« ちょっと政治的 | トップページ | おしんも巻き込まれた米騒動 »

2013年7月22日 (月)

平賀源内

一関は雨模様でそんな気がしませんが、今日は土用の丑の日です。

土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の直前約18日間を指します。そのうち、十二支が丑に当たる日を土用の丑の日と呼ぶわけです。ですから、厳密には年4回あるわけですが、一般には、夏のそれを指して、土用の丑の日と呼びます。

暑い時期を乗り切る栄養をつけるために鰻を食べるという習慣は、平賀源内の発案によるものとされています。商売がうまくいかない鰻屋を盛り立てるため、「本日、土用の丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めたところ、その鰻屋は大繁盛し、他の鰻屋もそれをまねるようになったため、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したというのです。

平賀源内は、いわば日本初のコピーライターです。しかし、源内の顔はそれだけではありませんでした。寒暖計やエレキテルの発明をしたかと思えば、西洋画も描く。福内鬼外(ふくちきがい)の名で浄瑠璃作家としても活躍しました。

天才とは狭い世界の住人である場合がほとんどです。源内ほど広い範囲にわたって、それぞれの分野で才能を発揮した人物は珍しいのではないでしょうか。

2009030707

« ちょっと政治的 | トップページ | おしんも巻き込まれた米騒動 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平賀源内:

« ちょっと政治的 | トップページ | おしんも巻き込まれた米騒動 »