすべて「話した」という意味なのですから。

日本語の意味を考えるだけではなく、英語のルール(英文法)からもアプローチすべきです。そうすると、たとえ意味がわからなくても短時間で処理できる問題が結構あることに気がつきます。この問題も文法からアプローチすれば簡単に答えが出ます。

まず、アとイはともに自動詞なので目的語(名詞)をとることができません。名詞を続けるなら前置詞が必要です。逆に、エは自動詞と間違えやすいのですが他動詞です。ですから前置詞はいりません。したがって、残ったウが正解です。

英語の勉強を頑張っているのに試験になると点が取れない人や、試験でいつも時間が足りなくなるという人は、文法から問題にアプローチするという視点も持つようにするとよいでしょう。

2013年8月 3日 (土)

結果がほしかったら

結果がほしかったら結果を気にしないことです。難しいことですが、慌てずにできることを一つひとつ積み重ねていく。それしかありません。結局、それが一番早いのです。

2013年8月 2日 (金)

そうならないように!!!!

トリッキーな方法はごく限られた場面でしか通用しません。

夏のうちに言っておきますが、ミラクル的な方法や楽する方法を探し始めたら、その瞬間、あなたの負けです。覚えておいてください。

2013年8月 1日 (木)

学問は科学である

学問というのは科学のことであり、自然科学、人文科学、社会科学の3つに大別されます。

自然科学は自然に属する諸対象を扱う学問で、物理学、化学、生物学、天文学、地質学などに分類されます。また、工学、農学、医学などの技術や応用に重点を置く学問も自然科学に含まれます。

人文科学は哲学、文学、歴史などに関する学問のことです。

社会科学は社会現象を対象として研究する学問の総称で、政治学、経済学、法学、社会学などを含みます。

科学は "science″ の訳語で、元々は、体系化された知識を意味していましたが、17世紀頃から自然科学の意味が主となっていきました。仮説を立て、推論し、実験的に検証していくのが自然科学の研究法ですが、この方法によって自然科学は大きく進歩、発展したのです。

自然科学は客観性や実証性を重視します。この手法は人文科学や社会科学にも積極的に取り入れられています。

 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »